新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.3.17

クラウドファンディングの成功のためのコツ/Tipsまとめ

クラウドファンディングの成功のためのコツ/Tipsまとめ

今回はクラウドファンディングの成功のためのコツについて考察していきます。
クラウドファンディングは、これまで国内外合わせ数多くのプロジェクトを成功に導いてきました。エンターテイメント、テクノロジー、復興支援など、その内容は様々なものであり、規模の大小に問わず人々の協力・支援のもと、達成できたものばかりです。そんなクラウドファンディングを活用したプロジェクトを成功させるために必要なことを4つに分けて簡単にご紹介します。詳細は今後の記事の中で随時触れていきますが、まずは大枠のポイントを抑えておきましょう。

1.共感性・理解

クラウドファンディングを活用してプロジェクトを施行するには、どうしても支援者のサポートが必要となってきます。
そのため、いかにして彼らの協力を得られるかというのは、どれだけ彼らに共感してもらい「支援したい」と思ってもらえるかがカギとなります。起案者と支援者が互いにプロジェクト内容の必要性を理解し、足並みを揃えた上で実行していくことが重要です。
また、そのプロジェクト自体が「世の中のためになる」かどうかもキーポイントであり、それが単なる自己満足に終わったり、目的や目標が曖昧なままだったりすると、支援者の協力は得られません。プロジェクト全体を通じて何ができるのかや、実行することで生まれる結果を明確にすれば、周りも成功させようと奮起してくれるでしょう。

2.新規性・独自性

次に重要なのが新規性・独自性です。
共感や理解を得られるような意義やストーリー、企画・プロジェクトの背景があることは非常に重要ですが、既に世の中にありふれているものや、目新しさの無いものはなかなか人の目に止まりにくく、また独自性がないものは、そのプロジェクトに取り組む意義や価値においても、共感や理解が得にくいということも考えられます。また、後述する広報やPRの部分とも関連してきますが、やはりこれまでにない斬新な切り口の企画であったり、独自のアイデアや技術などに基づいた取り組みの方が各社のメディアとしても取り上げやすく、結果としてより多くの人にプロジェクトを告知することができます。

3.魅力的なリターンの設計

投資型・購入型クラウドファンディングには付き物となるのがリターン(報酬)です。
たとえば、クラウドファンディングを介して映画を制作した場合、リターンのなかには映画の台本や小道具、また試写会のチケットなどが含まれるケースが多く、その映画の監督やキャストのファンであれば特に積極的なサポートが施されることが期待できるかと思います。そうした支援者にとって魅力あふれるリターンがあれば、支援者の数や出資額はさらに増え、プロジェクト成功の近道となります。

4.広報・PR

クラウドファンディングのホームページでは、審査を通過したプロジェクトの概要を見ることができます。
通常1,500文字程度の紹介文と、5~6枚の写真が使用されますが、いくらプロジェクト内容が素晴らしくても、そのPRページが今一つだと支援者はプロジェクト自体に魅力を感じず、協力しようとは思えないでしょう。なので、まずはページを見てもらえるようなものに仕上げ、また積極的にSNSを通じて拡散していき、支援者の注目を集めましょう。すると必然的に多くの人の目にとまり、協力してくれる人も次第に増えていきます。

まとめ

今回はクラウドファンディングの成功のためのコツについて3つに分けて紹介しました。
クラウドファンディングを通じたプロジェクトが成功するためには、プロジェクト内容が良いもので世の中のためになるというのに加え、支援者の協力を得るための魅力的な見せ方をしなければなりません。
逆に、プロジェクト内容がそこそこでも広報に力を入れ、おもしろいと思ってもらえれば、それも成功する可能性が高くなってきます。どちらかに偏るのではなく、その両方を考慮したうえでプロジェクトを立ち上げてみましょう。

参考までに、ENjiNEが提供するクラウドファンディング成功のためのスターターガイドもお時間のある際にご覧いただけたらと思います。画面トップの右側にある資料DLボタンから取得していただけます。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Category archive

プロジェクト成功のコツの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ