新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.3.8

ブルーオーシャン戦略とは?成功事例と共にご紹介

ここ最近、「ブルー・オーシャン戦略」というマーケティング用語が注目を浴びているようです。新たな市場開拓や顧客発掘において、長期的な売上と利益を得るための重要な戦略として認識されています。

今回はそんなブルー・オーシャン戦略について詳しく解説していきたいと思います。以下をご覧ください。

ブルー・オーシャン戦略とは?

概要

ブルー・オーシャン戦略は、フランス欧州経営大学院(INSEAD)教授であるW・チャン・キム氏とレネ・モボルニュ氏が、2005年2月に発表された著書『ブルー・オーシャン戦略』の中で提唱した用語です。

意味

ブルー・オーシャン戦略は、競合相手のいない新たな価値の市場を創造し、ユーザーに対して高価値と低コストを同時に提供する、利潤の最大化を目指した戦略です。

多数の競争相手がいる既存市場の中で激しい争いを行うことを「レッド・オーシャン」と呼びますが、その反対で、未開拓かつ無限の可能性がある市場空間を「ブルー・オーシャン」と呼ばれています。

高価値かつ低コストの提供に伴い、長期的な経営資源の投入が必要となるため、経営資源の豊かな大企業にとっては有効的な戦略といわれています。その一方、経営規模を活かした戦略であることから、中小企業や個人事業主にはやや取り組みにくいとも言われています。

アクション・マトリックス

ブルー・オーシャン戦略には、「アクション・マトリックス」と呼ばれる概念が存在します。アクション・マトリックスは、「減らす」「取り除く」「増やす」「付け加える」の4項目対し、ブルー・オーシャンを創造できるかを整理する作業です。既存市場(レッド・オーシャン)の常識や基準を照らし合わせることで、ブルー・オーシャン戦略に適した高価値と低コストを同時に追求できる点を探します。

これはブルー・オーシャン戦略には必要不可欠なフレームワークであり、企画段階から低コストを念頭に価値を高めることを創造するよりも着手しやすい方法であると言われています。

ブルー・オーシャン戦略の必要性

ブルー・オーシャン戦略が注目を浴びている要因として挙げられるのは、主に以下の2つです。

テクノロジーの進化

2000年代から発展し始めたテクノロジー。今やインターネットがないと生活ができない時代へと突入しています。新たな価値を生み出し、利便性を高めてくれる暮らしの中で、これまで新規参入が難しかった業界へのハードルは下がり、アプローチが苦労した顧客ユーザーへの接触が可能となりました。

その結果、今では多くの企業がブルー・オーシャンを見つけやすくなっており、既存市場に頼らず新たな領域にチャレンジしやすい環境となっています。

不確実性な時代

テクノロジーの発展に伴い、経営の不確実性が高まっている昨今、ユーザーの価値観はますます多様化しており、ビジネスにおける課題が複雑化しているのは確かです。それにより、これまでのような特定の既存市場のみでは、長期的な売上・利益が保証しにくい状況にあり、新たな価値市場を模索する必要が出てきています。

そのため、競合相手を持たないブルー・オーシャンを自発的に見出し、自社オリジナルのブランド育成や高価値かつ低コスト化された製品・サービスによる売上・利益を確保することが重要とされています。

ブルー・オーシャン戦略のメリット・デメリット

さて、そんなブルー・オーシャン戦略のメリット・デメリットには何があるのでしょうか。

メリット

低コスト・高単価でのビジネス

すでに紹介している通り、ブルー・オーシャン戦略の最大のメリットは、低コストかつ高単価で製品やサービスを新たな市場へ投入できるという点です。

シェアを獲得できる

ブルー・オーシャンは、新しい市場を開拓するため、競争相手が一切いない新市場にてシェアを獲得することができます。競争が繰り広げられるレッド・オーシャンを避けてビジネスを実施することにより、未開拓市場での利益の伸び率にも期待でき、多くのユーザーを短期間で得られるチャンスも転がっています。

デメリット

売るスキルが必要

ここでいう「売るスキル」というのは、いわゆるマーケティング能力のことを指します。高付加価値の新しいモノを、より低コストで提供するブルー・オーシャン戦略では、いくらアイデアを思いついたところで、それを上手に活用しながら売っていかなければなりません。経営者がマーケティングの知識やセールスポイントを持っていないようであれば、その価値がユーザーに届かず売れ行きが上がることはありません。そのため、ブルー・オーシャン戦略を行う前に、まずはマーケティング能力を身につけることから始める必要があります。

模倣されるリスク

新たな市場を開拓するブルー・オーシャンですが、そこで生まれた市場がいつまでも新しいものかと言えばそうではなく、そこで成長して規模を拡大させたとしても、他が似たような事業を立ち上げ、その市場に参入してくる可能性もあります。新しい市場を開拓することが目標ではなく、その先で市場環境の変化に対応していくことが大切です。

ブルー・オーシャンで成功した事例

QBハウス

チェーンの床屋として最も知名度の高いQBハウス。普通の理髪店では、カラーリングやシャンプー、パーマなどができますが、QBハウスは10分1,000円で行うカットのみという特徴があります。同店には各席に姿見が置かれており、洗面台を作る分のコストはかかっていません。その上、10分で1,000円であるため、1時間につき最大6,000円の売上です。一般的な理髪店では1時間で3,000円〜4,000円ほどの相場なので、普通の床屋よりも高単価・低コストで営業を行うことができます。

ユニクロ

ブルー・オーシャンで最も成功した日本の企業といえばユニクロでしょう。同社のヒット商品である「ヒートテック」は、それまでの衣類にはあまり伺えなかった機能性の高さを誇った製品であり、製造から販売までのプロセスを一貫して行うことで、流通や仕入れ、買い付けにまつわるコストを削り、ユーザーに安価で提供することに成功しました。さらに、新たな市場を創造しながら、夏は「シルキードライ」、冬はヒートテックに合った手袋やニット製品など、幅広く商品を展開しています。

任天堂

2006年に発売された『Wii』の開発スタッフは、ブルー・オーシャン戦略の本を読んでWiiを完成させたそうです。当時、任天堂はソニー社の『PlayStation』などの家庭用ゲーム機との激しい競争に巻き込まれていましたが、「子どもだけでなく、色々な世代にハマるゲーム機を作ろう」というアイデアにたどり着き、操作しやすいWiiリモコンの開発に至りました。次いでWiiリモコンで気軽に楽しく遊べるテニスやゴルフ、ボウリングなどのゲームソフトも発売し、その結果、Wiiは大ヒット。発売から1年で世界で2,000万台以上を売ることに成功しています。

ブルー・オーシャンを見つけるには?

そんな未開拓市場であるブルー・オーシャンを見つけるために最も有効的なのが、既存製品やサービスの価値を転換させることです。新たに創出する製品やサービスなどに付与された価値を転換することで、新たなユーザーを獲得できる可能性があります。

例えば、主婦層をターゲットにした利便的価値に優れた製品があったとします。これに対して、新たにファッション性やかわいさといった感性的価値を採用することで、流行に敏感な若者層のユーザーを新たに獲得できるチャンスが高まります。

このように、ブルー・オーシャン戦略は、既存の製品やサービスの価値を転換するだけで、新たな市場開拓およびユーザー獲得につながる可能性を秘めているわけです。

まとめ

ユーザーが求める価値が多様化している現在、これまでにない新たなモノを求める声も多くなっています。そのため、ブルー・オーシャン戦略を上手に活用して、長期的な売上・利益を生み出すことが企業側に求められていることです。不確実性が増している現代だからこそ、今ある経営資源を最大限に活用し、新たなる価値の創出、そしてコスト削減を目指したブルー・オーシャンが、優れたマーケティング戦略であると考えられています。

参考文献

3分でわかる『ブルー・オーシャン戦略』「『差別化』と『低コスト』で新しい市場を切り拓く」|DIAMOND Online

ブルー・オーシャン戦略ツール「戦略キャンバス」と「4つのアクション」を使いこなす|SimilarWeb

10分で分かるブルー・オーシャン戦略のすべて|事例と要約|ビジネス心理学

ブルーオーシャン戦略とは?|KAIROS MARKETING

任天堂「Wii」を生んだ「ブルー・オーシャン戦略」とは?|日経ビジネスOnline

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

新規事業の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ