新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.3.14

クラウドファンディングの成功率はどの程度あるのか?

クラウドファンディングの成功率はどの程度あるのか?

今回はクラウドファンディングの成功率について考察していきます。
近年、クラウドファンディングを活用したさまざまなプロジェクトがあり、話題を集めています。しかし、そのほとんどが成功するまでに厳しいプロセスを経ており、決して安易なものではありません。また、プロジェクトとして成功を収めないケースもあり、失敗に終わるものも少なくはありません。では、クラウドファンディングを活用したプロジェクトの成功率はいかほどなものなのか、さっそく見ていきましょう。

世界最大のクラウドファンディング”Kickstarter”

アメリカ・ニューヨークに拠点を置くクラウドファンディングサービス”Kickstarter”は、2009年から始まり、これまで10万件以上のプロジェクトが成功しています。しかし、その反面およそ21万件ものプロジェクトが失敗に終わっており、全体的な成功率としては43%と、成功した事例の方が少なく、過半数以上が失敗という結果です。
その内訳を見てみると、「音楽」、「映像」、「出版」の3分野はいずれも成功率/失敗率ともにトップ3を占めており、当たるか否かは五分五分のジャンルです。また、「ダンス」、「シアター」のジャンルではおよそ7割近くの成功率を収め、全体の平均を一気に高めています。一方、「ファッション」に関するプロジェクトは難しいようで、失敗事例の方が成功事例よりも10,000件以上多く、成功率は30%を下回るほどです。
ちなみに、”Kickstarter”とともに「2大クラウドファンディング」と言われている、アメリカのクラウドファンディングサービス”Indiegogo”の全体成功率は10%代で、認知度や存在感が強いのに対し、成功するのは極めて難関となっております。

国内のクラウドファンディングサービスの成功率は?

2011年からサービスが開始された、日本初のクラウドファンディング”READYFOR?”は、これまで5,000件以上のプロジェクトで、累計で30億円ほどの出資金を募るなど、日本のクラウドファンディングサイトの中でも好成績を記録しておりますが、全体的な成功率はおよそ50%前後ではないかと推測されます
※競合調査はvisualizing.info/similarWebによる調査/計測より当社試算(2017年2月時点)

また、朝日新聞社が提供するA-portも同様に約50%前後だと想定されますが、MakuakeやCAMPFIREなどは、20-30%程度だと推測されるため、プロジェクト掲載を検討されている起案者の方は、そこも踏まえて最適なプラットフォームを検討する必要がありそうです。
一方で、2013年に設立された”Kibidango”では、これまでプロジェクトの80%以上が成功しており、高い信頼性と成功率を誇っていますし、弊社が運営するチケット購入型クラウドファンディングENjiNE(エンジン)  も、これまでに80%以上の高い成功率を実現しています。

成功するプロジェクトの秘訣とは

国内外含め、これまで数多くのプロジェクトを世に出してきたクラウドファンディングサイトですが、成功を収めてきたプロジェクトにはどのような特徴があり、また成功するための秘訣とはどのようなものなのでしょうか。
様々な要因がプロジェクトの成否に影響しますが、プロジェクトが共感を呼び、自然と口コミやSNSなどで拡散されるという点での重要な要素は、「世の中の人のことを考えているかどうか」だと考えています。たとえば新しいテクノロジーを使った事業を立ち上げた場合、それが世に広まって人々にどういうメリットを与えられるか、それが社会にどう貢献できるかなど、明白なプロセスと目的を持ったものでない限り、なかなか支援や購入者は集まらない傾向があります。
そのため、魅力的かつ世の中に必要と思われるものを企画することが、当たり前かつシンプルですが、成功するプロジェクトの共通点と言えそうです。言い換えると、きちんとした設計や企画・準備ができていない段階では、どんな内容であれ成功の確率は大幅に下がるため注意が必要です。

まとめ

今回はクラウドファンディングの成功率について紹介しました。クラウドファンディングを活用したプロジェクトは、たしかにインパクトと話題性が強く、ファンを獲得すれば成功する可能性も一気に高まります。しかし、実際に目立っているのは成功した事例ばかりであり、その裏では失敗したプロジェクトも多く存在しているのです。
今後、クラウドファンディングを介したプロジェクトを立ち上げたいと考えている人は、成功のビジョンばかりを掲げるのではなく、失敗のリスクもきちんと念頭に置きながら挑戦してみて下さい。

<参考にしたもの>
https://www.kickstarter.com/
https://readyfor.jp/

 

関連記事

https://www.en-jine.com/blog/articles/1544

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

無料でクラウドファンディングサイトを構築しませんか?

CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」は初期費用/月額固定費無料で導入できる、ネットワーク型クラウドファンディングサイト構築サービスです。 新聞社、WEBメディア・ポータルサイト、出版社・テレビ局、EC事業者や小売、メーカーなど、幅広いジャンルの企業様で導入・ご活用いただいております。 また、導入企業との連携によりサイト同士で相互集客やプロジェクト・商品の同時掲載ができるので、コストをかけずにプロモーション・PRの強化を実現します。
サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの基礎知識の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ