新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2017.10.27

グルメな料理や食べ物がクラウドファンディングによって成功した事例5選

グルメな料理や食べ物がクラウドファンディングによって成功した事例5選

以前の記事『クラウドファンディングの飲食/グルメ関連プロジェクトの事例/成功例まとめ』では、クラウドファンディングを活用して成功を収めた飲食店を3つ紹介しましたが、実はまだまだグルメや食べ物に関するプロジェクトはたくさん存在しています。

そこで今回は『グルメな料理や食べ物がクラウドファンディングによって成功した事例5選』と題して、新たに5つのプロジェクトを紹介したいと思います。

肉も魚も野菜も1000円で無制限食べ放題!西新宿『C by favy』

https://www.makuake.com/project/cbyfavy03/

昨年2月、西新宿にオープンした『C by favy(シーバイファビー)』は、2017年4月21日(金)より”日本一お得な立ち飲みバル”としてリニューアルオープンしました。たったの1,000円で肉も魚も野菜も無制限食べ放題という夢のようなメニューは、従来の客層のみならず新たなファンをも虜にする魅力がふんだんに詰まっています。また、リニューアルに際し、お店の中心にはバーカウンターが設置され、ビールやハイボールが390円から楽しめる、なんともリーズナブルな価格で話題を呼んでいます。

『C by favy』は昨年の開店時にも、クラウドファンディングで「ムール貝食べ放題会員を募集」と題したプロジェクトを行っており、目標金額の4倍以上となる350万円の資金調達に成功。その信頼もあって、今回のプロジェクトでも、500人近くのサポーターから105万円の支援金を受けています。リニューアルオープンから2ヶ月、今後の『C by favy』に注目です。

東京カレンダープロデュースの「あなただけの特別な一皿」超希少和牛の期間/数量限定の究極フレンチコース

https://www.en-jine.com/projects/canvas

昨年10月に中目黒でオープンした『BISTRONOMIE CANVAS』。食材やソース、調理法などをオーダーメイドし、”あなただけの特別な一皿”をデッサンして楽しむといったコンセプトから、店名に「CANVAS」を入れています。

そんなお客様のニーズに合わせた料理を提供する『BISTRONOMIE CANVAS』は、今年2月にクラウドファンディングサイト『ENjiNE』及び日本経済新聞社のクラウドファンディング「未来ショッピング Powered by ENjiNE」を通じて、超希少なA5ランクの中でも最高級の和牛を使ったフルコースを期間限定で提供することにしました。料理人でさえあまり触れたことのない最高級の和牛には多くの期待が寄せられ、204万円の資金調達に成功を収めました。さらに、リターンには先に述べたフルコースのチケットが送られ、現在も「オススメのレストラン」として、さまざまな場面で高い人気を誇っています。

小山をケールの街に!前進する農業生産法人『ネオハルオヤマ』

https://kitchenstarter.jp/project/detail/sugimoto

日本初の飲食店特化型クラウドファンディング『Kitchenstarter』を介し、栃木県小山市にある農業生産法人『ネオハルオヤマ』は、前進する農家でありたいという思いのもと、自社生産のケールを主体とした「冷凍コールドプレスジュース」を作るべく、本プロジェクトを開始しました。

起案者の杉本悠さんは、同市にてレストラン『エンヤワンヤ』など数店舗を経営しており、その実績と信頼から、今回のプロジェクトにも熱いサポーターが100人以上集まり、233万円の支援金を集める結果となりました。また、リターンの中には栃木県小山市・自家栽培の有機野菜を中心とした、地元ならではの食材が含まれ、プロジェクトの成功だけでなく、小山市のPRにもつながったようです。

the nook neighborhood bistro

http://www.foodstart.com/project/thenookneighborhoodbistro

サンフランシスコに拠点を置く飲食店専用のクラウドファンディングサイト『FoodStart』を通じて、ハワイのホノルルに『The Nook Neighborhood Bistro』という朝食レストランをオープンしました。「nook」とは、”人目につかない所”という意味であり、まさに知る人ぞ知る隠れ家として営業されています。

ハワイの新鮮な食材を生かしたメニューが多いことから、プロジェクト開始後多くの注目が寄せられ、最終的には日本円にして136万円の資金調達に成功。先述通り”隠れ家”であるにも関わらず、連日満席状態が続くほどの人気ぶりで、日本人観光客もよく足を運ばせているようです。

世界一ラテアートが楽しめるカフェを原宿に作ります!

https://camp-fire.jp/projects/view/1455

原宿で10年以上続くカフェ『Reissue』がオーナーチェンジをすることに伴い、お店の内装をそのままにし、昼の部分を使ってラテアートを武器にカフェを経営しないかという話があがりました。ですが、『Reissue』にはラテアートを作るためのマシンが無く、経営10年の歴史の中で色々なものが老朽化しています。そこで、ラテアートを作るマシンの購入をはじめ、古くなった機械の再購入、内装の修繕などに費やす資金を、クラウドファンディング『CAMPFIRE』を通じて募りました。

本プロジェクトではストレッチゴール(達成できるレベルより少し高めの目標)を設定しており、40万円でラテアートマシンの購入、60万円でコーヒー豆を粉にするグラインダーの購入、85万円で新しい机や椅子の購入といったように、段階的に目標値を高めていきました。その結果、なんと126万円の支援金が集まり、315%の達成となりました。今日では「世界一ラテアートが楽しめるカフェ」として、子どもからお年寄りまで多くの人に愛されています。

まとめ

今回は『グルメな料理や食べ物がクラウドファンディングによって成功した事例5選』について紹介しました。

クラウドファンディングではさまざまな内容のプロジェクトがいくつも実施されており、いずれのテーマも興味を持つ人と持たない人の2通りに分かれることがほとんどです。しかし、料理や食べ物は人類が生きていく上で欠かせない大切なものであるため、誰もが注目する期待値の高いプロジェクトばかりです。

今後ますますグルメにまつわるクラウドファンディングが増えていくことが予想されています。

 

関連記事

https://www.en-jine.com/blog/articles/316

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

成功/失敗 事例の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ