新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.4.9

「アドホック調査」と「パネル調査」の違いとは?

皆さんは「アドホック調査」や「パネル調査」といった用語を耳にしたことがあるでしょうか。

実際に調査を行う場合は、調査の目的を明らかにした上でその目的に合った調査手法を選択することが重要になります。

本稿では、代表的な調査手法である「アドホック調査」と「パネル調査」について各々の概要を簡潔に整理します。

アドホック調査とは?

「アドホック調査」とは、調査の設計、実施、集計、分析などが1回で完結する調査であり、特定の目的に合わせて調査の形がカスタマイズされて行われます。

「アドホック調査」はさらに定量調査と定性調査に分けられます。

定量調査

 

 

「定量調査」とは、調査結果が数字で表される調査のことを指します。質問文に対し「はい」や「いいえ」、もしくは複数の選択肢から該当するものに◯をつけて回答してもらう方式が一般的なものとして挙げられます。

これらの回答は、調査結果が数字で表されるため説得力があります。また、1人1人の調査にあまり時間を費やさないので多くのサンプルを短期間で回収できる、というようなメリットもあります。

インターネット上で調査フォームに回答を記入してもらうインターネット調査や、調査対象者に調査表を郵送する郵送調査などが例として挙げられます。

定性調査

「定性調査」とは、「どのように」や「なぜ」といったことを把握するために行われる調査のことを指します。そのため、「定性調査」の調査結果は数字で表すことができません。

「定量調査」では明らかにならないような人間の行動心理や価値観を把握するために行われます。

1対1で行われるデプスインタビューや、座談会形式で行われるグループインタビューなどが例として挙げられます。

パネル調査とは?

「パネル調査」とは、調査対象者を一定期間固定し、継続的にアンケートに回答してもらう調査のことを指します。

一定期間内における調査対象者の回答を分析することで、ある商品をどのチャネルで、どれくらいの頻度で、どのくらい購入したのか、といったことが明らかになります。また、その期間内で購入する商品のブランドに変化が見られた場合には、競合ブランドを把握することにもつながります。

「パネル調査」の例としては、調査対象者に購入した商品を記録し続けてもらう消費者パネル調査や、ある調査対象店舗からPOSデータを収集し続ける小売店パネル調査などが挙げられます。

まとめ

新商品開発のため、商品の広告戦略を練るため、商品の満足度を把握するためなど、ビジネスでは様々な場面で調査が必要になります。

各々の調査手法の特徴を踏まえた上で、調査の目的に適した手法を選ぶことが重要と言えるでしょう。

参考文献

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

マーケティングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ