新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.4.27

カープと奥田民生がコラボ!?ファンの願いが詰まった「夢の応援バッグ」が話題に

カープと奥田民生がコラボ!?ファンの願いが詰まった「夢の応援バッグ」が話題に

中国新聞社が運営するクラウドファンディングサイト「カナエンサイ夢」にて、広島カープファンの願いが詰まったオリジナルの「夢の応援バッグ」をつくろう!キャンペーンが4/14(土)よりスタート。リターン商品は、シンガーソングライター・奥田民生さんのサイン入り応援バッグ、さらに、奥田さんの応援メッセージ特集紙面に名前が掲載されます。目標額300万円で始まったこのプロジェクトは、わずか3日間で636万円の資金調達に成功しており、今最も注目されているクラウドファンディングのひとつです。

今回はそんな「広島東洋カープ目指せ34年ぶりの日本一Carp×奥田民生×中国新聞 夢の応援バッグをつくろう!」プロジェクトについて紹介していきます。

プロジェクト概要

「今年こそ日本一を!」。中国新聞社はカープファンの願いが詰まったオリジナルの「夢の応援バッグ」を、限定で1,000個(赤色Ver.500個、紺色Ver.500個)作ります。デザインは自身も広島出身で熱烈なカープファンであるミュージシャン・奥田民生さんに協力いただき、奥田さん直筆のサイン入りとして提供予定。支援者の名前は、奥田さんの応援メッセージを大きく載せる特集紙面に掲載(6月頃)し、悲願達成への機運を盛り上げていこうというプロジェクトです。

奥田民生さんは、1987年にUNICORN(ユニコーン)のボーカル・ギターとしてデビューし、1994年からソロ活動、1996年には女性デュオ・PUFFYの音楽プロデューサーを務め、1998年からギター一本の弾き語りライブ「ひとり股旅」で全国を周るなど、幅広い音楽活動を行っています。最近では、自身の名前が使用された映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」が公開され、若い世代からも熱い支持を受けています。

奥田民生&広島カープ

先に述べた通り、奥田さんは自身が広島出身ということから熱烈なカープファンであり、これまで広島カープにまつわるイベントにたくさん参加しています。

2015年には、広島カープの本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で、単独ライブ「奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム」を主催したり、2016年には広島カープ25年ぶりのセ・リーグ優勝を記念して開催された「VIVA!真赤激!」に出演し、全国38スクリーンでライブビューイングされたり、また近年では広島カープの応援歌の制作依頼が奥田さんのもとに来るなど、奥田民生と広島カープのつながりは凄まじいものとなっています。

「夢の応援バッグ」製品詳細

今回のこの「夢の応援バッグ」の製作は、日本伝統の前掛け専門店の有限会社エニシングの職人さんが行います。原料はすべて綿で、一枚一枚織り上げられた前掛けの生地はとても丈夫です。紐は広島県福山市産のものを使っており、白と紺の2色の綿の太い糸を編み上げ、しっかりとした作りのものです。

前掛けの生地は、愛知県豊橋でおよそ70〜90年前の「シャトル織機(しょっき)」と呼ばれる古い織機で作られています。分厚いのに、軽くて持ちやすく柔らかい前掛けの生地は、バッグとして使っても丈夫です。糸づくりから最終工程まで、全て日本国内で製作しており、日本の伝統文化を継承させたいといった、そんな想いを込めたプロジェクトとなっています。

販売チケット一覧

Carp×奥田民生×中国新聞 夢の応援バッグ(赤Ver.)

Carp×奥田民生×中国新聞 夢の応援バッグ(紺Ver.)

4/17(火)現在、すでに紺Ver.は販売終了していますが、赤Ver.の方はまだ残りがあるため、皆さんもこれを機会にゲットしてみてはいかがでしょうか。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ