新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.8.8

デザイン思考のプロセスや注意すべき点とは?

デザイナーがデザインを行う過程で用いる特有の認知的活動を指す「デザイン思考」。GoogleやAppleも取り入れている手法であり、イノベーションを起こすためには必要不可欠だとも言われています。
では、デザイン思考はどのように実践すれば良いのでしょうか。今回は「デザイン思考のプロセスや注意すべき点」について紹介していきます。

デザイン思考の5段階

まず、デザイン思考のプロセスについて解説していきます。アメリカのハーバード大学デザイン研究所(The Harvard Graduate School of Design(GSD))のハッソ・プラットナー教授が提唱した『デザイン思考の5段階』によると、デザイン思考とは、①共感、②定義、③創造、④プロトタイプ、⑤検証の順序で実現されます[1]。

共感(Emphatise)

デザイン思考はまずターゲットを観察するところからスタートします。既存の製品やサービスをユーザーがどのように利用し、またどのような不満を抱いているのかを徹底的に調べ、常にユーザー視点に立ちながら彼らのことをよく理解する必要があります。ターゲットの目線で考えることで、解決すべき課題や背景が見えてきたり、ユーザーテストやインタビューを繰り返すことによって、コンセプトやアイデアの精度を上げたりすることもできます。

定義(Define)

ターゲットを観察し、ユーザー視点で捉えられたことから、何が問題・課題なのかを定義していきます。ユーザーが求めていることは何か、彼らにとってのニーズとはという問いから、問題・課題へと落とし込んでいきます。また、場合によっては、そもそも観察対象であるターゲット自体が違っていたのではないかという、根本的な軌道修正を行うこともあるため、最終的なゴールがブレないよう、定義はしっかりとしておきましょう。

創造(Ideate)

次に、ターゲットが抱える問題・課題の定義にまつわる解決策を創造していきます。良質に越したことはありませんが、ここではハイクオリティなものを出していくというよりも、微々たるものでも多量なアイデアをつぎつぎに出していくことの方が優先的です。その中で出てきた有望そうなアイデアは、次のプロトタイプ段階へと運んでいきます。

プロトタイプ(Prototype)

アイデアを検証するためにプロトタイプを作成しましょう。実際に作成すると、アイデアをより具体化することができイメージが湧きやすくなります。あくまで試作の段階なので、身近にあるような簡易的なもの(紙コップや割り箸、ダンボール)を活用しても構いません。

検証(Test)

試作が完成したら、ターゲットユーザーに向けた検証および改善を行います。トライアンドエラーをひたすら繰り返しながら、最終的にハイクオリティなアウトプットを目指していき、仮説に優先順位をつけながら検証していくことが大切です。優先度の高いものから低いものまでバランスよく検証し、改善までのサイクルを早回しすることで精度が上がります。

デザイン思考で注意すべき点

デザイン思考を実践する上で注意すべき点はいくつかあります。

常識にとらわれない

社内や業界だけに目を向けていると、ターゲットの視点に完璧に立つことは難しいです。未発見のニーズやそれに対応したソリューションは、そこにいるほとんどの人が気付いていない可能性があります。その最たる原因として挙げられるのが”常識”です。気付けることにも気付けないような思考が無意識に働いたり、これまでの成功体験だけに固執したりしては、いくらデザイン思考を実践したところで、最終的な検証までたどり着けません。そのため、社内の技術者を対象としたデザイン思考を取り入れたワークショップ、イベントを開催するなど、これまでの常識にとらわれない新しい考え方を養うことが重要となります。

管理者がデザイン思考を理解しているか

日本の大企業には特に多いことですが、イノベーティブな提案が現場から挙っても、それを組織として実際に形に持っていくのは管理者クラスの人です。提案するチームが一方的にブレインストーミングを活用したとて、管理者がデザイン思考を理解できない人材であれば、具現化することはできません。管理者クラスの人間がデザイン思考を体験する工夫をしたり、社内全体でデザイン思考に向けた足並みを確かに揃えたりすることが大切です。

観察と共感

先に述べたとおり、デザイン思考を実践するためには、ターゲットの観察を十分に行うことが重要です。観察を行わずしてアイデア創出だけを行っても意味はありません。ユーザーの日常生活におけるさまざまな経験を見つけ出し、ユーザーの置かれている状況を自分の体験してみることで、これまで見えなかった新しい視点に立つことができます。したがって、デザイン思考を実践する際のプロセスの中で、ユーザーの観察と共感がなければ、クオリティの高い成果を生み出すことは不可能です。

まとめ

デザイン思考は、共感・定義・創造・プロトタイプ・検証の5段階があって実践できるものであり、逆に言うとそれら一つでも欠けてしまえば、デザイン思考とは呼べません。
これまで国内外問わず、デザイン思考を実践してヒット商品を世に出してきた企業は数多く存在します。しかし、そうした企業も幾度となくトライアンドエラーを繰り返し、ユーザーが何を求めているのかというニーズを入念に察知してきたからこそ成功に至っています。
顧客のニーズがますます多様化している現代において、今後新しい分野で活躍したいと考えている方は、ぜひこのデザイン思考を活かしたマインドを取り入れてみてください。

引用

  1. 5 Stages in the Design Thinking Process | Interaction Design Foundation

Facebookページから最新情報をお届け

本記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。気になる方はFacebookページへの「いいね!」をお願いします。

Relicで一緒に新規事業を作りませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、
新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら以下採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

新規事業の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ