新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.7.19

「wena wrist leather」のご紹介。時計をスマートウォッチに変える中身と仕組みとは!?

ソニーのハイブリッド型スマートウォッチで、腕時計のバンドの中に電子部品を組み込んだ商品としては世界初となる「wena wrist」。2016年にはクラウドファンディングで1億円以上の資金調達に成功しました。

このように注目を集めた「wena wrist」から、電子マネー機能を内蔵した腕時計用レザーバンド「wena wrist leather」が、昨年12月より発売され話題となっています。

今回は「wena wrist leather」の中身について考察していきます。

機能と特徴

まず、wena wrist leatherの機能と特徴について5つ紹介していきたいと思います。

電子マネー機能

これまでのwena wristとは違って、新たに専用のFeliCaモジュールが搭載されています。いちいちスマホを連携する必要はなく、簡単に使い始めることができます。

充電フリー

wena wrist leatherは充電する必要がないため、バッテリーの残量を気にすることもありません。

お手軽さ

カード型の電子マネーのように使うことができるため、買い物や旅行など、シーンを問わずお手軽に安心して使用することができます。

防水性

新たに開発された専用のFeliCaモジュールは、もちろん防湿/防水性に優れています。湿気や雨から電子マネー機能を十分に守ってくれます。

付け替えて使用可能

wena wrist leatherは、18mm・20mm・22mmのラグ幅に対応しており、さまざまな腕時計に取り付けることができるため、その日の気分に合わせた腕時計に付け替えて使用することが可能です。

こだわり

ぎに、wena wrist leatherならではのこだわりをご紹介します。

タンナーの技術

素材にはしわが少なくきめ細かいカーフレザーを採用しており、タンナーと呼ばれる職人さんたちが、時間をかけて丁寧に”皮”を柔らかくしなやかな”革”へと変えています。

カラーバリエーション

wena wrist leatherは、4種類のカラーバリエーションがあり、ブラック・タウニーブラウン・ワインレッド・ホワイトが用意されています。

ほどよいサイズ感

女性の腕にも違和感なしにフィットさせるため、従来のwena wristよりもバンド幅を細く滑らかにする必要がありました。そのため、専用の超小型FeliCaモジュールを開発し、バンド幅18㎜という驚異の細さを実現しています。

wena wrist leather 22mm用 -Black- – (wena project)

https://www.en-jine.com/stores/wena/products/1403

wena wrist leather 22mm用を、現在弊社クラウドファンディングサイト・ENjiNEで販売しております。ヘッドとバンドを自由に組み合わせ、あなただけのオリジナルwena wristにカスタマイズしたり、お気に入りの腕時計をスマートウォッチにしたり、いろいろな楽しみ方を味わえます。

まとめ

いかがでしたか。スマートウォッチ文化が進んでいる昨今において、レザーバンドに電子マネー機能を搭載した時計というのは、これまでにない革新的な要素が詰まっています。

ぜひお手に取ってみてはいかがでしょうか。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

テクノロジーの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ