新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.10.5

今話題の仮想通貨によるICOとクラウドファンディングの比較

今回は『仮想通貨によるICOとクラウドファンディングの比較』というテーマのもと、ICOとは何なのか、投資におけるメリット/デメリットを紹介したうえで、クラウドファンディングとの違いについて説明していきます。

ICOとは?

ICOは「Initial Coin Offering」の略であり、暗号通貨を使ったクラウドセールです。企業が自分だけの仮想通貨(独自トークン)を発行し、VC(ベンチャーキャピタル)など投資家から開発費や事業費を調達する仕組みであり、すなわち株式を発行して投資家に購入してもらうことで資金調達を行なうのと同じ意味になります。

一般的な流れとして、まず投資家が事業者に対しビットコインやイーサリアムなど流動性の高い仮想通貨を提供し、事業者は受け取った仮想通貨を市場で現金に換金して、それを事業費に充てるというプロセスです。事業者は投資家に対し、仮想通貨の見返りとしてサービスや特典の提供を行ない、また、仮想通貨交換所は、受け取った仮想通貨が値上がりした場合、交換所ないし別の投資家への売却による利益を、投資家に付与する流れとなっています。

ICOの分類について

事業者の立場からすれば資金調達という目的は変わりませんが、それによって投資家が受け取る対価の性質には様々な種類があり、ICOは細かく分類すると6つのタイプに分けられます。以下はビットコインの最新情報を提供している総合メディア「ビットコインニュース」に掲載されていた分類図です。

(*1)

上記が大まかなICOの分類ですが、いずれもそれぞれの特性があり、仕組みや発行者側のメリット、法律での留意点など、各タイプによって異なります。いずれもリリース開始からまだ間もないプラットフォームであり、ICOを活用する際にどれを選べば良いか判断しかねますが、COSMAなどは 10月にオープンして話題を呼んでおります。

プラットフォーム

次に国内外における注目すべきICOプラットフォームについて見てみましょう。

上の6つは国内外における有名なICOプラットフォームであり、導入している仕組みや実践している取り組みなど、それぞれの特性があります。

メリット/デメリット

では、ICOのメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。

ICOの多くは割引で購入することが可能であり、投資家からの注目を集めるために初週のディスカウント率が低くなるケースがほとんどです。つまり投資家は発行された仮想通貨を安く買うことができ、事業者はその分の注目を受けることができるため、双方におけるメリットが含まれています。また、投資家は上昇前の初段階で仮想通貨を保有でき、将来有望な仮想通貨であれば多くの利益を手にできます。仮想通貨は価値が10~20倍に上がることもあり、将来における見込みや期待は十分です。

一方、ICOのデメリットは、先に述べたメリットに関する内容ですが、将来必ず上昇するとは限らず、公開されないまま終わる恐れも十分にあるという点です。さらに、国内ではクラウドセールの普及が広まっておらず、ICOの前例もまだまだ少ないため、どれくらい上がるのかという予測が立てられません。

クラウドファンディングとの違い

資金調達を行なう目的を持っていることから、クラウドファンディングと共通している部分は多く、投資家に対価としてサービスや特典を提供するという部分も、クラウドファンディングと同じ仕組みですが、異なる点はいくつかあります。

そもそも投資家から事業者へ出資するとき、クラウドファンディングでは金銭(実際のお金)で提供されますが、すでに述べたように、ICOの出資は仮想通貨です。また、クラウドファンディングでは、事業者がプロジェクトに出資してくれた投資家に、商品や特典、サービスなどを直接提供していますが、ICOの場合、投資家にはトークン(コイン)や仮想通貨などが渡されています。

さらに、クラウドファンディングは、投資家が受け取るリターンが二重譲渡の問題から、開発が必要なコストが高くなってしまいますが、ICOは仮想通貨の仕組みを利用して、投資家の権利をコインという形で自由に流通させることができるため、事業者は投資家への新しい特典やサービスの試みを行なえるようになっています。


さて、今回は『仮想通貨によるICOとクラウドファンディングの比較』について紹介しました。

日本ではまだICOが始まったばかりであり、クラウドファンディングと比べると知名度や活用率は高くありません。また、前例が少ない分、着手するにあたってリスクが伴われますが、従来の資金調達方法よりも安全性の高いブロックチェーン(分散型ネットワーク)を使っているため、安心して活用することができます。


(*1)  これだけは抑えておきたい仮想通貨ICO 6つの分類を徹底的に解説【詳細版】

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在、一緒に働いてくれる仲間を募集しています。

お陰様でパートナーやクライアントからご支持を頂き、営業せずとも紹介ベースで案件が増えています。しかしながら、一定のITリテラシーと事業開発に関わるスキルや経験を持った人材が不足しているため、新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導していただけるメンバーを募集しています。

私たちと一緒に日本から世界に誇れるサービスを作りませんか?

採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの基礎知識の記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ