挑戦者たちと共創し、シナジーを
生み出す
環境を提供する
イノベーションワークプレイス事業

Innovation Workplace Business

Scroll

Relic Squareは、志の高い挑戦者の
事業共創に特化したイノベーションワークプレイスです。

ゼロベースの仮説検証支援からグロース支援まで、
新規事業に関わる全領域をカバーするRelicだからこそ、空間を共有する
ことで生まれるシナジーも重要だと考え、事業開発に必要な一切合切を
ソフト・ハードの両面でご用意しました。

Relic Squareはイノベーションを共創するインフラとして
志の高い挑戦者と大義ある挑戦に共創します。

新規事業開発を加速させる
3つのソリューション

Relic Squareは、ただのコワーキング
スペース事業とは異なる、3つの機能があります。
お客様にあわせて、統合的にサービスをご提供します。

-SOLUTION 01-
事業シナジーを生む
オフィス空間

出島環境を欲している企業の方向け

事業開発力が欲しいCVCの方

ただ、その場で作業するだけのオフィスではありません。
ただ、その場で交流を深めるだけのオフィスでもありません。
Relic Squareでは、関わる事業者すべての方が有機的にシナジーを生み出す空間です。

01)

事業開発のプロが集う場所

現役経営者、起業経験者、新規事業立ち上げ経験者を中心とした多様な人材交流が行われており、事業課題だけでなく組織課題や会社や事業を大きくする際のリアルなアドバイスを受けることができます。

02)

リーンなセットアップ出島環境

過剰・課題な投資を抑えながら、本社のルール、環境から物理的に隔離した環境をご準備できます。リーンに事業開発に集中できる環境の準備が可能です。

03)

各種イベントの会場利用

Square会場の貸し出しも行っております。用途に合わせて会場を利用いただけます。

04)

週末利用も可能な3rd Place利用

気軽に3rd Place的な利用が可能です。スタートアップさながらの事業検討合宿や集中討議のために集まる場として活用いただけます。事前に申し入れいただけましたら週末も利用可能です。

- 施設紹介 -

Relic SQUARE ZERO

Relic Square自社運営拠点。
その場でフルパッケージ支援が受けられる
事業開発特化型シェアオフィス。

東京都渋谷区恵比寿3丁目9−29

提携施設
Core place 新富

セキュリティレベルまで考慮に入れ、快適性、
安全性を両立したシェアオフィス。

東京都中央区入船3-6-14

- 入居フロー -

01

フォームで
お問い合わせ

02

入居前面談

03

入居手続き

-SOLUTION 02-
インキュベーション施設の
充実した運営

インキュベーション施設運営を
任せたい行政の方

事業開発力が欲しいCVCの方

ハードは整えた。でも、事業が育たなかった。こうした施設のお悩みを解決できます。
施設運営は起業経験者、新規事業の取り組み実績経験者がフォローアップ
するため、入居者の課題に寄り添い共創が可能です。

01)

事業開発に関する体系的なコンテンツ提供

現役経営者、起業経験者、新規事業立ち上げ経験者を中心とした多様な人材交流が行われており、事業課題だけでなく組織課題や会社や事業を大きくする際のリアルなアドバイスを受けることができます。

各種イベント・セミナー

ピッチコンテンスト・社内ビジコンなど多様なイベントを行っています。

ビジネスマッチング

幅広い多様な顧客基盤を活かしたビジネスマッチングを実施しています。

e-ラーニング・ボード
ゲーム

新規事業開発ノウハウを体系的に学べるe-ラーニングや・ボードゲームの提供が可能。

各種プロダクトの利用

新規事業開発を力強くサポートする、Relicオリジナルプロダクトを利用できます。

02)

様々な事業経験を持つ
伴走者が在籍

北嶋 貴朗

代表取締役CEO | Founder

大庭 亮

取締役CTO l Co-Founder プロダクトイノベーション事業本部長

倉田 丈寛

取締役CGO l ビジネスイノベーション事業本部長

大丸 徹也

取締役CRO l Co-Founder 兼 ストラテジックイノベーション事業部長

黒木 裕貴

執行役員CCO l Co-Founder プロダクトディスカバリー事業部長

小森 拓郎

執行役員 イノベーションキャピタルセンター長

すべてのメンバーを見る

-SOLUTION 03-
日本最大の
新規事業開発プロ組織
Relicの共創支援

インキュベーション施設運営を
任せたい行政の方

事業開発力が欲しいCVCの方

新規事業開発に特化した高い専門性を有するプロフェッショナル人材と、
ビジネスの成功確率を高めるインキュベーションテック、ベンチャー・スタート
アップ投資の三位一体で、リアルなイノベーションマネジメントを提供します。

01)

新規事業の立ち上げから成長/拡大に
コミットする日本最大のBTC集団

新規事業には、「事業戦略と実行力」「テクノロジーによる革新と開発力」「クリエイティブな発想と制作力」が有機的に融合したチームが必要です。Relicは貴社が手薄な部分をアメーバのようにカバーし共創にコミットすることで、新規事業の成功に貢献します。

02)

0→1で終わらない新規事業における
全フェーズ対応

ユーザー価値の発見から、持続可能なプロダクトの価値提供まで、新規事業における成果創出を最大化します。Relicのものづくり集団は「事業本意」であることを最も大事にしています。事業本意とは事業目的を達成することを最優先にし、場当たり的な開発を避け、事業成長に貢献しない過剰な機能を削ぎ落とし、事業家をエンジニアリングやデザイン面から支援する姿勢とノウハウを指しています。

「ビジネス」プロトタイピング

課題-解決策-価値のそれぞれについて仮説を持ち、「誰のどのような課題を、どのように解決することで、どのような価値を提供するか」という問いに答えていく取り組みです。

「プロダクト」プロトタイピング

デザイン-機能-体験のそれぞれについて仮説を持ち、「このデザインや機能で、どのような体験を提供するか」ということを検証し、プロダクトのイメージを固めます。

一気通貫の開発体制

各ジョブロールが集まり、緊密に連携しコミュニケーションコストを抑えることで、高い機動性を実現しています。これにより、新規事業では必ず起こるピボットへの迅速な対応やスムーズな意思決定が可能となります。

03)

大企業からスタートアップ・中堅中小企業に対応

アントレプレナー(起業家)・イントレプレナー(企業内起業家)・ネクストプレナー(事業承継や第二創業を担う次世代の起業家)すべての挑戦者、スタートアップ企業から大企業、公共団体など組織形態を問わないフォローアップ体制を有しています。また、Relicでは現在、日本全国へ13拠点を構え、全国各地の企業様とのお取引やサービス導入も順調に拡大しています。

ワークプレイスを活用した
事業開発を加速させる
取り組みの事例

施設ポテンシャルを引き出す為に重要なのは、施設運営ノウハウに加えて、多様なコンテンツが提供できるかだと考えています。教育研修はもちろん、セミナーやピッチイベントなど実施しています。

自治体・行政との連携

STATION Ai

STATION Aiは2024年10月、名古屋市鶴舞公園南側に開業予定の国内最大のインキュベーション施設です。

Relicは、愛知県の「Aichi-Startup戦略」に基づいた「STATION Aiプロジェクト」に参画しました。愛知県、STATION Ai株式会社と連携し、「あいちStartup Camp」「ACTIVATION Lab」「STAPS」の3つの事業を柱としたアクティベート支援の企画・運営を行っています。

企業共創事例

大企業のインキュベーション施設の構築実績などが多数あります。「成果を上げる社内新規事業」を作り出すためのサテライトオフィス環境の構築や、人材発掘・事業支援を兼ね備えた出島環境の構築支援を実施。

豊富な研修

セミナー、勉強会、研修など豊富な教材があります。集合型研修、ピッチ大会、企業内新規事業を楽しみながら体験・学習できるボードゲームなど豊富なラインナップをご用意しています。

- 運営母体Relicについて -

新規事業開発や
イノベーション創出を
共創・支援する
「事業共創カンパニー」

新規事業開発に特化した高い専門性を有するプロフェッショナル人材と、新規事業開発の成功確率を高めるインキュベーションテック、ベンチャー・スタートアップ投資の三位一体で、リアルなイノベーションマネジメントをご提供するリーディングカンパニーです。

詳しくはこちら

大企業の共創実績

大企業における起業・新規事業を全方位的に支援。事業開発が断続的に生まれる事例を多数輩出。

and more...

スタートアップ共創実績

Relicでは、スタートアップスタジオの運営やスタートアップへの直接投資も
行っております。それらを通じてRelicグループ内での起業輩出10社以上、
30社を超える外部スタートアップへの投資および育成を行っています。

資料請求・お問い合わせ

出島環境を求める企業や、事業開発力が欲しいCVCの方、そしてインキュベーション施設運営を任せたい行政の方。Relic Squareに関する資料請求、お問い合わせをお待ちしております。