新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.4.24

母の日に関連したクラウドファンディングプロジェクト5選

もうすぐ母の日。今年の母の日は5月13日の日曜日だそうです。日頃の感謝を込めて贈るプレゼントは、やはり特別なものが良いですよね。そんな中、近年クラウドファンディングでは、母の日に関連したプロジェクトがいくつか実施されています。一体どのようなものなのでしょうか。そこで今回は「母の日に関連したクラウドファンディングプロジェクト5選」について紹介していきます。

<母の日ギフトに!>生まれてくる赤ちゃんとプレママのための「マママスク」

https://www.makuake.com/project/mamamask/

株式会社デルフィーノケアは、ママや赤ちゃんのための新製品開発資金調達を目的に、クラウドファンディングサイト・Makuakeを通じて、抗菌をテーマにした母の日ギフトをリターン品としたプロジェクトを開始しました。同社は“働くママやプレママを感染から守る”を掲げており、ママや赤ちゃんが安心して暮らせる世の中の実現を目標に、今回新たに、ママのためのマスク「MAMA MASK(マママスク)」の開発を行っています。

多くの妊娠中のママが感じる不安な気持ちを少しでも和らげることができればと思い企画し、抗菌グッズのセットで「安心安全」を贈るといった新しい形の母の日ギフトとして提案された本プロジェクト。目標額は30万円ですが、募集期間が4/10時点ですでに488,700円の資金を集めています。

リターン品は、とつきとおかセット(マママスク、抗菌ミニスプレー、ヴェレダマッサージオイル)をはじめ、赤ちゃんを迎えるためのママには嬉しいギフトを全8種類用意されています。すでに目標額には達していますが、4/27(金)まで支援を受け付けています。妊娠中の奥様をもつ旦那さんは、ぜひ母の日ギフトとして、マママスクを手にしてみてはいかがでしょうか。

思い出に残る母の日に!フラワーギフトと撮影イベントを開催!

https://readyfor.jp/projects/7666

山形県鶴岡市でフラワーデザイナーとして活躍している土岐和正さんは、1年の中でも多くの花が取り扱われる特別な母の日を、もっと想い出深く、そしてかけがえのないものに出来ないかと考え、「花と植物で埋め尽くされた撮影イベント」を開催するためのプロジェクトを、2016年に実行しました。

土岐さんは、2016年5月8日(日)の母の日に行う花と植物でデコレーションした空間での撮影イベントに向け、花代やカメラマンさんの費用、イベント開催費の一部など、不足している80万円分を、クラウドファンディングサイト・Readyforにて調達したところ、見事目標額を上回る820,000円を集めることに成功。同イベントは、山形県鶴岡市のリラクゼーション型デイサービス/訪問看護ステーション「ふらっと」の施設建物内にて実施され、花と笑顔を彩った素敵なイベントとなったようです。

『Mommy/マミー』グザヴィエ・ドラン監督最新作プレミア上映!

https://motion-gallery.net/projects/mommy-dit

カナダの俳優・映画監督であるグザヴィエ・ドランさんの最新作「Mommy/マミー」(2014年)が、クラウドファンディングサイト・MotionGalleryを通じて、ドライブインシアターin相模湖(さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト駐車場内特設会場 )でプレミア上映会を行うプロジェクトが実施されました。

同作は第67回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した話題作であり、各映画サイトにて好評価を得ている作品です。このプロジェクトでは、映画の上映だけでなく、出資してくれた支援者に対しリターンとして、「Mommy/マミー」のフライヤー、特別版ポスター、プレスブックなどが贈られ、さらに、劇中に出てくるネックレスも提供されています。

息子のスティーヴが母のダイアンにプレゼントするネックレスで、グザヴィエ・ドラン監督公認の限定&非売品グッズです。映画をご覧いただくと分かるのですが、劇中に登場する大事なアイテムです。プロジェクトページでは、このネックレスを「母の日のプレゼント」としておすすめしており、映画のストーリー性だけでなく、リターンであるネックレスもコレクターの間では大変人気となりました。

離れていても家族との繋がりを音で感じる IoT×鳩時計「OQTA」

https://www.makuake.com/project/oqta/

OQTA株式会社は、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて、離れていても家族や大切な人との繋がりを音で感じるIoT×鳩時計「OQTA Clock」の先行販売を開始しました。通常価格は29,800円(税込)ですが、Makuakeでは早期予約割引として、定価から2,800円~4,800円引きのコースを用意しています。

OQTAは“8”を意味しており、大切な人と、その人を思う8人以下の人数で構成される音のコミュニケーションサービスです。 大切な人のことを思い出した時、スマホアプリのボタンをタップすると、相手のもとにある鳩時計の音が鳴り、その音を聴いた人は “今、誰かが思ってくれた” ということがわかります。

“1秒の音で届けるシンプルなコミュニケーション”として活用されているOQTAは、遠く離れた地に暮らす母親や、実家で暮らすおばあちゃんなど、普段はなかなか会えない家族とのコミュニケーションにはぴったりのアイテムです。母の日ギフトとして贈って喜ばれること間違いありません。

【Famarry】大好きな家族の最高の笑顔を残す、
世界一幸せなサービスを創りたい

https://www.en-jine.com/projects/famarry

絆を深めてきた、日々の証。 家族写真撮影カルチャーを広め、笑顔の瞬間を増やしたい 子どもが小さいうちは、多忙のうちに日々が過ぎていってしまいがち。私たちはご家族の「特別」な思い出を、腕の良いプロの写真家に残してもらうサービスを手頃な価格で提供します。 今回は、撮影カルチャーを日本中に広めたいという気持ちを込め、モニター価格としてさらにリーズナブルにおさえました。 明瞭なプランと万全なサポート体制で、みなさんの「素敵な家族写真をもっと気軽に」を後押しします。

株式会社Fammaryは、ウェディング撮影の予約サービスを運営しており、大切な人との絆を深める大事な人生の節目において、世界中のカップ ルたちのかけがえのない大切な瞬間や想いをカタチに残す活動を行っています。そんな中、2016年にはクラウドファンディングサイト・ENjiNEを通じて同プロジェクトを行い、リーズナブルな価格で家族のもとへ出張撮影しに行き、素敵な瞬間を切り取るサービスを施行しました。

ENjiNEはチケット購入型クラウドファンディングであるため、コレクターに向けたさまざまなプランを販売。「モニター撮影会」、「マタニティフォトの出張撮影」、「家族写真出張撮影」、「新生児撮影」、「8時間撮影分チケット」など、3,000円〜100,000円のプランが用意されていました。

また、用意されたチケットの中には、日頃の感謝を伝えるために、母の日のためのフォトプラン「母の日特別フォトプラン」(14,800円)も設けられており、プロのカメラマンが、母と子、祖母と孫など、色々な形で母の日を彩った魅力あふれるプランとして話題になりました。

まとめ

さて、今回は「母の日に関連したクラウドファンディングプロジェクト5選」を紹介しました。

母の日ギフトといえば、花束やワイン、桜色のスイーツなどが定番でしょう。しかし、クラウドファンディングでは、そんな母の日をさらに特別な1日として彩る斬新なアイデアが詰まったプロダクトがたくさん存在します。また未来ショッピングでは感謝の気持ちを伝えるための限定ギフトを用意しております。

もうすぐ母の日。皆さんも今年は少し味を変えた母の日ギフトを、クラウドファンディングで探してみてはいかがでしょうか。

Facebookページから最新情報をお届け

本記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。気になる方はFacebookページへの「いいね!」をお願いします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ