新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.3.7

イベント運営の方必見!失敗させないために必要な資金集めにはどのような方法があるの?

イベント運営の方必見!失敗させないために必要な資金集めにはどのような方法があるの?

音楽フェスやコンサートなど大きなものをはじめ、路上ライブや地域のお祭りといった小さなものまで、さまざまなイベントが至るところにおいて実施されています。では、こうしたイベントを行う際にかかる費用はどのように集めれば良いのでしょうか。今回は「イベントを失敗させないために必要な資金集めの方法」について紹介していきます。

イベントの資金調達方法

補助金・助成金の申請

各地域によって異なりますが、地方自治体や公共団体ではイベント向けの補助金・助成金制度が設けられています。たとえば、一般財団法人地域活性化センターでは、平成27年度(2015年)だけで52件のイベントを対象に助成事業を実施し、延べ6,878万円の助成金を付与。また、日本財団でも、文化・教育・社会福祉等に関する事業や海・船に関する事業など、国内の様々な分野で活動している公益法人やNPO、ボランティア団体などを積極的に支援しています。

そのほか、地域の活動や行事を応援している団体もたくさんあり、規模の大小を問わずイベントを対象に補助金・助成金制度を実施しているところは多いです。もちろん、安易に審査が通るわけでもありませんが、使える道は積極的に活用していきましょう。

スポンサーをとる

企業やプロダクションが実行しているイベントならともかく、サークルや個人で行うイベントでスポンサーシップを取るのは正直難しいです。そう簡単に出資してくれるわけでもありませんし、企業側にとっていかに利益になるかが重要となります。そのため、施行するイベントのコンテンツとスポンサー企業のニーズがマッチングしているものを活用するのがおすすめです。

昨年8月にお台場で行われた本格派ウォーターフェス「Slide the City」。超巨大ウォータースライダーで街のド真ん中を滑るという、暑い夏の時期には最高のイベントです。同イベントにはスプライトがメインスポンサーにつき、スプラッシュな爽快感と相性抜群で、イベント当日の様子を撮影したコマーシャルも話題となりました。このように、イベントの趣旨と時期に沿った商品をスポンサーにつけるというのは、イベント, 企業の双方においてプラスに働くため、イベント内容を明確化したうえで、それにふさわしいスポンサーを取ってみてはいかがでしょうか。

クラウドファンディングを活用する

ここ最近特に話題となっているのがクラウドファンディングです。インターネット上で不特定多数の人々から資金を調達する手段ですが、ネット社会の今日、もっとも活用しやすいサービスとなっています。また、出資してくれた支援者はメインとなるイベントの参加者になってくれる可能性は非常に高く、さらに、豪華なリターンを設定すれば応援してくれる人数も増えること間違いありません。

クラウドファンディングで話題になったイベント事例

では、クラウドファンディングで資金を集め成功させたイベント事例をいくつか紹介していきます。

キュピトロン鉄道999で目指せ!初上陸地でワンマンライブ

https://factory.pigoo.jp/projects/view/16

テクノポップアイドルユニット・Cupitron(キュピトロン)は、静岡県大井川にある鐵道のSL1車両を、キュピトロン鉄道として贅沢に貸し切り、ライブ会場を目指すプロジェクトを企画。片道総計4時間弱の旅の中で、ファンの方々と思う存分仲良くなるという目的のもと実施されました。

Cupitronは、2014年から活動しており、近未来的イメージかつコンピュータやロボットなどの要素が反映された衣装や楽曲で注目を集めています。リターンにイベントチケットやキュピトロン鉄道乗車券、メンバーとの記念撮影などを設けたところ、彼女たちのファンをはじめ、さまざまな人たちから支援が寄せられ、見事1,192,000円の資金調達に成功。2016年10月に行われたこのイベントでは、移動のバス、鉄道、ライブ会場と、メンバーとファンの交流が深めることができ、ファンからは「のどかで可愛らしいバスツアーだった」といった声が多く寄せられました。

「少年ハリウッド」第26話完全版 完成披露上映イベントチケット先行発売!

https://www.makuake.com/project/shohari26-fullver/

2016年にMakuakedで実施された、TVアニメ「少年ハリウッド」第26話の制作応援プロジェクトは、3,000人以上のサポーターから59,582,000円の支援を受けました。それから約1年間の制作期間を経て、2017年末に本編が完成。そんな多くの方々から支援を受けた「少年ハリウッド」の完成を祝して、完全版を上映するイベントを開催し、同イベントチケットの先行発売をMakuakeにて行いました。

「少年ハリウッド」は、橋口いくよ原作の、少年たちの夢と成長を描いたストーリーで、逢坂良太や蒼井翔太、小野賢章といった豪華声優たちが出演する人気アニメです。放送当時から注目を集めており、女性を中心にファンも多かったため、完成版上映イベントには全4公演とも大成功。また、今回の成功をきに、少年ハリウッド「HOLLY STAGE FOR YOU」完全版 映画館でのライブ上映も決定しました。

まとめ

さて、今回は「イベントを失敗させないために必要な資金集めの方法」について紹介しました。補助金・助成金、スポンサーを通じて資金を集める手段はわりと以前から活用されており、資金調達としては最適かと思われます。しかし、審査に時間がかかったり必要性を訴えきれなかったりで、難しい部分があります。

一方、クラウドファンディングは最近登場したサービスでありながら、資金集め, 集客, マーケティングなどにつなげられ、イベントを実施するにあたりメリットが十分にあります。今後イベントの実施を考えている方は、クラウドファンディングを活用して実行してみてはいかがでしょうか。


<参考にしたサイト>

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ