新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.12.3

TIS、大手企業とスタートアップ企業のコラボレーションを目指す「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」を開始

TIS、大手企業とスタートアップ企業のコラボレーションを目指す「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」を開始

【配信元】
TIS、大手企業とスタートアップ企業のコラボレーションを目指す「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」を開始|PRtimes

 

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、大手企業とスタートアップ企業とのビジネスコラボレーションを目指す「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」を開始したことを発表します。

TISでは、内外からの新規事業創出を継続的に行うことを目的に、これまでもスタートアップ企業との共創から恒常的なイノベーションの発生と活用に向けた取り組みを行ってきました。

「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」では、この取り組みをさらに加速させ、TISとスタートアップ企業との連携に留まらず、各業種・業界において豊富なノウハウと経営基盤を持つ大手企業(以下、パートナー企業)にも参加いただくことで、イノベーションのエコシステムの早期の実現を目指します。

<「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」の全体像>

本コンソーシアムでは、TISがこれまで蓄積してきたネットワークをベースに、社会的に解決が求められるテーマを設定し、幅広いさまざまな企業の参加を促します。

10月末にはキックオフイベントを開催し、初回テーマである「地域活性化」のマッチングイベントを行いました。「地域活性化」のテーマでは、エネルギーや金融などの分野の企業や地方自治体を含めたパートナー企業7社とスタートアップ企業5社が参加しています。今後は、TISが仲介役となり、技術とアイデアの組み合わせを模索していき、来年3月をめどに PoC(実証実験)の結果を発表する予定です。

TISでは、本コンソーシアムのPoCの成果を踏まえて、スタートアップ企業への出資やTISを含むパートナー企業とスタートアップ企業との継続的な協業による新規ビジネスの立ち上げなどを目指します。

 

■「地域活性化」のテーマの参加企業(一部)
【パートナー企業】
岩谷産業株式会社 http://www.iwatani.co.jp/jpn/
さいたま市 http://www.city.saitama.jp/
シスメックス株式会社 http://www.sysmex.co.jp/
積水化成品工業株式会社 http://www.sekisuiplastics.co.jp/
三井住友カード株式会社 https://www.smbc-card.com/index.jsp

【スタートアップ企業】
EXest株式会社 https://www.exest.jp/
ジョージ・アンド・ショーン合同会社 https://george-shaun.com/
株式会社Scalar https://scalar-labs.com/
ノバルス株式会社 http://novars.jp/
レイ・フロンティア株式会社 https://www.rei-frontier.jp/
※ 社名の公表について許諾頂いた参加各社を掲載しています。

 

■「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」の概要
「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」は、パートナー企業とスタートアップ企業がフラットに技術とアイデアと経営資源を持ち寄ることで、イノベーションの創発を目指すコンソーシアムです。
例えば、「複数のスタートアップ企業の技術とアイデアを組み合わせて、特定のパートナー企業のビジネス基盤上で PoCを実施する」あるいは「一つのスタートアップ企業の提案を複数のパートナー企業にまたがってPoC を実施する」といったことを実践していきます。パートナー企業とスタートアップ企業が「1対1」のクローズドな関係ではなく、複数のスタートアップ企業、複数のパートナー企業による「n対n」のさまざまな組み合わせを実現することで、新技術や新マーケットの創出に関する知見の獲得を目指します。

初回テーマに設定した「地域活性化」では、パートナー企業が持つ全国の支店、店舗網や製造、販売する製品などを利用して、地域住民に向けた新たなサービスやインバウンド観光の促進といった地域の活性化につながる技術やアイデアを募集しました。
今後は、「防災」や「ヘルスケア」「未病対策」などのさまざまな社会課題の解決をテーマに設定する予定です。
「TIS共創イノベーション・コンソーシアム」の詳細は、以下URLをご参照下さい。
http://www.tis.jp/special/TOIC/

 

■TISのインキュベーション施策について
TISでは、内外からの新規事業創出を継続的に行うことを目的に、スタートアップ、大手企業、TISの共創から、恒常的なイノベーションの発生と活用に向けた取り組みを行っています。
スタートアップへの投資や大手企業とのビジネスコラボレーションのための各種施策にも取り組み、ベンチャー投資制度「コーポレートベンチャーキャピタル」では、シードからミドルステージのスタートアップを投資対象に最短1ヶ月程度で投資を行います。また、資金提供に加えて、オープンイノベーションによる新たなビジネス創造の拠点「bit&innovation」などのワークスペースやオンラインマッチングサイト「bit-finder」、IT資産といった“モノ”の提供や、サービス/事業仮説の立案、検証プロセスであるアクセラレータプログラムなどの“コト”の提供まで、多面的な施策を行っています。

TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ