新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.6.18

ファッションブランドを立ち上げるために資金はいくら必要なの?

ファッションブランドの廃止やリストラが目立っている昨今。1990年代には15兆円を超えていた国内アパレル市場は、現在10兆円を割り込んでいます。その一方で、新たに立ち上げられるファッションブランドの数は増えているようです。では、ファッションブランドを立ち上げるには、一体いくらかかるのでしょうか。今回は「ファッションブランド立ち上げに必要な資金」について紹介していきます。

必要となる資金

ビジネスコンセプトや起案者のスキルによって、ブランドを立ち上げる際にかかる費用はまちまちですが、およそ100万円〜1,000万円かかると言われています。元AKB48の川崎希さんは、自身のアパレルブランド「ANTIMINSS」を40万円で立ち上げたと語っており、低予算でありながら成功ブランドに上り詰めたという事例も多く存在しています。

ECサイトのみでの販売であれば洋服のデザインに関わる費用しかかかりませんが、実際に店舗で販売するためには主に以下の費用が必要となるようです。

店舗取得費

事務所やアトリエを借りる際、物件を取得するための賃貸契約費用がかかります。毎月固定で変わらない家賃や光熱費に加え、賃料の約10ヶ月分に相当する保証金(敷金)や不動産業者の仲介手数料など、店を構えるだけで相当な出費が重なります。ただし、自宅や購入済み物件でオープンするのであれば新しく場所を借りる必要もないので、費用ゼロの状態からスタートすることも可能です。

工事費

アパレルショップ用の内装や外装を施すのであれば工事費も必要となってきます。ブランドのコンセプトに合わせたオシャレな空間を演出でき、店の内装次第で売上が左右されることもあり得ます。

什器費

ラックやハンガー、ミシンやアイロンなど、ファッションにまつわる日常道具があれば理想的です。家庭用の簡単なものでも十分ですが、お店のクオリティを上げるためにも良質なものを揃えておくと良いでしょう。

資金調達方法

カフェや飲食店などの開業であれば、金融機関から融資を受けることが多いです。もちろんファッションブランド立ち上げの際も融資を受ける場合がありますが、その他にも資金調達方法はいくつか存在します。

補助金・助成金

融資以外でも資金を調達する手段の一つに、各種の補助金や助成金などがあります。国が行なっているものや地域独自で行なっているものなど、さまざまな種類があるため、ブランド立ち上げに際して自身の地域の補助金や助成金が使えるか確認してみましょう。

クラウドファンディング

ここ数年の間、クラウドファンディングでもファッションブランドにまつわるプロジェクトが多くなっています。ブランドの立ち上げ、イベント、新商品の製作などの資金に充てられています。また、最近では「CLOSS」「TOKYO DESIGN COMMIT」「NYLON PROJECT」など、ファッションに特化したクラウドファンディングサービスが多くリリースされています。

投資・自己資金

女性芸能人がオリジナルファッションブランドを立ち上げる事例が最近増えています。女性をターゲットにした可愛らしいファッションや、メンズ限定のかっこいいアイテムなど、さまざまです。タレントが自らプロデュースしファッションブランドを立ち上げる場合、そのタレントが在籍しているプロダクションからの出資や、タレント本人の自己資金によって立ち上げられるケースが多いです。モデルのマリエさんは、自身のブランド「パスカル・マリエ・デマレ」を自己資金で立ち上げています。

自らがプロデュースし、広告塔になれる芸能人に限られるため、ブランド立ち上げ以前にある程度世間でのイメージや認知度がなければ話になりませんが、タレントパワーでブランド自体の需要も上がること間違いないでしょう。

クラウドファンディング事例

最後に、クラウドファンディングを通じて立ち上げられたファッションブランド事例について紹介していきます。

OPEN前にPOP UPイベントを開催したい!

10年近くヤングファッションブランドで販売員として働いてきた女性2人が、30代前後の女性に向けた新しいファッションブランド「AMAIL」を立ち上げました。結婚、仕事、友達との関係など環境が大きく変わっていく年齢を迎える女性に向けたファッションを提案するブランドとなっています。ファッションの楽しみだけでなく、日常生活が笑顔になってもらいたいという想いから、CAMPFIREを通じて「AMAIL」を立ち上げることになったそうです。

年齢とともに魅力的な大人になれるよう、同じ洋服でもスタリング次第でどこかかわいらしく見えたり、合わせ方でかっこよく見えたり、そんなファッションを楽しみたい女性たちと一緒に高めあえる「AMAIL」。ファッションを愛する女性をはじめ、多くの方が賛同し、116万円以上の資金調達に成功。現在では、いくつになっても輝いていたいという30代女性のリアルな感情に応えるブランドとして人気を博しています。

プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/36714

Japan-Madeワンピースブランド「Ayuwa Story」設立へ

洗練されたデザイン、上質さを追求した生地も縫製もJapan-Madeのワンピースブランド「Ayuwa Story」立ち上げプロジェクトが実施されました。子ども支援や国内産業再生も意識したエシカルファッションで、多忙な毎日を華やかに彩ってくれるワンピースを提供しています。

このプロジェクトは、2015年10月5日から2016年1月29日まで朝日新聞社が運営するA-portにて実施され、達成率225%となる112万円以上の支援を集めました。

プロジェクトURL:https://a-port.asahi.com/projects/ayuwastory/

まとめ

今回は「ファッションブランド立ち上げに必要な資金」について紹介しました。

不況が続くファッション業界ですが、クラウドファンディングという新たな資金調達手段を活用し、魅力的なファッションを世に発信していく動きが多くなっています。今後、クラウドファンディングを生かしたファッションブランド事業はますます増えていくことでしょう。皆さんもぜひ注目してみてください。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ