新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.1.28

【富士通】ADDIXデジタルビジネス、“技術”をシェアするサービス「シェアトッキョ(β版)」に参画。

【富士通】ADDIXデジタルビジネス、“技術”をシェアするサービス「シェアトッキョ(β版)」に参画。

【配信元】

ADDIXデジタルビジネス、“技術”をシェアするサービス「シェアトッキョ(β版)」を開始。第一弾として、富士通が参画。|PRtimes

シェアリングエコノミー市場で、国内初(※)の “技術”シェアの誕生。技術活用希望企業からの相談受け付け開始。

株式会社ADDIX(所在地:東京都港区、代表取締役:酒井大輔 以下、ADDIX)は、企業が保有するさまざまな「技術」をシェアするサービス「シェアトッキョ(β版)(https://www.addix.co.jp/share_tokkyo/fujitsu/)」を開始致しました。ヒト・モノ・コトのシェアリングエコノミー市場が活性化する中、国内初(※)の“技術”シェアの誕生です。

本サービスの第一弾として、富士通株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田中達也 以下、富士通)の研究開発の成果である技術を提供し、技術活用希望企業(以下、希望企業)の製品・サービス開発における課題解決の手がかりや、社会課題を解決するイノベーションへつなげるべく、希望企業からのご相談受け付けを開始致しました。今後は、様々な技術を保有する企業とも一緒にプラットフォーム化を目指します。

ADDIXデジタルビジネス事業では、今後も企業課題を解決するプラットフォームを開発、実行支援してまいります。

 

▼国内初の“技術”をシェアする、「シェアトッキョ(β版)」
https://www.addix.co.jp/share_tokkyo/fujitsu/

 

<シェアトッキョ:サービス開発背景>
研究開発の成果である技術を、社会課題の解決に役立てたい。次のメイド・イン・ジャパンを代表するプロダクトや、日本ならではの新しいサービスになるように・・そんな想いから「シェアトッキョ」を立ち上げました。

<シェアトッキョ:サービス概要>
「シェアトッキョ」は、特許権にひもづいた良質な技術を、自社の商品開発などに活用することができる技術シェアサービスです。自社の製品・サービス開発における課題解決の手がかりや、社会課題を解決するイノベーションへとつながる可能性に活用することができます。第一弾として、富士通が保有する技術をシェア致します。

 

 

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業創出やオープンイノベーションなどの取り組みでお困りの方へ

弊社が開発しているThrottle(スロットル)は 新規事業創出/オープンイノベーション/ピッチイベントの プログラム運営管理に最適化された、日本初のサービスです。

Throttleの特徴

・新規事業やイノベーション創出のアイディアやプランを広く集め、実現に向けて推進するためのプログラム運営に必要な機能やサービスがすべて揃っています
・クラウドサービスのためシステム準備は不要、すぐに利用可能です
・基本機能であれば無料(0円)で利用可能です

詳しい機能の特徴やお問い合わせについてはサービスの紹介ページをご覧ください。

サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ