新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.2.4

デザインを一瞬にしてWebサイトとして公開可能。革新的なデザインツール「STUDIO」が、大型リニューアルを経てver 2.0をグローバルリリース。

デザインを一瞬にしてWebサイトとして公開可能。革新的なデザインツール「STUDIO」が、大型リニューアルを経てver 2.0をグローバルリリース。

【配信元】
デザインを一瞬にしてWebサイトとして公開可能。革新的なデザインツール「STUDIO」が、大型リニューアルを経てver 2.0をグローバルリリース。|TECHABLE

 

デザイン、コラボレーション、公開、すべてが1ツールで可能に。まったく新しく生まれ変わった「STUDIO 2.0」が本日リリース。

次世代のデザインツール「STUDIO」を運営するSTUDIO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石井 穣)は、本日1月21日(月)付で、まったく新しく生まれ変わった「STUDIO 2.0」をリリースすることをお知らせいたします。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=7FuIx6rye-o ]

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

STUDIOとは?

STUDIO(https://studio.design/ja)は、デザインとコードを1つにした次世代のデザインツールです。STUDIOを使えば、自由自在なデザインのWebサイトを、コードを書くことなく作成可能です。
2018年4月に正式版がリリースされ、現在3万人以上のユーザーに愛用されています。
そして本日、まったく新しく生まれ変わった「STUDIO 2.0」を発表し、世界にむけてリリースをしました。

 

【デザイン】 3倍以上早くなった、デザインパフォーマンス

より快適にデザインに集中できるよう、STUDIOを0から再設計いたしました。より軽く、より早く、より快適に操作できるように進化し、STUDIO史上最高のパフォーマンスを実現しました。

 

【コラボレーション】リアルタイムに共同編集が可能に。

Googleドキュメントのような「リアルタイム共同編集」がSTUDIOでも可能になりました。どこにいても何人とでも、オンライン上で複数人と同時にデザインの編集が可能です。もう二度とファイルを送り合う必要はありません。

 

【公開】1クリックで公開完了。

STUDIOでは、作成したデザインをWebサイトとしてワンクリックで全世界に公開可能です。面倒なコーディングやサーバーのセットアップは必要ありません。

 

その他アップデートポイント

Google Fonts :
Google Fontと完全連携し、900種類以上あるフォントをSTUDIO上で自由自在に使用可能になりました。

ダークモードの誕生:
昨今AppleやSkecthなどの対応で、流行りの兆しがある「ダークモード」をSTUDIOでもいち早く対応いたしました。より作業に集中したいときなどに、美しくエレガントなダークモードをお試しください。

まったく新しく生まれ変わったSTUDIOを、ぜひお試しください!
https://studio.design/ja

■ STUDIO株式会社 会社概要
会社名:STUDIO株式会社(STUDIO Inc.)
設 立:2016年4月
代表者:代表取締役社長 石井 穣
所在地:〒154-0031 東京都渋谷区桜ヶ丘4-17 PORTAL Apartment & Art POINT 204

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ