新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.9.3

ロボット・IoTデバイスの販売を支援するクラウドファンディングサイト「東京技術商店」とは!?

ロボット・IoTデバイスの販売を支援するクラウドファンディングサイト「東京技術商店」とは!?

ロボットスタート株式会社(本社:東京都目黒区、以下ロボットスタート)は、ロボット・IoTデバイスなど先進的なテクノロジー製品の販売を支援するクラウドファンディングサイト「東京技術商店」を、8月3日よりオープンしました。一体どのようなサイトなのでしょうか。早速見てみましょう。

ロボットスタートとは?

そもそも運営元であるロボットスタートとは、どのような会社なのでしょうか。

ロボットスタートは、2014年12月にロボットアプリケーション領域の専門会社として創業。将来的に普及が見込まれる家庭用・オフィス用・店舗用のコミュニケーションロボットおよび音声アシスタントに関する業務にフォーカスし、ソフトウェア開発事業・メディア事業・マーケティング事業・コンサルティング事業を通じて、コミュニケーションロボットと音声アシスタントの普及を目指しています。

ロボットやIoTデバイスは、近年注目度が高い一方、一般ユーザーたちから「どこで購入すればいいのか分からない」という声がよく寄せられています。また、メーカー側からしても、テクノロジー製品の販売プラットフォームが確立されていなく、大手ECサイトなどでの販売が中心となっており、マッチしたユーザーにプロダクトを販売することができないという課題があるようです。

ロボットスタートでは、ロボット・IoTデバイスの情報を発信するロボット情報Webマガジン「ロボスタ」を運営しており、同サイトには月間数十万人の読者が訪れています。読者層は、ほぼ全員が最新のテクノロジーに関心が強い方で、ロボスタから東京技術商店に送客することで、先進的なテクノロジー製品の販売に貢献していく方針です。

<会社情報>
社名:ロボットスタート株式会社
設立:2014年12月15日
代表:中橋 義博
住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル 7階(目黒駅より徒歩6分)
電話:03-6822-9601

東京技術商店について

クラウドファンディングで限定製品を入手できる

東京技術商店のクラウドファンディングには、一般的なECサイトなどでは購入することのできない限定品や、まだ世に出ていない最新製品などが並んでおり、それらを東京技術商店でゲットすることが可能です。

ロボスタと連動でレビューや最新情報を掲載

毎月数十万人のユーザーが訪れる、ロボット・IoTデバイスの情報を発信するロボット情報Webマガジン「ロボスタ」にて、東京技術商店にある販売製品のレビューや最新情報を掲載しています。

クラウドファンディング後の製品を購入可

クラウドファンディングでキャンペーンが終了した後でも、一部の製品はそのまま東京技術商店で取り扱われ、そこから製品を手にすることもできます。

 

どんなプロジェクトがあるのか?

現在、東京技術商店に掲載されているプロジェクトは、以下の4つです。

「Z」が走る。あの日がよみがえる。西部警察「SUPER Z」が“走るレコードプレーヤー”に!

 

来年2019年に放送40周年を迎える刑事ドラマ『西部警察』。記念すべき年を祝福するとともに”もう一度あの興奮を”という情熱のもと、「走るレコードプレーヤー+復刻LP盤」を開発しました。

商品は、劇中に登場する名車「SUPER Z(スーパーゼット)」をモチーフにした「走るレコードプレーヤー」。およそ35年以上前に開発された手のひらサイズの車型レコードプレーヤー「サウンドワゴン」のサウンド、操作性を大幅に改良し、シリーズ初となるBluetooth®出力機能を搭載しています。市販のBluetoothスピーカーに接続すれば、迫力あるサウンドを楽しむことができ、手軽な本体再生、迫力のスピーカー再生と、2通りで楽しめる″スーパーマシン”です。

「私の足あと」~「ロボホン」が、あなたの半生を一緒に振り返るパートナーに~

 

株式会社こころみは、シャープ株式会社と共同で、モバイル型コミュニケーションロボットの「ロボホン」を活用した、自分史作成の新サービス「私のあと」を企画・開発。

「私の足あと」は、ロボホンが利用者にインタビューを行い、ロボホンが利用者の半生を記憶する、日本初のロボットによる自分史作成サービスとなっています。今回のプロジェクトは、開発社であるシャープと、自分史作成サービス「親の雑誌」を通じて、1,000人以上のインタビューと自分史作成のノウハウを持つこころみがコラボし実現しました。

頼れる相棒!薬の服用を見守るスマート薬ケース「薬ピーくん」

 

身近な頼れる存在として薬の服用をきちんと見守ってくれる、スマート薬ケースの「薬ピーくん」。忙しくて薬を飲み忘れたり、ついつい薬の自己管理を怠ってしまったり、正しく服用することが困難なケースがある人に向け、「お薬飲む時間だよ」と通知してくれるのが「薬ピーくん」です。

進化したIoTリモコン『eRemote Pro』新登場!外からエアコンのON/OFFの可視化を実現

IoTでスマートホームを実現する、株式会社リンクジャパンは、ソニー銀行株式会社による投資型クラウドファンディングプラットフォーム「Sony Bank GATE」の第一号として、スマホで家電を簡単に操作できるIoTリモコン「eRemote Pro」を開発。

「eRemote pro」は、エアコンやテレビ、照明、オーディオなどの家電に付属している赤外線リモコンを学習させるだけで、どこにいてもスマホから自宅の家電を操作できる次世代IoTリモコンです。本プロジェクトは今年の4月28日にすでに終了しており、調達開始から11時間で目標金額に達成し、最終的に1,936,930円の資金調達に成功しています。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

クラウドファンディングであなたの想いやアイディアを実現してみませんか?

クラウドファンディング「ENjiNE」は、あなたの想いやアイデア、事業プランなどを、プロジェクトとして公開し、プロジェクトに魅力を感じる賛同者(ファン)と資金を事前に集めることができる、世界初のチケット購入型クラウドファンディングサービスです

世の中でまだ実現していない新しいサービスや商品を生み出そうとしている人(プロジェクトオーナー)がプロジェクトを掲載し、そのプロジェクトに関連するサービスや商品を受け取る権利をチケット形式で販売しています

資料請求をする
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ