新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.10.4

wena wristとBEAMSがコラボした腕時計が発売!その新モデルとは?

wena wristとBEAMSがコラボした腕時計が発売!その新モデルとは?

2016年にソニーが運営するプラットフォーム・First Flightにて、スマートウォッチのwena wristが開発され、国内クラウドファンディングでは歴代最高額(2017年9月現在)となる1億円以上を集めたことで話題を呼びました。そんなwena wristは、昨年末にBEAMSとコラボし、さらに進化した新製品がいくつか誕生しました。そこで、今回はwena wristとBEAMSがコラボした腕時計の新モデルについて紹介していきたいと思います。以下をご覧ください。

wena wristとは?

ソニー社によって発売されたwena wrist(以下wena)は、『見た目は腕時計そのままに、ステンレスバンド部分に機能を入れ込んだハイブリッドスマートウォッチ』(公式HPより)です。wenaは「wear electronics naturally」の略で、「人々にもっと自然に、違和感なく、ウェアラブルデバイスを身につけてほしい」をコンセプトに掲げており、2015年8月にクラウドファンディング上で資金募集を行ない、2016年より一般発売されています。

一般的なスマートウォッチはヘッド部分にスマートウォッチ機能が搭載されていますが、wenaはバンド部分に機能や電池などを集約しているため、ヘッド部分である時計のデザインは従来の腕時計同様デザインの制約がなく、スマートウォッチに見えないスタイリッシュさや格好良さが売りとなっています。

wenaのスマートウォッチとしての主な機能は

  1. 通知機能
  2. ログ機能
  3. 電子マネー機能

の3つで、余分な機能は排除したシンプルなつくりとなっています。通知機能は、スマホと連動して電話やメール、SNSなどをLEDと振動で知らせしてくれるものです。2つ目のログ機能は、歩数・消費カロリー・移動距離を記録し、腕時計で計測・記録までが行なえるようになっています。最後の電子マネー機能では、バンド部分にFeliCaチップが内蔵されているため、おサイフケータイのようにコンビニや自動販売機などで簡単に決済することができます。

wena wrist × BEAMS

wenaとBEAMSがコラボレーションし、wena wristにBEAMSという多面性のある新たな機能(a new spec)を搭載しました。「a new」は逆から読むと「wen a」となり、新しいテクノロジーが隠れていることを示唆しています。BEAMSコーポレートカラーのオレンジをアクセントに、カジュアルにもフォーマルにも取り入れやすいファッション性を追求した洗練されたフェイスデザインが特徴です。

wenaが出てきた当初は、シンプルなデザインのThree Handsモデルと、小さなインダイヤルを持つChronographモデルの2種類あるヘッド部分を差し替えられる程度でしたが、今回新しいヘッドがコラボレーションモデル「wena × beams」として登場。もともとヘッド部分の基本的な設計は、日本の時計メーカーであるシチズン製の正統派な時計デザインですが、そこに先に述べたBEAMSのコーポレートカラーのオレンジをポイントにしたコラボレーションモデルで、端正なデザインは多くのユーザーから高評価を得ています。

豊富なラインナップ

wenaとBEAMSのコラボ製品はThree HandsとChronographの2種類あり、全部で6つのラインナップが揃っています。

① Three Handsモデル

文字板に緩やかな「すり鉢形状」を採用したThree Handsモデル。この形状は文字板を斜めから見たときの視認性を高めると共に、単調になりがちな文字板に角度によって陰影が移り変わる微かなニュアンスを与えてくれます。

(型名:「WN-WT03B-H」、価格: 24,880円+税)

(型名:「WN-WT02B-H」、価格: 24,880円+税)

(型名:「WN-WB01S」/「WN-WT02S-H」、価格: 46,380+税)

② Chronographモデル

ベース文字板と外周リングの2体で構成された文字板を持つChronographモデル。サブダイヤルはベースの文字板から、微細な溝によって切り分かれていて、同一面にありながら別々のダイヤルであることを示唆するという機能を持っています。外周リングにも同様に時刻を示す12本の溝(スリット)が斜面部に入っていてリングを切り分けています。

(型名: 「WN-WC03B-H」、価格: 39,880円+税)

(型名:「WN-WC02B-H」、価格: 39,880円+税)

(型名:「WN-WB01S」/「WN-WC02S-H」、価格: 65,380円+税)


いかがでしたか。今回はwena wristとBEAMSのコラボ新製品について紹介しました。

今回紹介した「wena × beams」の新製品は9/3(日)より販売されており、Amazonなどに加え、日本経済新聞社の運営する未来ショッピング Powered by ENjiNEの公式ストアでも販売されています。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

成功/失敗 事例の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ