新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.2.24

電通グループとアドビ、新規顧客獲得・既存顧客育成を同時に行う「デュアルファネルソリューション」提供へ

電通グループとアドビ、新規顧客獲得・既存顧客育成を同時に行う「デュアルファネルソリューション」提供へ

【配信元】
電通グループとアドビ、新規顧客獲得・既存顧客育成を同時に行う「デュアルファネルソリューション」提供へ|MarkeZine(マーケジン)

 

電通デジタル、電通、アドビシステムズ(以下、アドビ)の3社は、企業が抱える「新規顧客の獲得」「既存顧客の育成」という2つの課題への対応を一本化し、連携してマーケティングROIの向上を実現する「デュアルファネルソリューション」の提供に関して合意した。

 

 

「デュアルファネルソリューション」において上記3社は、電通グループ独自のマーケティングプラットフォーム「People Driven DMP(3rdパーティデータ)」と、アドビのデータ管理プラットフォーム「Adobe Audience Manager」を通じてAdobe Analyticsで計測されるオンライン行動情報やオフラインの属性情報などの1stパーティデータを連携。これによって、これまで企業において別々に設計管理・運用されていた「新規顧客獲得のためのファネル」「既存顧客管理のためのファネル」のデータ統合支援を行う。

企業は、同ソリューションを通じて社内データの統合および外部データとの連携を行うことで、新規・既存顧客に対する課題解決が同時に同じ概念上で行えるようになるため、マーケティング活動全体の最適化が可能になる。

たとえば、オウンドメディアでの行動データに、「People Driven DMP」の行動・意識データを掛け合わせて既存顧客を分析すると、よりLTV(顧客生涯価値)の高い顧客像が明らかになるため、特定の顧客に絞ってアプローチするデジタル広告配信が実現できるようになる。

なお、同ソリューションの提供にあたっては、電通とアドビがデータ連携と分析を行い、電通デジタルがシステム導入および広告設計・配信の運用サポートを行う体制を構築する。さらに、電通デジタルのクリエイティブチーム「アドバンストクリエイティブセンター」が、デュアルファネルでのコミュニケーション設計を一貫して行うことで、シームレスな顧客体験を実現する。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ