新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.10.26

クラウドファンディングがテストマーケティングに向いている理由とは?

近年さまざまな企画/プロジェクトが実行されているクラウドファンディング。これまで数多くの魅力的なアイデアを世に広めてきました。そんな中、「新商品のテストマーケティング」を行うのに、クラウドファンディングが有効な手段であると、近頃話題となっています。

テストマーケティングとは、開発された新商品を本格的に販売する前に、限られた地域において少数に対し販売を行うことです。全国市場に導入する前に特定商圏に導入し、商品の販売にまつわるマーケティング計画や政策、販売を予測する目的で行われています。では、そんなテストマーケティングを行うのに、なぜクラウドファンディングが有効な手段となっているのでしょうか。そこで今回は『クラウドファンディングがテストマーケティングに向いている理由』について考察していきます。

消費者のニーズを図れる

まず、消費者が商品に対して何を求めているのかを図ることができます。
先に述べた通り、テストマーケティングは本格的に一般販売する前に限定的に商品を売る手法であり、そこで消費者の生の声を聞き、商品の改良に生かすチャンスが生まれます。すなわち、いざ実行する前にアイディアやプロジェクト自体の価値を世間に問うことができ、消費者の反応を確認することができるというメリットが含まれているのです。

低コストでの実施

実験的な試みとして、たびたび企業やメーカーではテストマーケティングが行なわれていますが、それはかなりのコストがかかってしまうというのが現実です。
調査会社や協力機関からのサポートを受けたリサーチ代や、その結果を集計/分析するための費用などを考えると、多額の予算が必要となってきます。しかし、クラウドファンディングを通じて行うと費用はかからず、プロジェクトが成功すればむしろ利益を生みながらテストマーケティングに励むことが可能です。

SNSを通じた拡散

クラウドファンディングを実施する上でマストとも言えるのが、SNSを通じた拡散です。
ひとりでも多くの人にプロジェクト内容を認知してもらい、より多くの資金を集めるためには、FacebookやTwitterで広く宣伝することが重要となってきます。そうしたSNSを通じた拡散をすることによって、次第にテレビや雑誌など他メディアでも注目を浴び、ファン層の拡大や優良顧客の獲得などにもつなげることが出来ます。

まとめ

さて、今回は『クラウドファンディングがテストマーケティングに向いている理由とは?』について紹介しました。
消費者のニーズを図ることができたり、低予算で実行できたりと、クラウドファンディングがテストマーケティングに適している理由に加え、メリットが多いということが分かったと思います。

今後、企業やメーカーがクラウドファンディングをテストマーケティングの手段として活用することが、ますます増えていくのではないでしょうか。

 

関連記事

クラウドファンディングをテストマーケティングに活用した事例/成功例まとめ

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在、一緒に働いてくれる仲間を募集しています。

お陰様でパートナーやクライアントからご支持を頂き、営業せずとも紹介ベースで案件が増えています。しかしながら、一定のITリテラシーと事業開発に関わるスキルや経験を持った人材が不足しているため、新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導していただけるメンバーを募集しています。

私たちと一緒に日本から世界に誇れるサービスを作りませんか?

採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの基礎知識の記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ