新規事業創出プログラム支援

2019/12/28
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

新規事業アイデアやプランの公募・創出、適切な案件管理・評価、事業会に向けた推進及び、新規事業創出人材の育成や伴走型のメンタリング、効率的な事務局運営など、新規事業創出に関わる業務を一貫してご支援するプログラムを提供しています。

新規事業創出プログラムとは

新規事業創出プログラムでは、新規事業アイデア創出のためのプログラム設計/運営から、そこから生まれた新規事業アイデアを基にした事業戦略/企画の検討、PoC/事業化フェーズにおける仮説検証/実行まで、新規事業創出に関わる業務を一貫してご支援いたします。

ご支援フェーズは、大きくは以下の4つに分かれます。

新規事業創出プログラム運営/制度活性化:
新規事業アイデアを創出するためのアイデア公募・社内イベント等のプログラムを設計し、運営支援を行います。

課題の洗い出し/事業コンセプトの設計:
上記取組にて創出された新規事業アイデアをブラッシュアップし、事業戦略や計画、ビジネスモデル等の検討を支援します。

仮説検証(設計/PoCフェーズ):
上記で策定した事業仮説を検証するための市場調査やテストマーケティング等のPoC(Proof of Concept:概念実証)の実行支援を行います。

仮説検証(事業化フェーズ):
事業化に際しての、初期ターゲット顧客/アライアンスパートナー候補の検討や、プロモーション/営業方法の企画及び実行支援を行い、実施状況に応じた事業の方針変更やグロース戦略の検討等を支援します。

また、上記③と合わせて、高速な仮説検証を行い、形式知化とノウハウ蓄積に寄与します。

仮説検証

具体的な実施内容

お客様のご要望に合わせて、フェーズ毎に様々な業務領域でご支援させて頂いております。なお、下記に記載の項目以外も実施可能ですので、ぜひご相談ください。

新規事業創出プログラム運営・制度活性化

新規事業アイデア創出のためのアイデア公募・社内イベント等のプログラム全体設計及び運営支援を行います。

・事業ポートフォリオ検討:
収益性や安全性、成長性等を基にした、新規事業を通して注力していく事業領域の選定や、現在の事業領域の見直し・組み換え等の検討

・予算配分/投資判断:
事業ポートフォリオに基づき、各事業領域の予算配分の策定及び、新規事業創出プログラムのための投資判断の検討

・応募要項/ガイドラインの策定:
新規事業のアイデア公募における応募要項や、アイデア提出時の記載事項/フォーマットや提出方法等のガイドラインの策定

・社内イベントの企画/運営:
応募のあった新規事業アイデアに関する、ビジネスプランのプレゼン/審査会等のイベントの企画及び運営の支援

・評価基準等の設計/運用:
新規事業アイデア/ビジネスプランを審査する際の、市場性・収益性・競合性等の評価基準や方法等の設計及び運用の支援

・メンター等のルール設計/手配:
定期的な相談やアドバイスによる、新規事業創出ご担当者様のメンタリング等のルール設計及びメンターの手配

・社内告知/事業アイデアの公募:
社内ポータルサイトや対面での会合等を通じた新規事業創出プログラム実施の社内告知や、新規事業アイデアの公募

>>新規事業創出プログラム運営・制度活性化支援について詳しく見る

 

課題の洗い出し・事業コンセプトの検討

新規事業アイデアの公募にて創出されたアイデアをブラッシュアップし、事業プラン、ビジネスモデル等の検討を支援します。

・ユーザー課題抽出:
新規事業アイデアにおけるサービスの対象となるユーザーに関する課題の洗い出し、重要度・優先度等を基準にした課題の抽出

・リーンキャンバス作成:
上記抽出した課題や解決のためのサービス、事業の競合優位性等を整理し、リーンキャンバス(事業構造を1枚紙に整理するシート)を作成

・ビジネスモデル検討:
対象ユーザー/サービスの提供価値/販売チャネル/お金の流れ等を図示しながら、ビジネスモデル(収益の仕組み)を検討

・事業プラン策定:
事業の戦略やサービス、組織体制等の整理と、短期・中長期毎での事業目標の設定及びロードマップ/スケジュールの策定

・マイルストーン/KPI設計:
上記で策定したロードマップやスケジュールにおけるマイルストーン/KPI(事業目標達成のための中間目標)の設計

・コアコンピタンス検討:
自社の保有するアセット(ヒト・モノ・カネ・ノウハウ等)を基にした新規事業における競合優位性となるコアコンピタンスの検討

・事業計画(PL)作成:
事業の短期・中長期的な事業計画を基にした、必要な資金計画(事業フェーズ毎の必要資金、資金の調達方法等)の作成

・仮説検証アプローチ設計:
上記にて策定した事業プランの仮説を検証するためのPoC等、検証アプローチの設計(検証項目毎の施策実施等)

>>課題の洗い出し・事業コンセプトの検討支援について詳しく見る

 

仮説検証(設計/PoCフェーズ)

市場調査やテストマーケティング等のPoCを通じて、事業プランの仮説検証の支援を行います。

・顧客獲得/営業戦略立案:
顧客獲得のための販売チャネル(web/対面営業等)や、営業方法(自社の直接営業/アライアンス活用等)の戦略の策定

・リスク分析:
事業戦略、オペレーション、セキュリティ、コンプライアンス等におけるリスクの洗い出しや事業へ影響度の分析

・市場環境/競合調査:
新規事業の対象市場における環境や競合他社の動向やサービス内容の調査及び、自社の競合優位性・課題等の分析

・マーケティング戦略立案:
新規事業におけるターゲットユーザーや対象市場での自社ポジショニング及び、製品(サービス)/価格/チャネル/プロモーション
での戦略の立案

・施策のディレクション/実行:
上記にて策定した事業仮説の検証のための施策の企画と、関係者へのディレクション(進行管理)及び実行支援

・プロトタイプ/β版の検証:
新規事業における製品(サービス)のプロトタイプもしくはβ版の企画/開発及びサービス面/技術面等での実現性の検証

・テストマーケティング/テストセールス:
仮説的に策定したターゲット顧客やアライアンスパートナー候補へのテストマーケティング/テストセールスの実施

・ビジネスモデル仮説の検証:
上記、市場/競合調査やテストマーケティング等を通じたビジネスモデル(販売/収益構造等)仮説の検証及び、必要に応じて改善

>>仮説検証(設計/PoCフェーズ)支援について詳しく見る

 

仮説検証(事業化フェーズ)

事業化に際した、ターゲット顧客/パートナー候補の検討や、プロモーション/営業方法の企画及び実行支援を行い、実施状況に応じた事業のピボットやグロース戦略の検討等を支援します。

・顧客/パートナー候補の検討:
事業開始初期におけるターゲット顧客や、販売/サービス/IT等の領域でのアライアンスパートナー候補の検討

・タスクのリストアップ/優先順位付け:
販売/サービス提供/カスタマーサポート等、業務の設計における必要タスクのリストアップ及び優先順位付け

・テレアポの実施/商談設定:
上記で策定したターゲット顧客及びアライアンスパートナー候補等へのテレアポの実施及び商談予定の設定

・営業資料/提案書作成:
上記設定した商談時に必要な営業資料/提案書の作成(目的別、顧客の業界業種別、商談フェーズ別等、複数パターン作成)

・初回商談/打合せ:
初回商談及び商談フェーズ毎の打合せの実施(上記作成資料を基に、顧客や商談フェーズに合わせた説明/ヒアリングを実施)

・商談結果レポート/振り返り:
商談結果のレポート作成及び振り返りの実施(顧客の関心度や商談フェーズ等を管理し、対応顧客の優先順位付け等を実施)

・プロモーション/PR:
広告宣伝/販売促進/広報等のプロモーションの実施(社外セミナー/講演、web広告、キャンペーン活動等)

・ピボット/グロース戦略:
上記販売活動や収益等の状況に応じた事業方針の転換(ピボット)もしくは更なる成長のための戦略(グロース戦略)の検討

>>仮説検証(事業化フェーズ)支援について詳しく見る

 

Relicで解決できること

①新規事業創出プログラムの企画、制度設計支援
Relicは、これまで多数の企業様の新規事業創出プログラムのご支援を行って参りました。
これまでのご支援実績を基にしたノウハウや、業務管理ツール等を活用して、「新規事業創出をどう始めていいかわからない」、「新規事業アイデアの応募数が少ない」、「応募はあるが、新規事業アイデアの質が低い」等の課題解決に向けたプログラムの企画及び制度設計をご支援致します。

②新規事業創出プログラムの運営支援(PR、集客、窓口業務など)
社内ポータル/チラシ/ポスターなどを活用した新規事業創出プログラムの社内向けPR活動や問い合わせ/応募などの受付窓口業務などの運営業務をご支援いたします。新規事業アイデアの募集/集客/審査などの運営業務の効率化にも寄与します。

③事業プランの審査基準策定/審査員としての参加
応募のあった事業プランの審査基準の策定や、審査業務の実行を通じて、より自社にとって質の高い事業プランの選出に寄与します。

④新規事業アイデアの仮説検証/事業化の伴走型支援
Relicでは、事業戦略/企画、マーケティング/営業、システム開発/制作などの実装を一貫してご支援し、従来のコンサルティング会社などにある「美しい机上の空論」だけで終わるのではなく、「泥臭い実行力」を伴うパートナーとして伴走いたします。

 

⑤アイデア管理プラットフォーム提供(弊社Throttleの利用)
国内初のクラウド型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle(スロットル)」により、新規事業開発に関わる業務の効率的な運営を実現いたします。新規事業開発における、事業アイデア創出・事業構想~事業性検証までのサイクルを一気通貫で管理し、新規事業開発以外のプログラム制度の設計やチームビルディングにも寄与します。

⑥新規事業アイデア応募用サイトの制作
新規事業アイデアを応募するためのwebサイト(募集告知ページ、応募フォームなど)の制作を行います。企画した新規事業創出プログラム制度に準じた応募用サイトをスムーズに制作することが可能です。

問い合わせ先

累計1000社以上の支援実績を基に、クライアント様の社内ベンチャー制度/新規事業プログラムをご支援させて頂きます。

お問い合わせ窓口

イノベーションマネジメント・プラットフォームthrottleについて

Throttle(スロットル)は新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度、オープンイノベーションやアクセラレーションプログラム等、新規事業創出やイノベーション共創に最適化された国内初のクラウド型イノベーションマネジメント・プラットフォームです。

イノベーションマネジメント・プラットフォームthrottleの詳細はこちら

この記事をシェアする
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
Top