新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.12.18

日本人が持っているアプリは平均80個だが使っているのは25個。日本・韓国・米国の2018年のアプリの利用トレンドをとりまとめた「App Apeアプリ市場トレンドレポート2018」を配布

日本人が持っているアプリは平均80個だが使っているのは25個。日本・韓国・米国の2018年のアプリの利用トレンドをとりまとめた「App Apeアプリ市場トレンドレポート2018」を配布

【配信元】
日本人が持っているアプリは平均80個。しかし、使っているのは25個。|PR times

 

スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手掛けるフラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基、以下「フラー」)は、日本、韓国、米国の2018年のアプリの利用トレンドをとりまとめた「App Apeアプリ市場トレンドレポート2018」を作成しました。レポートにつきましては、アプリ分析メディア「App Ape Lab」で無料にて配布いたします。

 

 

レポートにつきましては、アプリ分析メディア「App Ape Lab」で無料にて配布いたします。
App Ape Lab特設ページURL https://lab.appa.pe/2018-12/app-trend-report-2018.html 

また、本レポートにつきましては、App Apeの有料会員様には無料で配布させていただきます。
ユーザー登録がお済みでないお客様は、下記のサイトにて登録いただきますと、すぐにApp Ape無料版の機能をお使いいただけます。

App Ape公式サイトURL https://ja.appa.pe

 

レポートのポイント
①利用アプリ数は所持アプリ数の3割にとどまる
レポートによると、2018年9月の日本国内のユーザー1人あたりの月間平均利用アプリ数(月に1度でも利用するアプリ数)は、2017年12月に比べ0.56個増の25.56個でした。一方、所持しているアプリは80.36個で、アプリにインストールするアプリの6割近くが月に1度も使われていないことが分かりました。

韓国のユーザー1人当たりの所持アプリ数は102.25個と日本に比べ25%ほど多かったほか、利用アプリも38.87個と1.5倍近い数を記録しました。米国はインストールアプリが70.65個と日本に比べ10個ほど少ないものの、利用アプリは日本とほぼ変わらない25.65個であることが分かりました。いずれの国もインストールアプリ全体に占める利用率は4割を切っていました。

 

 

②日本はツール、コミュニケーション系アプリの利用が多い
月間利用者数全体に占めるカテゴリー別の割合を見ると、日本はツールが16%、コニュニケーションが14.7%と他のアプリカテゴリに比べ多く使われていることが分かりました。

ツール系のアプリの多さは、キャリアのプリインストールアプリを中心に利用が多いことを示唆しています。また、コミュニケーションはLINEをはじめとする人々が連絡を取り合うのに欠かせないインフラとしての機能をスマホが補完していることを示しています。

米国も同様の結果となりましたが、韓国は日本に比べて多様なカテゴリのアプリを利用している様子も浮き彫りになしました。

 

 

2018年の振り返りにアプリデータを
2018年はスマホアプリシフトがあらゆる業界で加速するのとともに、カテゴリや国の枠を超えて可処分時間の奪い合いが繰り広げられた1年でした。従来のアプリの競合の枠では捉えきれないダイナミックな動きを見せたアプリ業界の現状を今一度振り返り、 来年以降の戦略展開にお役立ていただこうと、今般のレポート作成に至りました。

レポートを配布いたします
今回のレポートにつきましては、アプリ分析メディア「App Ape Lab(アップ・エイプ・ラボ)」にて配布いたします。下記の特設サイトからダウンロードできます。

App Ape Lab特設ページURL: https://lab.appa.pe/2018-12/app-trend-report-2018.html 

また、本レポートにつきましては、AppApp Apeの有料版のユーザー様には無料で配布いたします。
ユーザー登録がお済みでないお客様は、下記のサイトにて登録いただきますと、すぐにApp Ape無料版の機能をお使いいただけます。

App Ape公式サイトURL: https://ja.appa.pe

フラーでは今後、データを利用するユーザー様へのヒアリングやレポートへのフィードバックを踏まえまして、データの精度向上や新たな視点を取り入れたレポートの作成などのさらなる向上を図る考えです。

App Apeとは?アプリデータをもっと身近に、もっと使いやすく

「App Ape」は、アプリのビッグデータを解析し、世の中に存在するアプリの月間や日間のアクティブユーザー数や男女年代別利用率、利用が急激に伸びたアプリランキングなどアプリに関するデータをダッシュボード(管理画面)形式で提供するSaaS(Software as a Service)です。市場のトレンド把握や競合調査、アプリのマーケティングや広告出稿の最適化などを全面的に支援しております。App Apeのダッシュボード(管理画面)は、モバイルにも対応。データが手元で簡単に確認できることから、様々なシーンでご確認いただくことが可能です。(下写真はApp Apeのダッシュボードのイメージ)

 

 

App Apeの詳細ページ:https://ja.appa.pe/

会社概要
会社名: フラー株式会社
住所: 千葉県柏市若柴 178 – 4 柏の葉キャンパス 148 – 2 KOIL 共同代表:渋谷 修太、櫻井 裕基
設立日: 2011年11月15日
事業内容: スマートフォンアプリ分析支援事業、 スマートフォンアプリ開発支援事業
URL: https://fuller-inc.com
本件に関するお問い合わせ先:広報窓口・杉山  pr@fuller.co.jp / TEL 04-7197-1699

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ