新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.12.17

アップル、雑誌や新聞も「定額制」へ 2019年春にも新サービス開始との観測

【配信元】
アップル、雑誌や新聞も「定額制」へ 2019年春にも新サービス開始との観測(1/2)|JBpress(日本ビジネスプレス)
アップル、雑誌や新聞も「定額制」へ 2019年春にも新サービス開始との観測(2/2)|JBpress(日本ビジネスプレス)

 

米カリフォルニア州クパチーノでのアップルの新製品発表イベントに臨んだ同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)(2018年9月12日撮影)。(c) NOAH BERGER / AFP〔AFPBB News

米アップルは、iPhoneなどのiOS端末で雑誌や新聞の定額制読み放題サービスを立ち上げる計画だと、米ブルームバーグが伝えている。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

 Newsアプリに新サービスを導入

アップルは今年(2018年)3月、雑誌の定額制読み放題アプリを手がける米ネクスト・イシュー・メディアを買収すると発表した。同社は、「テクスチャー(Texture)」と呼ぶアプリで、「タイム」や「ピープル」「フォーブス」「ニューズウィーク」「ニューヨーカー」「ナショナルジオグラフィック」「ヴォーグ」など200以上の雑誌が読み放題になるサービスを、月額9.99ドルで提供している。

(参考・関連記事)「アップル、定額制のニュース購読サービスを計画中

ブルームバーグによると、アップルは、米国や英国などの国でiOSに標準搭載している「News」アプリを刷新する計画で、これにテクスチャーのサービスを加える。新バージョンのNewsアプリは、2019年春にも登場する可能性があるとブルームバーグは伝えている。

これに伴い、アップルは、ウォールストリート・ジャーナルやニューヨーク・タイムズといった新聞にもこの新サービスに参画するよう働きかけているという。

アップルは、2014年に米ビーツ・エレクトロニクスを買収し、そのサービス「ビーツ・ミュージック」をベースにした定額制音楽聴き放題サービス「Apple Music」を開発した。同社は、その成功モデルを雑誌や新聞の分野でも展開したい考えだという。

出版社の懸念払拭を図るアップル

ただ、メディア企業の幹部の中には、「メリットもあるがデメリットの方が大きい」と考える人も少なくないと、ブルームバーグは伝えている。

メディア企業は、自社で定期購読サービスを展開している。アップルの端末で、それと同じサービスが提供されれば、自社サービスから利用者が離れていくと懸念している。

こうした懸念を払拭するため、アップルのインターネットソフトウエア&サービス担当上級バイスプレジデントのエディー・キュー氏率いるチームは、メディアの幹部らに会って、説得を続けているという。

新サービスでは、加入者数の伸びに支えられ、出版社の定期購読サービスを大きく上回る収益が得られると、同社は説明している。また、アップルはApple Musicの加入者数が今では5000万人以上に増え、同事業が成功を収めていることを強調している。ただ、ブルームバーグは、「雑誌、新聞サービスが、音楽サービスと同様に成功するかどうかが問題だ」とも伝えている。

出版業界を取り巻く現状

ブルームバーグによると、アップルが2010年にiPadの初代機を市場投入した際、メディア企業の幹部らは、新たなデジタルコンテンツの時代が到来したと、喜んだ。しかし、その後、iPadを利用した雑誌、新聞の購読が大流行したとは言い難い状況だ。

その一方で、印刷媒体の定期購読契約件数は減少の一途をたどっている。また、企業の広告出稿先は、印刷媒体から、グーグルやフェイスブックなどのネット媒体に移っている。こうした出版業界を取り巻く現状が、彼らの対応を慎重にさせているようだ。

「何よりも、メディア企業は、アップルなどのテクノロジー企業のプラットフォームに頼るのではなく、読者と直接つながりたいと考えている」と、ブルームバーグは伝えている。

(参考・関連記事)「世界広告費、ネットが初めてテレビを上回る

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ