新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.2.26

ヤフー、企業データと自社のビッグデータを掛け合わせたソリューションサービスを10月から開始

ヤフー、企業データと自社のビッグデータを掛け合わせたソリューションサービスを10月から開始

【配信元】
ヤフー、企業データと自社のビッグデータを掛け合わせたソリューションサービスを10月から開始|MarkeZine(マーケジン)

 

ヤフーは、企業や自治体の持つデータとヤフーのビッグデータを掛け合わせて分析し、そこから導き出されるインサイトを提供するデータソリューションサービスを10月から開始する。

同社は検索やメディア、ECといった領域のビッグデータを保有しており、そのデータとAI技術を用いて、「Yahoo! JAPAN」のサービス改善を続けている。近年は、ECサービスの改善にメディアのデータも使うなど、異なるサービスのビッグデータを掛け合わせて分析することで、より大きなサービス改善を見込めることがわかってきた。

同社は、このようなデータ活用を社外に対しても広げることで、新たな価値を創出できると考え、企業間ビッグデータ連携の事業構想「データフォレスト構想」を策定。企業や自治体と実証実験を進めてきた。こうした動きを踏まえ、同社は今回、同サービスの立ち上げに至った。

具体的には、次の3つの機能を提供する。1つ目の「DATA FOREST INSIGHT People」では、同社のメディア事業のデータなどを基に、生活者の興味関心を可視化する。人気キーワードランキングといった俯瞰的な情報から、特定キーワードの「関連語」「時系列推移」「性年代などの属性分布」といった詳細情報まで分析可能。商品・サービス企画のための市場調査ツールとして活用できる。

2つ目は、エリア特性や人流を可視化する「DATA FOREST INSIGHT Place」。同社の位置情報データなどを基に、特定エリアにおける生活者の実態や動きを、まとめて可視化する。指定したエリアにいる人々の属性・特徴や流出入人口の推移、地域・スポット間の人流規模などを把握できるほか、性年代などの属性分布に加え、興味関心も紐づけて可視化できる。街づくりやイベント運営、出店計画などに利用可能だ。

3つ目は、同社が保有するビッグデータを活用したレコメンドエンジン「DATA FOREST ENGINE Recommend」である。顧客が提供する行動履歴データを用いることで、大量の情報の中からユーザーに適した商品や記事などを提示。メディアからECまで、幅広いサービスでの活用が想定されている。

これらの機能においては、顧客のユーザーIDとYahoo! JAPAN IDを連携することにより、高精度な分析が可能に。なお、IDの連携にあたっては、顧客のユーザーの同意が必要とされている。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ