UI/UXデザイン・プロトタイピング

顧客/ユーザーの解決すべき課題やニーズをデザイン思考やカスタマージャーニー等を活用して抽出し、その解決策となるソリューションやサービスにおけるMVPの検討・制作によるプロトタイピングを通じてPoCを適切に実施します。また、実際のプロダクト・サービス開発におけるクリエイティブディレクション〜UI/デザイン制作、広告クリエイティブ制作等を通じてあらゆる面からサービスデザインを支援します。

  • TOP >
  • SERVICE >
  • UI/UXデザイン・プロトタイピング

Relicが実践しているサービスデザインの特徴

新規事業におけるサービス開発は変化や競争が激しく、予測し難しい領域です。不確実性の高い事業立ち上げのフェーズではユーザーにとって価値のあるサービスを検証とフィードバックを通じて成長させる必要があります。

Relicは創業以来、さまざまな領域のサービスを世の中にリリースしてきました。
ここではRelicだからできるサービスデザインの特徴を紹介します。

デザイン思考とアジャイル開発を用いたサービスデザインプロセス

サービスを開発して公開することがサービスデザインのゴールだとは限りません。より長く使っていただけるサービスを生み出す為にはサービス提供者と利用するユーザーとの間の長期的なインタラクションを設計する必要があります。Relicでは近年広まりつつあるデザイン思考プロセスを早期から取り入れてアイデアの創造から形にするまでの一連の工程を実施しております。また実際の開発ではスクラムを用いたアジャイル開発を採用しております。アイデア創造、デザインからサービス開発までを短期間サイクルで形にしてゆくことで、実現性のないアイデアではなく、ユーザーに形のあるものを最短で提供することができます。

少数精鋭のメンバーでUI/UXデザインから開発まで一気通貫で担当

従来の開発の場合、分析/デザイン/実装/テストといった開発工程がそれぞれ独立して行われていたため、各工程におけるメンバー間の意識のズレから開発が進むにつれて当初構想していたアイデアから乖離してしまうケースがありました。Relicではエンジニア・デザイナー・アナリストなど、プロジェクトに合わせたメンバーとお客様でチームを構築。各領域の専門性のあるメンバーがUXを検討するフェーズから参加し、アイデアを形にします。また、すべての工程を同じメンバーがサービスローンチまで担当するのでチーム間でズレのない迅速な開発を可能としています。

従来の開発

分析、実装、テストといった開発工程がそれぞれ独立していた。
・メンバー間の意識のズレ
・その他工程での依存度が高い為、一度工程が進むと前工程には戻りづらい
・コンセプト設計の段階にいたメンバーが開発工程では不在、エンジニアやデザイナーへの共通意識が薄まり、当初から思い描いていたアイデアから遠ざかったものが開発されてしまう。

→時間をかけて構想を練ってもサービスローンチ時に「思い描いたサービスとは異なる」ものが出来上がってしまう..

Relicの開発

コンセプト設計~開発までを同じメンバーで共創
・それぞれの専門的知見や多様な価値観を合わせて、新しいアイデアを創出
・スクラム開発によりスプリント期間ごとに開発方式をプロジェクトに合わせて改善

繰り返し行われるブラッシュアップ

多くのユーザーに使われるサービスを作るには多くの試行錯誤の中から新しい発見を得る工夫が必要になります。早期の段階から実際に実機で動作するプロトタイプはデザインだけでは把握できなかった実機操作ならではの改善案を出すことができます。リアルな操作シーンを実際に体験しながらの改善が強みです。

私たちが実践していること

アイデアをカタチにして事業にしてゆくために私たちが実践していることをご紹介します。

課題の発見

ユーザーの行動を観察して、ユーザーがどのような行動を取っているかを発見します。また、ユーザーの一連の行動をカスタマージャーニーマップ等を利用して図式化します。サービスを通して得た感情、目標、インタラクション、障害などを察知することで潜在的な課題を発見することができます。

実践しているサービス・ツール

  • ペルソナ
  • 共感マップ
  • カスタマージャーニー
  • ユーザーインタビュー
  • etc..

問題定義

どのようなユーザーや問題や課題に対して、デザインしようとしているかを明らかにしてゆきます。デザイン課題、最終的に望ましい状況(目標)、アイデア出しの方向性が明確になります。今回のサービスに対して一番使って欲しい人はどのような人なのか、その想定されるユーザーだったらどのようなシチュエーションでサービスを利用してくれることが理想なのかといったサービスの軸となるコンセプトを設計します。

実践しているサービス・ツール

  • サービスコンセプト設計
  • インセプションデッキ
  • 要件定義
  • etc..

プロトタイプ (アイデアの可視化)

サービスがユーザーの行動にどう適応するかをデザインするには、多くの目に見えない曖昧で複雑な要素を理解し、考慮することが必要です。ワイヤーフレームはデザイナー・エンジニアや関係者間でアイデアを議論したり、ページ内の情報要素の整理等、仕様を固めてゆく中でも重要になってきます。プロトタイプは机上のものだったアイデアを形にすることで本来得ることができなかった新しいアイデアを発見できる強力なツールになり得ます。 Relicでは複数の視覚化ツールや手法を使い、曖昧なイメージを具体的に起こしてゆきます。多くのユーザーに使われるサービスを作るには多くの試行錯誤の中から新しい発見を得る工夫が必要になります。

実践しているサービス・ツール

  • ワイヤーフレーム
  • プロトイタイプ
  • コンセプトムービー
  • etc..

UIデザイン

PCに最適化したサービスからスマートフォンアプリまで、想定ユーザーにとって使いやすいデザインを作成します。またデザイナーと一緒にエンジニアが参画するので、開発の実現性も考慮された出戻りの少ないデザインを実現することができます。また、技術的観点からのセキュリティリスクなど、実際に画面デザインを作成しながら見えてきた課題も適切にフィードバックし、デザインに取り入れてゆきます。

実践しているサービス・ツール

  • UIデザイン(Sketch, Adobe XD, photoshop 等)
  • インタラクション設計
  • etc..

評価・検証

上記工程で実装されたUIデザイン/プロトタイプをユーザーや顧客に触って検証します。Relicではデザインスプリントを取り入れたアジャイル的な開発を行っているので
開発からローンチ後も短期間のサイクルでデザインをブラッシュアップしてゆきます。

デザイン思考研修・ワークショップ

アイデアが生まれやすい組織にするため、企業向けにデザイン思考研修・ワークショップを行っております。研修を通じてデザイン思考プロセスを体現していただくことができます。

Top