新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.11.27

ヤマハ、農業自動化のスタートアップ企業へ出資

ヤマハ、農業自動化のスタートアップ企業へ出資

【配信元】
ニュージーランドの農業自動化ソリューション開発企業への出資について|ヤマハ発動機株式会社

 

ヤマハ発動機株式会社は、ニュージーランドの農業自動化ソリューション開発のスタートアップ企業「Robotics Plus」(以下、ロボティクス・プラス)に対し、このたび800万USドルの追加出資を実施しました。これにより当社の出資額は2017年12月の200万USドルの出資と合わせて1,000万USドルとなりました。

ロボティクス・プラスは、2008年に設立されたロボット工学、オートメーション化および解析技術をベースとした農業分野の自動化ソリューションを開発する企業で、リンゴの自動パッキング機、キウイの自動収穫機、移動型の自動授粉機、農業用UGV※1などの開発実績があります。

同社への出資は、現中期経営計画の成長戦略の一つ「ソリューションビジネス『個性ある多様性を創る』」の一環であり、ロボティクス・プラスとの協業は、CVC※2活動を行うグループ会社Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley(YMVSV)の活動を通じて実現したものです。

このたびの出資は、農業用UGVや果樹の収穫といった農作業を自動化する技術の共同開発の強化と、農業テクノロジー分野の事業開発を狙いとしており、今後当社とロボティクス・プラスは、米国における農業自動化事業の展開を加速させていきます。

    ※1UGV(Unmanned Ground Vehicle)  ※2CVC(Corporate Venture Capital)

 

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

ロボティクス・プラスの製品

UGV

 

リンゴの自動パッキング機

Robotics Plusの概要

社名 Robotics Plus Ltd(ロボティクス・プラス)
会社設立 2008年1月
所在地 ニュージーランド タウランガ市
事業内容 リンゴの自動パッキング機の開発
農業用自動機の受託開発(キウイの自動収穫機など)

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ