新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.9.4

【マーケティング入門】今の時代には欠かせないデジタルマーケティングとは?

【マーケティング入門】今の時代には欠かせないデジタルマーケティングとは?

従来Webマーケティングという言葉が流行していましたが、近年は『デジタルマーケティング』という言葉が聞かれるようになりました。スマートフォンのようなデジタル機器が普及したことにより、デジタルマーケティングは顧客へのアプローチに効果的であると考えられています。そこで今回は、Webマーケティングとの違いとともに、デジタルマーケティングの概要や手法についてご紹介します。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、スマートフォンやPCといったデジタル機器やデジタル技術などを活用したマーケティングのことを言います。インターネット上のWebサイトやメール、アプリなど幅広いチャネルを活用して行うマーケティングです。

Webマーケティングとの違いは?

Webマーケティングは、Webサイト上で行うマーケティング施策のことを指します。アクセス履歴のようなWebで取得可能な情報を分析しながら、いかに顧客の満足度を上げ、購買といったアクションに繋げられるかを考えていきます。具体的には、GoogleやYahoo!のような検索エンジンを活用したSEO対策、リスティング広告の利用、Webサイト上での集客などが挙げられます。

 

それに対しデジタルマーケティングは、Webサイトに限らず、メール、端末のアプリ、デジタル会員のポイント、IoT(モノのインターネット)などを活用して行うマーケティング施策のことを指します。つまり、Webマーケティングよりも扱う範囲は広くなります。これら多くのチャネルで収集されるデータを分析し、顧客体験価値を向上させることを目的としています。

 

デジタルマーケティングとWebマーケティングは、同じようなものだと捉えられがちですが、このように扱う範囲において違いが見られるのです。そして、Webマーケティングはデジタルマーケティングの一種として捉えられているので、両者の関係を図で表すと下記のようになります。

 

デジタルマーケティングのメリットとは?

昨今、Webサイトに限らず、メール、アプリなど顧客との接点が多様化しており、デジタルマーケティングではこれらのチャネルを扱うことになります。すると、それらのチャネルを通して顧客のアクセス履歴や、位置情報などこれまでより多くの情報を得ることができるため、顧客のニーズにあった施策が考えやすくなります。

 

デジタルマーケティングにより顧客のニーズを把握し、適切な時期に適切な施策を行うことができれば、ブランドや商品のファンを獲得することにもつながるのです。

デジタルマーケティングの手法

ここでは、具体的にどのようにデジタルマーケティングが行われるのか、幾つか手法をご紹介します。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化と訳されます。検索エンジンにおける順位を向上させることで、Webサイトへのアクセスを促進することを目的とした手法です。例えばGoogle検索上では、順位の高いWebページに多くリンクされていると上位にランクインすることができます。つまり、上位にランクインするために魅力的なコンテンツを作成することで、良質なリンクの獲得し、クリック率、コンバージョン率を上げることへと繋げていきます。

SMM

SMM(Social Media Marketing)とは、その名の通りソーシャルメディアを活用したマーケティング手法です。Facebook、Twitter、Instagramなど様々なソーシャルメディアが存在していますが、これらを用いて自社の情報を発信したり、ユーザーと直接会話をしたりすることが可能です。また、広告費をかけてソーシャルメディア上に自社の広告を載せることもできます。

IoT

IoT(Internet of Things)とは、身の回りのあらゆるものがインターネットに繋がる仕組みを指します。従来は、パソコン、スマートフォン、タブレットなどがインターネットに接続されていましたが、ゲームやテレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電もインターネットと繋がるようになりました。これによりユーザーとの接点が増えるので、これまで収集できなかった情報を収集することができます。例えば、お客様がお店に入ったときどのように商品を見るのか、また商品を見るだけなのか購買まで至るのか、といった行動パターンもデータとして蓄積することができます。

今後はAIの活用も

デジタルマーケティングの今後を考える上で注目されているのがAI(人工知能)の活用です。AIというとまだ身近に感じられない方もいるかもしれませんが、ネットショップでおすすめの商品を教えてくれるレコメンデーション機能にはAIが活用されています。ディープラーニングを中心としたAIが浸透すると、キャンペーンの開始・終了時期を判断したり、顧客分析を行ったりするだけでなく、ビッグデータを分析することで顧客の潜在ニーズを発見することもできるかもしれません。

まとめ -自社にあったマーケティングを

ご紹介したようにデジタルマーケティングは扱う範囲が広いためにその手法も様々です。そして、これからもテクノロジーを活用した新しい手法が生み出されるかもしれません。このような状況においては、日々情報を収集しつつ自社に合ったデジタルマーケティングの手法を導入することが必要と言えます。

デジタルマーケティングで顧客との接点を増やすことができれば、顧客との関係性を強化することに繋がります。まだデジタルマーケティングを導入していないという企業は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

引用

  1. デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いとは?|マルケト
  2. デジタルマーケティングとは?意味やWebマーケティングとの違い-IT業界まるわかりガイド
  3. デジタルマーケティングの考え方とは?今後の動向とともに紹介!|PARAFT[パラフト]
  4. デジタルマーケティング入門編 「SEO」「PPC」「SMM」あなたの企業にあったデジタルマーケティング手法とは?|b→dash
  5. デジタルマーケティングとは?定義・手法・勉強方法まで徹底解説|デジタルマーケティングラボ
  6. IoTが発展すると何ができる?デジタルマーケティングの活用事例まとめ|ferret[フェレット]

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

ECサイトの売上拡大 / エンゲージメント獲得でお悩みの方

ECサイトの売上を拡大したいが、どのような施策を打てばよいかわからない。

お客様のエンゲージメントを高めたいが、何から手を付けて良いかわからない。

メールマガジンやWeb接客ツールの効果が出ない。

その悩み、Boosterが解決します

弊社が開発している次世代型マーケティングオートメーションサービス「Booster」は顧客が 「ほしいこと」「必要なこと」をリアルタイムに検知し解析することで、貴社サービスの「脳」となるCRMシステムとして売り上げ最大化に貢献します。
サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

マーケティングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ