新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.11.8

シフト調整や勤怠管理をAIで半自動化するサービス” Smart kintAI” β版をリリース! “今なら利用料無料”のキャンペーン開始。

シフト調整や勤怠管理をAIで半自動化するサービス” Smart kintAI” β版をリリース! “今なら利用料無料”のキャンペーン開始。

【配信元】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000030247.html

AIなどの先端技術を活用したデジタル化ソリューションを提供する株式会社ジーエルシー(所在地:東京都新宿区、代表取締役:田端知明、以下「当社」)は、「シフト調整や勤怠管理をAIで半自動化するサービス” Smart kintAI”のβ版をリリースしました。β版キャンペーン期間中は、「利用料無料」にてご利用いただけます。

■Smart kintAI 利用・登録サイト
https://smart-kintai.jp

■「シフト制」導入企業の課題
シフト制を導入する企業は、固定勤務制の企業と比較して、勤怠管理工数が圧倒的に大きく、管理者の負担になっています。
また、本来は需要に合わせて人員の供給を最適化しやすい制度のはずですが、実際は人間の計算によって需要を予測することは難しく、人件費を最適化できていないのが現状です。

■「シフト制」導入企業の課題を”AIで”解決する「Smart kintAI」
Smart kintAIは、これまでのシステムでは難しかったシフト制業務の需要予測や、管理の自動化を、AI技術によって実現いたしました。
利用方法はスタッフも管理者もとても簡単です。
面倒な業務や計算が難しい業務はすべてAIが代替してくれます。

【Smart kintAI利用フロー】
① スタッフがスマホからシフトを申請
② AIが人員不足の時間帯を特定し、最適なスタッフにヘルプ依頼を送信
③ AIが最適なシフトを算出
④ 管理者じゃAIが作成したシフトを確認するだけ

■「Smart kintAI」の導入効果・解決できること
「Smart kintAI」を使用すると、「月あたり15〜20時間の作業時間を削減する」導入効果が得られ、また勤怠管理に関する様々な課題解決することができます。

<課題①>
従業員が多すぎて、紙やエクセルでのシフト管理が大変
→「Smart kintAI」を使用すると、月当たり15〜20時間の工数削減が可能

<課題②>
人員が足りないとき、個別にアルバイトにお願いしてシフトを出してもらうのが面倒
→「Smart kintAI」を使用すると、AIが依頼を代行し、面倒な依頼がなくなる

<課題③>
「忙しいのにシフトを少なくしてしまった」「暇な時に多くシフトを入れすぎた」など、忙しさに応じて人件費を最適化できていない
→「Smart kintAI」を使用すると、AIが業務量を計算するため、人が判断するよりも適正な人件費に

<課題④>
システムを入れたいけど、コストを掛けられないため導入できない
→「Smart kintAI」は現在キャンペーン中により、無料で導入可能

<課題⑤>
どこの店舗でどれだけの人件費を要してるか把握できない、数字があがってこなく管理できていない
→「Smart kintAI」は、リアルタイムで予実管理を実現

今回β版のリリースを記念して、「今なら利用料無料」のキャンペーンを開始します。
利用料は一切かかりませんので、システムの導入コストが気になるお客様も気軽に利用可能です。
(※無料期間は予告なく終了する可能性がありますので、ご了承ください)

■こんな企業にオススメ
「Smart kintAI」は以下のような企業・店舗様にオススメです。
- スタッフの人数が多く、シフト管理に膨大な工数がかかっている
- 店長が忙しすぎる
- スタッフの人件費を最適化したい
- 勤怠管理システムを導入しようとしているが、どれを使えばいいかわからない
- 日によって必要なスタッフ数が変動しやすい
- 急なヘルプ要員が必要になることがある

<お申し込み>
https://smart-kintai.jp

<お問い合わせ>
https://geeklabs.co.jp/contact

■本件に関するお問い合わせ先
会社名:株式会社ジーエルシー
代表者:代表取締役 田端知明
所在地:東京都新宿区四谷2-12-5 四谷ISYビル
お問い合わせ:info@geeklabs.co.jp(担当:金子)
URL:https://geeklabs.co.jp

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ