新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.4.19

クラウドファンディングサイト構築サービスの費用ってどれくらいなの?

クラウドファンディングサイトを構築するためのサービスが、国内外問わずいくつか存在しています。そんなクラウドファンディング構築サービスの費用とは、一体どれくらいかかるのでしょうか。早速見ていきましょう。

主なクラウドファンディング構築サービス

以下は国内の主なクラウドファンディング構築サービスです。各サイトの特徴と費用を図式や文章でまとめたので、それぞれ比較してみてください。

CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE

https://relic.co.jp/services/enjine/

初期費用/月額固定費は無料!

「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」は初期費用/月額固定費無料で導入できる、
ネットワーク型クラウドファンディングサイト構築サービスです。デザインをカスタマイズした独自ブランドの自社サイトを低コストかつスピーディーに立ち上げることができます。
また、導入企業様のサイト同士で相互集客やプロジェクト・商品の同時掲載ができるので、コストをかけずに
プロモーション・PRの強化を実現します。

 

日本経済新聞を始め大手企業・webメディアが続々導入!

新聞社、WEBメディア・ポータルサイト、出版社・テレビ局、EC事業者や小売、メーカーなど、幅広いジャンルの企業様で導入・ご活用いただいております。

導入企業(一部抜粋)

クラウドファンディング | 未来ショッピング(日本経済新聞社)

クラウドファンディング | 夢チューブ(中日新聞)

クラウドファンディング | カナエンサイ夢(中国新聞)

クラウドファンディング | マイナビ農業クラウドマルシェ

 

資料請求はこちらよりダウンロードください

 

DECTO(デクト)

https://decto.sunday-ja.com/

「DECTO」はクラウドファンディングを構築することができるシステムパッケージで、すなわちクラウドファンディングを作ることができるサービスです。ASPでは難しい独自カスタマイズもシステムパッケージなら実現することができます。

当サイトの特徴としては、選べるカラーバリエーションが豊富で、管理画面を10種類のカラーから選択することが可能です。また、ユーザー画面はレスポンシブ対応となっており、PC画面、スマホ画面いずれも適正なサイズで表示を行うことが出来ます。

上記どちらのプランも初期費用のみで、毎月の月額費用は一切かかりません。

Thrinacia(スリナシア)

https://jp.thrinacia.com/

「Thrinacia」は単なるクラウドファンディング構築サービスではなく、高度かつ自由に運営できるよう、APIを介して外部アプリやウェブサイトなどの機能を組み込めるホワイトレーベルサービスです。

Thrinaciaは、CORS互換のRESTフルAPIのバックエンド、オープンソース、SemanticUIフレームワークとAngularJSで実装された、完全にカスタマイズ可能なフロントエンドで構成されています。また優れたデザインフレームワーク「SemanticUI」を通じてグリッドとコンテナで構成されたThrinaciaは、ブラウザの表示領域の変化に応じてデザインを動的に調整し、最適な表示を可能にします。

上記の料金プランは初期費用がかからず、またいずれもThrinaciaに対し4.4%の手数料を払う必要があります。

WEB SQUARE(ウェブスクエア)

http://www.cf-web.com/

Fundee(ファンディー)

https://logicky.com/fundee

「Fundee」は高機能な購買型クラウドファンディングサイトのシステムパッケージです。別途GMOペイメントに加入すると、すぐにクラウドファンディングサイトの運営を行うことができます。自分のサーバにソースコード一式を配置し、データベースの設定をするだけですぐに運用ができ、カスタマイズなども自由に行えます。

Fundeeは上記の3種類があり、All or Nothing型あるいはAll in型のみ利用できるノーマル、プロジェクごとにAll or Nothing型かAll In型かを選択できるダブル、プロジェクトごとAll or Nothing型かAll In型か、月額課金型かを選択できるデラックスを選ぶことができます。

GREEN funding(グリーンファンディング)

https://greenfunding.jp/asp

クラウドファンディングを日本で初めてASPサービスとして提供しており、2012年8月からサービスを開始しています。クラウドファンディングの専門家が開発したシステムには、各種CMS管理機能などを実装。サーバー負担など利用者にかかる月額固定費は一切なく、初期導入費も50万円からと、圧倒的にリーズナブルなサービスを実現しています。

当サービスは、月額固定費なしの完全成果報酬型です。スタンダードプランでは流通額の5%、共同運用プランでは流通額の8%が成果報酬となっています。

まとめ

さて、今回はクラウドファンディングサイト構築サービスの費用について、5つのサービスを紹介しました。各サービスそれぞれプラン内容によって値段の高低が分かれていますが、月額費がない場合、およそ50万円ほどかかります。パッケージ販売価格が30万円だとしても、追加オプションなどを含めれば、トータル50万円ほどはいくと考えても良さそうです。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

無料でクラウドファンディングサイトを構築しませんか?

CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」は初期費用/月額固定費無料で導入できる、ネットワーク型クラウドファンディングサイト構築サービスです。 新聞社、WEBメディア・ポータルサイト、出版社・テレビ局、EC事業者や小売、メーカーなど、幅広いジャンルの企業様で導入・ご活用いただいております。 また、導入企業との連携によりサイト同士で相互集客やプロジェクト・商品の同時掲載ができるので、コストをかけずにプロモーション・PRの強化を実現します。
サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの基礎知識の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ