新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.11.14

スマートシティ構想の実現に向け、オープンイノベーションを推進大学・自治体・ベンチャー協創の場「NEXT100teXLab」を開設

スマートシティ構想の実現に向け、オープンイノベーションを推進大学・自治体・ベンチャー協創の場「NEXT100teXLab」を開設

【配信元】

スマートシティ構想の実現に向け、オープンイノベーションを推進大学・自治体・ベンチャー協創の場「NEXT100teXLab」を開設|PRtimes

大崎電気工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 光康、以下「大崎電気」)は2018年11月8日に、五反田に「NEXT100teXLab(ネクストヒャクテックスラボ)」を開設しました。この開設を皮切りに、大学・自治体やベンチャー企業との協創プロジクトを発足し、IoT技術やAI高度化を目指し、新たな価値創造に向けた活動を開始します。

【Lab設立の背景】

グローバル市場においては、スマートシティ構想の実現に向けた動きが進展し、エネルギー産業は変革期を迎えています。複雑化した社会課題を解決するためには、企業、大学、自治体が業態・業界を超え、それぞれの持つ幅広い知見・技術を活用した協働とイノベーションが必要です。

様々なテクノロジーを掛け合わせ、次の社会の100年の礎を築く、新たな事業を産み出す拠点として本日誕生した「NEXT100teXLab」では、東京工業大学の関連ベンチャーなどを支援する、みらい創造機構の協力のもと、当社の100年に渡る電力計測・制御機器の開発技術をベースに、大学研究室や自治体、ベンチャー、およびアドバイザーとしてご参加いただく有識者の方々と連携し、IoT技術やAIの高度化を推進、新たなビジネスモデルの設計、IoT機器の開発、ビックデータ活用、AI分析による新たなソリューションの創出を目指します。

【NEXT100teXLab概要】

名称:NEXT100teXLab (ネクストヒャクテックスラボ)
所在地:東京都品川区東五反田2-1-10 大崎電気ビル1階
設備:パーキングエリアにEV急速充電器を完備
セキュリティ対策としてスマートロックOPELOを設置
URL:https://n100texlab.jp/

[エントランス]
エントランス

[内観]
内観

[スマートロック]
スマートロック

<みらい創造機構 会社概要>

会社名   株式会社みらい創造機構
代表者   岡田 祐之
設立      2014年9月9日
所在地   東京都千代田区 丸の内2-2-1 岸本ビルヂング6F
会社HP  http://miraisozo.co.jp

<会社概要>
会社名   大崎電気工業株式会社
代表者   代表取締役社長 渡辺 光康
創業     1916年
所在地   東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア
会社HP https://www.osaki.co.jp

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ