新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.1.10

再生エネ活用のモバイルバッテリーレンタルサービス、ロンドンで展開中

【配信元】

再生エネ活用のモバイルバッテリーレンタルサービス、ロンドンで展開中|Techable

 

多くの人が外出先でスマホのバッテリーがピンチに陥った経験があるのではないだろうか。そんなときのためにモバイルバッテリーがあるわけだが、いつも携帯しているとは限らない。

そこでイギリスのスタートアップ「ChargeUp」が展開しているのが、モバイルバッテリーのシェアリングサービス。30分50ペンス(71円)、24時間3英国ポンド(約430円)で提z供している。

 

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

・付属のケーブルですぐ充電!

ChargeUpのバッテリーステーションは現在ロンドン30カ所に設置されていて、ユーザーは専用アプリでステーションの場所を確認できる。

借りるには、ステーションにあるQRコードをスキャンする。すると、バッテリーがステーションから外れ、ユーザーはそれを持って立ち去れる。

バッテリーにはiPhone、Androidどちらにも対応するケーブルが付いているので、その場でのスマホ充電が可能だ。そして使用後のバッテリー返却はどこのステーションでもオーケーとなっている。

 

・グリーンなシェアリング

このサービスの特徴の一つが、再生エネ会社Ecotricityと提携し、モバイルバッテリーは再生エネルギーで充電されていることだ。また、バッテリー所有するのではなく、必要な時だけ借りることで、長期的にみると効率的な資源活用となる。

ユーザーがバッテリーを返却しなかったら?と懸念する声も聞こえてきそうだが、バッテリーにはチップが埋め込まれていて、ユーザーにリンクさせることができる。これにより盗難や、無返却を防ぐとのこと。

一方、ChargeUpはバッテリーを30英ポンド(約4300円)でも販売し、購入者は1年間充電ステーションにアクセスできる。ChargeUpは2019年半ばまでにステーション数を1500カ所に増やす計画だ。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ