新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.4.22

【アクセンチュア】アクセラレータ―プログラムカオスマップ2018年度版公開

【配信元】アクセラレータ―プログラムカオスマップ2018年度版公開|PRTIMES

オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」がアクセラレータ―プログラムカオスマップ2018年度版を昨年2017年度版に続き公開しましたので、お知らせいたします。
「オープンイノベーション」という言葉が発信されたPRTIMESのプレス数は2017年から2018年にかけて841件から1097件に増加。同様に、「アクセラレーションプログラム」(913件→1280件)、「共創」(605件→1153件)と伸びています。多くのプログラムが実施された2018年。国内で実施された150以上のアクセラレータ―プログラムを計測・分析の上マップ化しました。オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」がアクセラレータ―プログラムカオスマップ2018年度版を昨年2017年度版に続き公開しましたので、お知らせいたします。

「オープンイノベーション」という言葉が発信されたPRTIMESのプレス数は2017年から2018年にかけて841件から1097件に増加。同様に、「アクセラレーションプログラム」(913件→1280件)、「共創」(605件→1153件)と伸びています。多くのプログラムが実施された2018年。国内で実施された150以上のアクセラレータ―プログラムを計測・分析の上マップ化しました。

アクセラレータ―プログラムカオスマップ2018年度版

オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」は、「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーション※のパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。「eiicon」では有料でのサービスも展開しており、現在「eiicon」は、オープンイノベーションにチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。自社のニーズ、シーズをオープンにすることで、ビジネスパートナーとなり得る企業と繋がり、出会うことができるオープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、オープンイノベーションにまつわるさまざまな情報を発信する「eiiconlab」、リアルな出会いの場を創出する「event」、専門のコンサルタントによる「Sourcing Support」の4つの軸で日本にオープンイノベーションという新規事業創出手法を根付かせるためにサービスを提供しています。

「eiicon」は今後も、オープンイノベーション実践のための機会提供、そしてその支援に努めてまいります。

※2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。

「eiicon」とは

https://eiicon.net

オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」は、「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソースなどさまざまな情報を「eiicon」に登録することができます。それらの情報を発信し合い、企業同士が繋がることができる場が「eiicon」です。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業創出やオープンイノベーションなどの取り組みでお困りの方へ

弊社が開発しているThrottle(スロットル)は 新規事業創出/オープンイノベーション/ピッチイベントの プログラム運営管理に最適化された、日本初のサービスです。

Throttleの特徴

・新規事業やイノベーション創出のアイディアやプランを広く集め、実現に向けて推進するためのプログラム運営に必要な機能やサービスがすべて揃っています
・クラウドサービスのためシステム準備は不要、すぐに利用可能です
・基本機能であれば無料(0円)で利用可能です

詳しい機能の特徴やお問い合わせについてはサービスの紹介ページをご覧ください。

サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ