新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.4.22

ポストデジタル時代の到来を迎え、パーソナライズされたリアルな体験の提供が企業に新たなビジネスチャンスをもたらす――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2019」

【配信元】ポストデジタル時代の到来を迎え、パーソナライズされたリアルな体験の提供が企業に新たなビジネスチャンスをもたらす――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2019」|PRTIMES

「テクノロジービジョン2019」は、今後3年間でビジネスに大きな影響をもたらす重要なテクノロジーのトレンドを予測した年次調査レポートで、今年のテーマは「ポストデジタル時代の到来 – 次への備えはできているか(The Post-Digital Era is Upon Us – Are You Ready for What’s Next?)」です。企業は今、大きな転換期を迎えていますが、デジタル技術をうまく活用することにより、かつてないほど顧客を深く理解することが可能になるほか、消費者との接点増加や新たなパートナーエコシステムの拡大が実現できるようになります。しかし、デジタル技術自体はもはや差別化要因ではなく、ポストデジタル時代を生き抜く上で欠かせない「通行手形」のようなものと言えるでしょう。

全世界6,600人以上の企業経営層やIT担当幹部を対象にアクセンチュアが実施した同調査によると、回答者の79%が「具体的にはソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウドなどのデジタル技術は、部門ごとの導入期を経て、今では自社の技術基盤を支える中核になっている」と答えています。

アクセンチュアの最高技術責任者(CTO)兼最高イノベーション責任者(CIO)であるポール・ドーアティ(Paul Daugherty)は次のように述べています。「ポストデジタル時代の到来は、デジタル技術の終わりを意味するものではありません。むしろその逆であり、あらゆる企業がデジタル技術の特性を生かした取り組みを進める中、どうすれば他社より優位に立てるのかという新たな疑問を投げかけています。このポストデジタル時代においては、単にデジタル化を進めるだけでは十分ではありません。アクセンチュアがまとめたテクノロジービジョン2019では、有力な最新テクノロジーをうまく活用してビジネスモデルを革新し、顧客体験をパーソナライズするための方法を紹介しています。その一方で企業の経営層は、信頼や責任などに代表される人間的な価値観を重視することを一過性の取り組みとして捉えるのではなく、成功に欠かせない重要な要素であると認識する必要があります。」

「テクノロジービジョン 2019」では、急速に進化する今日の情勢の下でビジネスの成功に不可欠な5つの最新テクノロジートレンドを定義しました。

 

5つの最新テクノロジートレンド

 

❝DARQ❞の力(DARQ Power):”DARQ”のDNAを理解する

分散型台帳(distributed ledgers)、人工知能(artificial intelligence)、拡張現実(extended reality)、量子コンピューティング(quantum computing)の4つのテクノロジー、略して❝DARQ❞は、変革の呼び水として、企業に卓越した新機能を提供し、業界全体の再構築を可能にします。「これらのテクノロジーのうち、今後3年間で自社に最も大きな影響を与えると思われるものは何か」という質問に対しては、経営層の41%がAIを第1位に挙げており、これは分散型台帳の19%、量子コンピューティングの19%、拡張現実の18%をいずれも2倍以上上回る結果となりました。

「私」を理解せよ(Get to Know Me):唯一無二の顧客と機会を見つけ出す

消費者が活用しているテクノロジーやその活用方法、そこから得られるデータを基に、企業はテクノロジーによって裏付けられた一人ひとり固有の消費者像(テクノロジーアイデンティティ)を捉えることが可能になってきています。こうした生きた情報基盤は次世代の消費者を理解する手助けとなるだけでなく、ポストデジタル時代において体験に基づく、カスタマイズされた関係を消費者と築く上でも重要なカギとなります。本調査によると、経営層の83%が「デジタル・デモグラフィックス(デジタル動態統計)の活用により、企業は潜在的な顧客ニーズ発掘に向けた新たな市場機会の見極めが可能になる」と回答しています。

「ヒューマン+」としての労働者(Human+ Worker):新世代の労働者に、新世代の働き方・働く場を

労働者は「ヒューマン+(プラス)」(Human+)”という存在へと変わりつつあります。つまり、さまざまなスキルや知識に加え、テクノロジーによってもたらされる新たな能力を身につけることで、労働者一人ひとりがより大きな力を発揮できるようになります。ポストデジタル時代では、企業は従業員の新しい働き方を支援していくことが求められています。経営層の71%は「デジタル化に対しては、従業員の方が会社よりもうまく対応しており、逆に彼らは会社が自分たちのレベルに追いつくのを“待っている”状態である」と回答しています。

自身を守るために全体を守る(Secure Us to Secure Me):エコシステムでは誰もが感染元になりうる

エコシステムを活用したビジネスは相互のつながりによって恩恵を受けている半面、これらのつながりに起因するリスクにさらされる危険も増加しています。大手企業は、エコシステム全体と協働して優れた製品やサービス、体験を提供する取り組みの中で、セキュリティも担保する重要性を理解しています。一方、調査では「自社のエコシステム・パートナーが、セキュリティに関するコンプライアンスや復旧への対応に懸命に取り組んでいる」と答えた経営層は29%に留まるなど、エコシステム全体としての取り組みが不十分である点も浮き彫りになりました。

マイマーケット(MyMarkets):顧客ニーズに「今」応える

テクノロジーの進化により、より最適にカスタマイズされた世界とオンデマンドの体験が生み出されています。そうした中、企業がビジネス機会を捉えるには、組織の再編が不可欠です。企業に求められるのは、それぞれの機会を個々の市場――瞬間の市場――として捉えることです。経営層の85%が「カスタマイズされたサービスをリアルタイムで提供することが、競争優位性を確保する上で次の大きな波になる」と回答しています。

本レポートによると、デジタル変革の過程にある企業は、革新的なサービス、効率化、高度なパーソナライゼーションといった強みを今まさに追い求めている段階にあります。一方で、ポストデジタル時代の企業はそのはるか上を目指しており、市場そのものの仕組みを変えることで、他社を凌駕しようとしています。1つの市場から多数のカスタム市場に移行し、あらゆる瞬間にオンデマンドで対応しています。例えば、近年急速な成長を遂げている中国のECサイト「JD.com」(京東商城)は、”Toplife”と呼ばれるプラットフォームにより大々的な差別化を図っています。”Toplife”は、登録企業が独自のショッピング体験を提供する専用の店舗をECサイト上に設置することができるサービスです。登録企業は、単にEC小売りプラットフォームによるパーソナライゼーションの恩恵を受けられるだけでなく、最先端のロボティクスやドローン技術を用いて農村地域にも配達を可能とするJD.comのサプライチェーンを活用することができます。また同社は、ウォルマート(Walmart)との提携により、深セン市の実店舗において、8,000品目を超える製品を30分以内に顧客に配達するサービスを開始すると発表しています。類例のないカスタマイゼーションとスピードを提供することで、JD.comは瞬間を捉えることを可能にし、それによって新たな市場を生み出しています。

アクセンチュアは、ビジネスと産業界に破壊的な変革をもたらす新たなテクノロジートレンドを見極めるべく、約20年にわたって、あらゆる企業活動の領域に対して系統的な考察を行ってきました。今年のレポートの詳細については、 www.accenture.com/technologyvision-jp を参照するか、Twitterでハッシュタグ #TechVision2019 を検索してスレッドをフォローしてください。

調査方法について

毎年発表されるアクセンチュアの「テクノロジービジョン」は、アクセンチュア・ラボとアクセンチュア・リサーチが作成しています。今回の調査では、公的機関や民間企業、研究機関、ベンチャーキャピタル、ベンチャー企業に在籍する20名以上の有識者で構成される「テクノロジービジョン外部諮問委員会」から収集された知見を参考にしています。また、テクノロジービジョンの編纂チームは、テクノロジー分野の有識者や業界の専門家、アクセンチュアの経営幹部約100人に対するインタビューも実施しました。同時に、新しいテクノロジーの導入に関する実態を調査するために、アクセンチュア・リサーチが27カ国、20の業界にわたる6,672人の企業経営層およびIT担当幹部を対象に、主要な課題と優先的に導入、投資すべきテクノロジーについてオンライン調査を行いました。回答者の大多数は年間売上高60億米ドル以上の企業に所属しているCクラスの経営幹部および部門長が占めています

アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する47万7,000人以上の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業創出やオープンイノベーションなどの取り組みでお困りの方へ

弊社が開発しているignition(イグニション)は 新規事業創出/オープンイノベーション/ピッチイベントの プログラム運営管理に最適化された、日本初のサービスです。

ignitionの特徴

・新規事業やイノベーション創出のアイディアやプランを広く集め、実現に向けて推進するためのプログラム運営に必要な機能やサービスがすべて揃っています
・クラウドサービスのためシステム準備は不要、すぐに利用可能です
・基本機能であれば無料(0円)で利用可能です

詳しい機能の特徴やお問い合わせについてはサービスの紹介ページをご覧ください。

サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ