新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2022.3.30

【クラウドファンディング成功の秘訣】リターンを考える際のポイント・注意点まとめ

【クラウドファンディング成功の秘訣】リターンを考える際のポイント・注意点まとめ

クラウドファンディングは寄付型、購入型、投資型と大きく3つに分けられます。その中で、投資型は金利的リターン、購入型は物品、もしくはサービス提供のリターンが課され、支援者にお返しが送られるシステムとなっています。
では、プロジェクトの起案者がそういったリターンを考える際、何に注意をすべきなのでしょうか。今回は『クラウドファンディングのリターンを考える際の注意点とは?』について紹介していきます。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングの定義

クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。
インターネットを利用して不特定多数の人々から資金を調達する仕組みであり、プロジェクトの趣旨や背景に賛同した人から資金を集めることができます。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは支援者が受けられるリターンの種類によって非投資型と、投資型(金融型)に大別され、更に細かい分類では以下の5つの種類に分けられます。

A-portより引用)

非投資型
・購入型クラウドファンディング
・寄付型クラウドファンディング

投資型(金融型)
・融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)
・株式投資型クラウドファンディング
・ファンド投資型クラウドファンディング

このうち寄付型のクラウドファンディングでは、支援者へのリターンが設定されておらず、支援者が対価として得られるものは基本的に寄付金控除を受けるための支援金額に応じた寄付控除証明書のみです。

リターンとは

リターンとは、プロジェクトの支援者に対して支援の対価として、品物やサービスなどの形で行うお返しのことです。
支援者はリターンの内容を見て支援するかどうかを決める部分も大いにあるため、どのようなリターン設計にするか、ということはプロジェクトの立案者としては非常に重要な観点となります。
そのため、プロジェクトの成功のためには、優れたリターン設計が必要不可欠です。

下記では、購入型、投資型それぞれのリターン内容に関して確認したあと、リターン設計のポイント・注意点に関して考察していきます。

購入型クラウドファンディングにおけるリターン

購入型クラウドファンディングでは、支援者は物品またはサービスの形でリターンを得ることができます。
リターンの内容はプロジェクトによって多様であり、最新ガジェットやクレジットタイトルへの名前の掲載など、クラウドファンディングならではの限定感の強いものが好まれる傾向があります。

投資型(金融型)クラウドファンディングにおけるリターン

投資型のクラウドファンディングは上述の通り、株式型、投資型、融資型に大別されます。

株式型:資金を提供(株式を購入)していただいた方に、「株式」をリターンとして提供する
融資型:資金を提供(融資)していただいた方に、「元本と利子」をリターンとして提供する
投資型:資金を提供(投資)していただいた方に、「利益の分配等」をリターンとして提供する

このような仕組みとなっており、いずれも金品に相当するものがリターンとして設定されているため、想定される利回りなどが支援者目線では重要視されます。

リターンを考える際のポイント

限定感やお得感を訴求できているか

クラウドファンディングサイトには、新規性の高い製品や、斬新なアイデアを求める人たちが多く集まります。
そのような人たちは、リターンを見る際にその内容だけでなく、話題性やクラウドファンディングならではのものかどうか、という点を重要視する傾向にあります。
そのため、単に良い商品・サービスという訴求だけでなく、そのサービスが生まれた背景やエピソードなども紹介するとプロジェクトに注目を集めることができます。
また、新規性が高いリターンでなかったとしても、クラウドファンディング限定の価格設定や、初期の支援者への限定のディスカウントなどを加えることで、希少性を高めるやり方も良いでしょう。

支援者のニーズに合っているか

いかに物珍しいリターンでも、誰のニーズにも合致していなければ、支援は集まりません。
多くの方のニーズを満たすことのできるリターンを設計すれば、支援も自ずと集まってくるでしょう。

「三分の一の法則」とは

また、クラウドファンディングには、「三分の一の法則」と呼ばれる法則が存在します。
これは支援をしてくれる人の割合を表すものであり、プロジェクトに集まる支援は

・知人からの支援:1/3
・知人の知人からの支援:1/3
・知らない人からの支援:1/3

という割合になることが一般的だと言われています。


AgriweBより引用)

※「3分の1の法則」のより詳しい解説はこちら

そのため、リターンを設計する際は上記の法則を理解した上で、それぞれの支援者に訴求できるポイントはどこかをしっかりと吟味する必要があります。

リターンの金額は適切か

クラウドファンディングでは、上記のようなリターンの内容だけでなく、その金額にも気を配る必要があります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2020年9月に公開したレポート「クラウドファンディング(購入型)の動向整理」によると、購入型・寄付型クラウドファンディングでの1回あたりの平均支援金額は次のような結果でした。

クラウドファンディング(購入型)の動向整理より引用)

・「2,500円~5,000円未満」:25.6%
・「5,000円~ 7,500円」:16.9%
・「10,000円未満」:68.7%

クラウドファンディング初心者で支援回数が1〜2回の方は、10,000円未満の支援が多く、支援回数が増えてくると、支援金額も大きくなる傾向があります。

以上を踏まえると、リターンの設定では、クラウドファンディング初心者向けに2,500〜5,000円のリターン、中級者向けに5,000〜10,000円のリターン、上級者またはプロジェクトの熱狂的ファン向けに10,000円以上のリターン、といった形で複数のパターンを用意することが成功の秘訣だと考えられます。

リターン提供の際のリスクとコスト

リターンを考える際には、目標金額の達成に向けて支援をいかにして集められるか、という点だけでなく、リターンの提供にリスクが大きくないか、コストがかかりすぎないかも同時に考える必要があります。
下記のリスクやコストも鑑みてリターンを設計しましょう。

リターンが実施できないリスク

クラウドファンディングにおいて、寄付型以外の形式でプロジェクトを立ち上げ、支援を受けた場合は、必ず支援者に対してリターンを実施する必要があります。(目標達成型で目標金額に達成しなかった場合を除く。)
そのため、リターンの作成時は、必ず、提供予定時期にリターンを提供できるかを検討し、問題なく提供できる期間で作成しましょう。

また、提供時期がずれる場合は、必ず支援者に連絡し、万が一提供ができない場合は、必ず支援者およびクラウドファンディングサイトの運営会社に対し、原因を説明し、支援者へ返金等の対応を行いましょう。

※返金対応に関するより詳しい解説はこちら

リターン実施にかかるコスト

コストの管理にも気をつける必要があります。
質の高いプロジェクトを支援者に届けたいという思いから、リターンの実施に想定以上の費用をかけてしまい、赤字に陥ってしまうといったケースは避けなければなりません。
リターンの価格設定には、クラウドファンディング手数料や支援者に送るための送料を計算に入れる必要があるので、リターン以外の部分でかかってくる経費に関してもしっかりと考慮しましょう。
予めリターンの提供にかかるコストを予想し、許容できる範囲内でリターンを設計することが重要です。

ユニークなリターン設計によって成功を収めたプロジェクト事例

上記でご紹介した通り、リターン内容はプロジェクトの成否に直結します。
ここからは、ユニークなリターン設計によって成功を収めたプロジェクトに関していくつかご紹介していきます。

1月10日CY8ER日本武道館ラストライブを皆んなで作りあげようプロジェクト

(プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/330570?list=projects_most_funded_page15

アイドルグループ「CY8ER」の最後のワンマンライブを成功させるべく、CAMPFIREにて立ち上げられたこちらのプロジェクトは、リターンの限定感が非常に強いのが特徴です。
メンバーが着用した衣装や、メンバーとのZOOMオフ会といった、ファンにはとってはたまらない内容が多く設定されており、その中でも、最も高額の2,900,000円のリターンでは、支援者限定のワンマンライブという特別なリターンもありました。

東筑波ユートピアにイノシシ牧場を作って動物たちを幸せにしたい!

(プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/h-yuutopia/

動物園再生のための目玉となる、「イノシシ牧場」の改築費用の資金調達のためにMakuakeで立ち上げられたプロジェクトです。
イノシシ・サル・クマといった動物たちの命名権や、サルのショーに出演・参加できる権利など、ここでしか手に入らないユニークなリターンが多く設定されました。
また、最も高額の300,000円のリターンでは、オープニングセレモニーで最後の杭を打つ権利が得られるということもあり、話題を集めました。

#将棋を次の100年へ|新・将棋会館建設プロジェクト【第一期】

(プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/shogikaikan01

将棋会館の移転に伴い、資金を集めるべくREADYFORにて立ち上げられたプロジェクトです。
有名棋士のサインやグッズだけでなく、最高額の3,000,000円のリターンには、実際に羽生善治九段から指導を受けながら対局することができるという貴重な権利が設定されました。
貴重な体験がリターンに設定されている、ユニークな事例であり、多くの支援を集めました。

まとめ

いかがでしたか。今回は『クラウドファンディングのリターンを考える際のポイント・注意点』について考察しました。
出資金額に応じた種類豊富なリターンを用意したり、リスクやメリットを考慮した金額の設定を行ったりと、リターンひとつでも様々な工夫が求められます。
今後クラウドファンディングに挑戦してみようと考えているのであれば、まずは実際に支援が集まっているプロジェクトのリターン内容に注目してみてはいかがでしょうか。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

【無料公開】クラウドファンディングサイト成功事例集

【無料公開】

クラウドファンディングサイト成功事例集 メディア、メーカー、EC/小売、エンタメ業界など、幅広い業界で新たなクラウドファンディングサイトが立ち上がっています。その理由や各業界の成功例をまとめた事例集を無料でダウンロードいただけます。

【掲載企業】

・株式会社日本経済新聞社

・株式会社プレジデント社

・パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社

・株式会社TWH

事例ダウンロード
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの基礎知識の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ