新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.11.15

OKRとは?導入ステップとメリット

OKRとは?導入ステップとメリット

「OKR」という言葉を聞いたことがありますか?よく知らない方も多いかもしれません。本記事ではOKRの内容とその導入方法、メリットについてご紹介します。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

OKRとは?

OKRは、”Objective and Key Results”の頭文字を取ったもので、直訳すると「目標と成果指標」を意味します。「組織」が設定した大きな目標の達成への道筋を、「個人」がそれぞれ達成するべき結果に落とし込んでいく手法です。目標を明確に設定することで従業員の意欲が向上するという考えに基づいており、到達度をはかるために従業員個人の成果指標をマイルストーンとしておいています。GoogleやFacebookといった名だたる企業にも取り入れられています。

OKRの特徴とメリット

OKRでは、組織全員に目標が共有されます。これにより、メンバーが同じ方向に向かって進むことができます。各個人の達成段階も公開され、互いの進捗状況を確認できるようになります。ただし、重要なのはメインはタスク管理ではなく、モチベーション向上が目的だということです。

またOKRでは、目標として達成できない難易度のものを設定します。これにより、挑戦的で、優秀な人材を惹きつけるチームになります。努力した結果、60〜70%程度達成できるような目標が理想的です。もし達成できなかった場合でも、高い目標を目指していれば大きな進歩が期待できます。完全に達成できてしまう目標は、適切でないとすらいえます。

さらに、初めに目標を打ち立ててから各個人のタスクを決定するため、方針の修正が比較的容易です。実際Googleでは、1年単位のOKRに加え、四半期単位という比較的短期間のOKRも同時に設定しています。

具体的な導入手順

①十分な説明


実際に組織に導入するに当たっては、それぞれの個人が納得しないとその効果を発揮できません。そのため、OKRについての説明、現状の手法での問題点、期待される改善点などを詳しく従業員全員に説明して理解を促します。


②企業目標の設定


目標は1つではなく、3〜5個設定します。「Aを実装する」「Bをn個制作する」など、具体的で客観的に達成していることが判断可能なものにします。「Cを継続する」「Dを維持する」など現状維持的な目標は適しません。


③企業成果物の設定


目標1つごとに、成果物を3個程度設定します。「Eをする」という行動だけではなく、「Eをした結果をFする」というように行動の成果に関して設定します。
ここまでの目標と成果物の設定を合わせて「OKR」の設定と呼びます。


④チームごとのOKRの設定


企業のOKR設定のあとは、さらに細分化して企業に属するチームごとのOKR設定を行います。
各チームのOKRは、組織のOKRの少なくとも1つと関連しているようにします。


⑤個人ごとのOKRの設定


チームのOKRが設定できたら、チームに属する個人のOKRを設定します。ここまで終わると、個人に設定されたOKRが、企業の目標に自然と紐づいています。


⑥期間途中での修正


期間の途中でも、チームのメンバー等で適宜集まって進捗状況をやりとりします。
互いにコミュニケーションを取りながら改善点などを指摘し、必要に応じてその方針を修正します。


⑦達成度の評価


期間が終了した時点で、それぞれの成果指標の達成度を0.0〜1.0の間で数値化します。目標の達成度は、それらの平均値で算出します。
前述の通り60〜70%達成できる目標設定が望ましいので、ここでは目標の達成度の数値が0.6〜0.7になっているのが望ましいといえます。計算した達成度に応じて、次期のOKRの設定や難易度の修正を行います。

注意点

OKRを導入する上で注意しなければならないことがあります。それは、達成度に応じて報酬を決定してはいけないということです。OKRでは、完全には達成できないレベルの大胆な目標を設定することに意味があります。もちろん達成度を高めるために努力することは重要ですが、達成度がそのまま努力や能力に直結しているわけではありません。また、達成度に報酬を関連させると、達成度を高めるために簡単な目標を設定してしまう可能性があります。

まとめ

OKRは、組織の目標達成に非常に有用な手法です。ぜひ、みなさんの組織でもOKRを導入してみてはいかがでしょうか。

参考文献

 ●Google re:Work – ガイド: OKRを設定する

https://rework.withgoogle.com/jp/guides/set-goals-with-okrs/steps/introduction/

●OKRとは? 【Google、Facebookが使う目標管理ツール】KPI・MBOとの違い、導入・運用・目標設定方法について解説 – カオナビ人事用語集

https://www.kaonavi.jp/dictionary/okr/

●Googleも採用!目標管理手法「OKR」とは?無料で試せるツール3選

https://www.hito-link.jp/media/column/okr/okr_tool

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Category archive

特集・コラムの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ