新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.6.20

仮想通貨がクラウドファンディングの資金調達に使われるメリットとは?

仮想通貨がクラウドファンディングの資金調達に使われるメリットとは?

クラウドファンディングは不特定多数の人々から資金を募り、プロジェクトを完成させていく新型サービスですが、最近ではその”資金調達”を仮想通貨で行う傾向が増えてきています。

仮想通貨とは「インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用できる、特定の国家による価値の保障を持たない通貨」です。この仮想通貨が、近年クラウドファンディングの資金調達に使われるようになったと注目を受けており、実際、国内最大のクラウドファンディングプラットフォーム・CAMPFIREでは、2017年3月より仮想通貨取引所「FIREX」を設立するなど、仮想通貨を用いることで生まれるメリットを存分に発揮しています。

では、そのクラウドファンディングで仮想通貨を用いるメリットとはどのようなものなのでしょうか。
今回は『仮想通貨がクラウドファンディングの資金調達に使われるメリットとは?』について考察していきます。

1. 国の概念がない

先述の通り、仮想通貨は特定の国家における通貨ではないため、いわば”国境のない通貨”です。そのため、取引相手が仮想通貨を受け入れてくれる限り、通貨の両替などの必要性が全くなくなります。日本から海外へ、海外から日本への出資もスムーズになり、お金の流れがなめらかになる利点があります。

2. 利用の手軽さ

仮想通貨で出資をする際、銀行やATMにわざわざ足を運ばせなくても、スマホやPCから簡単に行えます。その手軽さもメリットのひとつです。今後個人が手軽に少額から支援が行える環境を整備するためにも、クラウドファンディングにおける仮想通貨の導入が必要だと考えられています。

3. 制限が少ない

クラウドファンディングで仮装通貨を扱う場合、何かと制限が少なく済むケースが多いです。たとえば、出資金の上限金額が制限されていなかったり、スマホやPCから出資が可能なため、銀行の営業時間などを考慮せず、時間に制限されることなく利用できたりと、比較的フリーな状況で出資が行えます。

4. 手数料の安さ

仮想通貨で国際送金を行うと、国内の銀行で銀行振込するよりも安く済みます。また手数料も安く、出資金額に関わらず一律同じ手数料というのが主です。仮想通貨を使ったクラウドファンディングはこれまで以上に決済方法が簡単になったため、よりスムーズなやり取りが可能となりました。

まとめ

今回は『仮想通貨がクラウドファンディングの資金調達に使われるメリットとは?』について、4つほどメリットを紹介しました。少額からの支援が可能であるため、これを機会に仮想通貨を取り扱ったクラウドファンディングに着手してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

今話題の仮想通貨によるICOとクラウドファンディングの比較

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ