新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.5.23

「Uber Eats」利用者は2年で9倍に。スマホ利用者は7,000万人を超えるも、成長率は鈍化

「Uber Eats」利用者は2年で9倍に。スマホ利用者は7,000万人を超えるも、成長率は鈍化

【配信元】スマートフォンの利用者は7,000万人を突破 ~ニールセン 2018年の動向をまとめた「DIGITAL TRENDS 2018」を公開~|ニールセン

ニールセン デジタルは、PC版インターネット視聴率情報ニールセン ネットビュー(Nielsen NetView)、スマートフォン視聴率情報ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)のデータをもとに、2018年のPCとスマートフォンの利用実態をまとめたレポート「Digital Trends 2018」を公開した。トピックスを紹介する。

スマホ利用者は7,000万人を超えるも、成長率は鈍化

2018年第4四半期(10~12月)、スマートフォンからのインターネット利用者(月間平均)は、7,009万人となった。伸び率は2017年まで年々鈍化しながらも2桁成長を続けてきたが、2018年は計測後初めて一桁の成長率(+7%)となった。

Source PC:Nielsen NetView 家庭および職場のPCからの利用、スマートフォン:Nielsen Mobile NetView ブラウザおよびアプリからの利用
※NetViewは2歳以上の男女、Mobile NetViewは18歳以上の男女
※2016年10月までは2010年国勢調査、2016年11月以降2015年国勢調査結果を基に拡大推計を行っています
※PC版のNetViewは2015年10月データからの新システムへの移行に伴いデータの連続性が失われています

Instagramの利用者が2,000万人を突破

スマートフォンからのSNSアプリの利用状況を見ると、「Twitter」は利用者数が3,053万人と3,000万人の大台を突破し、前年同月比で10%増加している。また、2017年には「インスタ映え」で流行語年間大賞になった「Instagram」は2018年も引き続き堅調に利用者数を増やし、2018年12月で2,233万人、前年同月比で23%増加と3大SNSサービスで最も高い伸び率となった。

 Source :Nielsen Mobile NetView アプリからの利用 ※18歳以上の男女

Rakuten Pay、Pay Payがモバイル決済サービス全体の成長をけん引

モバイル決済サービス(上位11アプリを集計)では、利用者数が2,704万人と前年同月比でほぼ倍増した。特に、前年同月比で約3倍に利用者を増やした「Rakuten Pay」と、2018年12月に実施された「100億円あげちゃうキャンペーン」で急速に知名度と利用者を獲得した「Pay Pay」の2サービスがモバイル決済サービス全体の成長をけん引した。

Source: Nielsen Mobile NetView アプリからの利用 (RakutenPayはChannel レベルで集計)
※集計対象:「Rakuten Pay」、「おサイフケータイアプリ」、「PayPay」、「楽天Edy」、「nanaco」、「majica」、「Google Pay」、「モバイルSuica」、「WAON」、「Kyash」、「d払い」
※Mobile NetViewは18歳以上の男女
※「LINE Pay」は計測不可の為、集計対象に含まれていません

「Uber Eats」利用者は2年で9倍に

フードデリバリーサービスでは、「出前館」、「Uber Eats」ともに過去2年間で急成長し、2018年12月時点で利用者数はそれぞれ373万人、80万人まで拡大した。特に「Uber Eats」は利用可能エリアの拡大にともない、過去2年前から約9倍の顕著な伸び率を見せた。

Source: Nielsen Mobile NetView ブラウザ、およびアプリからの利用
※Mobile NetViewは18歳以上の男女

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業創出やオープンイノベーションなどの取り組みでお困りの方へ

弊社が開発しているThrottle(スロットル)は 新規事業創出/オープンイノベーション/ピッチイベントの プログラム運営管理に最適化された、日本初のサービスです。

Throttleの特徴

・新規事業やイノベーション創出のアイディアやプランを広く集め、実現に向けて推進するためのプログラム運営に必要な機能やサービスがすべて揃っています
・クラウドサービスのためシステム準備は不要、すぐに利用可能です
・基本機能であれば無料(0円)で利用可能です

詳しい機能の特徴やお問い合わせについてはサービスの紹介ページをご覧ください。

サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

ニュースリリースの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ