新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.8.21

クラウドファンディングを上手く活用して成功した芸能人やスポーツ選手まとめ

クラウドファンディングを上手く活用して成功した芸能人やスポーツ選手まとめ

ここ数年の間で急激な発展を遂げているクラウドファンディング。音楽や映画などのエンタメ系から、貧困対策や復興支援などの社会問題まで、内容は様々です。そんな中、近年芸能人やスポーツ選手といった著名人が考案したクラウドファンディングのプロジェクトも注目を集めています。

そこで、今回は「クラウドファンディングをうまく活用して成功した芸能人やスポーツ選手」について考察していきます。

ロケット男-Rocket dan-

https://camp-fire.jp/projects/

2016年、アニメ制作会社”ガイナックス”を立ち上げた、オタキングこと岡田斗司夫と、ホリエモンの愛称で知られる実業家の堀江貴文がタッグを組み、上記プラットフォーム・CAMPFIREを介して、アニメ制作プロジェクト『ロケット男-Rocket dan-』を始動しました。

3分~10分程のショートアニメーションと制作の早期段階で決まっていたため、目標額も150万円と比較的チープな設定ではありましたが、作り手2人のブランドの影響からか、出資金の募集から3日後の時点で目標額を上回ったそうです。最終的に5月から7月までの募集期間において、234人による出資、560万以上もの資金調達に成功しました。

クラウドファンディングといえば、出資者が資金を寄付したり、金利リターンや物品報酬を得るケースなどが主ですが、本プロジェクトは一味違っており、「出資者と共にアニメーションを制作していく」方針を打ち出しました。10,000円以上の出資者は、制作チームのメンバーに加入することができたり、さらには主題歌オーディションに参加する権利がもらえたりと、他のクラウドファンディングにはない魅力的なリターンが、200人以上の協力を実現し、プロジェクトを成功へと導いたのです。

キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』

https://camp-fire.jp/projects/

2016年、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣氏が、自身の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催しようと試み、日本最大のクラウドファンディングプラットフォーム・CAMPFIREを通じて、開催費の資金調達を行いました。

『えんとつ町のプペル展』は制作に4年半の歳月をかけた西野氏の最新作。16年10月に行われた個展では、本の中にある一枚一枚の絵画を壁に飾って、暗い照明の中一つ一つをライトで照らすといった演出を行い、今まで誰も見たことのない”全ての絵が光り輝いている個展”を実践しました。

芸人としての実力および人気が高かったことも相まって、本プロジェクトは6,000人以上の支援者からサポートを受け、また目標金額の180万円を遥かに上回り、最終的に4,600万円の資金調達に成功を収めました。達成率2,500%という過去類を見ないほどの記録を誇った結果、個展も見事に大盛況を呼び、西野氏は今後新しいプロジェクトを行うと語っています。

“46歳バスケットマン”、NBA最年長ルーキーを目指す!

https://a-port.asahi.com/projects/

2016年冬、日本を代表するバスケットボールプレイヤーの阿部理(46)選手は、国内のバスケ界ではすべてをやり尽しと断言し、バスケの世界最高峰となるNBAで活躍する意志を固め、朝日新聞社のクラウドファンディングサイト・A-portを通じて、200万円の資金調達を開始しました。

200cm以上の身長、100kgの体重と、日本人離れした体型を持つ阿部選手は、46歳という年齢にして未だ現役のアスリート。そのうえNBAへの挑戦というダイナミックな夢を抱えています。これまで10年以上に渡ってNBAのコートに立つことを諦めず、日々それに向けた準備をしてきました。インタビューで阿部選手は「準備は整っているから、必要なのは機会だけだ」と答えています。

本プロジェクトは200万6700円の支援金額が集まり、目標金額の200万円をわずかに上回ったため、見事成功を収めました。戸籍年齢は46歳ですが、肉体年齢やNBAに挑もうと考える精神年齢はまだまだ若く、今後も阿部選手の活躍ぶりに期待が寄せられています。

まとめ

今回は「クラウドファンディングをうまく活用して成功した芸能人やスポーツ選手」について紹介しました。

クラウドファンディングは全く無名の人が始動しても、内容が良ければ注目は集まり、成功させることができます。しかし、すでに世間的に名前が知られている芸能人やスポーツ選手など著名人が行うとなるとそれだけで注目され、彼らのファンから熱い声援を呼び、成功を収めやすいでしょう。十分な収入源があると思われる著名人でも活用しているクラウドファンディングのさらなる発展に目が離せません。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

成功/失敗 事例の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ