新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.12.19

市場調査が必要になるのはどんな時?その方法とともにご紹介します!

市場調査が必要になるのはどんな時?その方法とともにご紹介します!

新規事業を立ち上げるにあたって、「市場調査」は欠かせません。
事業の方向性を定める重要な役割を果たすフェーズになります。
そこで今回は、市場調査の意味とその方法についてご紹介いたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

市場調査とは

ビジネスは、市場とのやりとりによって収益を得ます
そのため、市場を調査して構造を把握することは、実現可能な収益形態を構築する上で欠かせません。

市場調査が必要になる段階

市場調査が必要となる段階はいくつかあります。
どのような場合に市場調査が有効なのかを見ていきましょう。

課題を見つけたい

顧客の課題を解決する商品やサービスを提供する、というのが企業の基本的な姿勢です。
顧客の課題は事業のモチベーションとなるもので、これを見つけることでやっとスタート地点に立つことができます。

ただし、この段階では市場調査はそれほど役に立たないかもしれません。
悩みを抱えている未来の顧客がいたとしても、それを拾い上げることはとても難しいのです。
何か悩みがありますか、という漠然とした問いを投げかけることになってしまいます。

また、企業の活かしたい強みはそれぞれ違っていますから、企業が得意とする課題はそれぞれが見つけなければなりません。
常にアンテナを張っておいて些細なシグナルから課題を発見する必要があります。

実現可能性を調べたい:ニーズの調査

解決したい課題が見つかったら、それを事業にした時の実現可能性を調べたくなります。
そこで、市場に存在する潜在顧客の調査を行います。
着目するポイントの例は以下の通りです。

現在どれくらいの規模なのか
将来どれくらい拡大するのか
どれくらい利用してくれそうなのか

これらを調査してニーズを把握することで、事業が成立しそうであることを確かめることができます。
今はニッチな市場でも成長性があれば、将来における事業の成長も期待できるでしょう。

独自性を見つけたい:競合調査

十分な顧客が存在しそうだということがわかったら、競合他社と業界の情報を調査します。
ライバルの情報を集める中で、他社にはないものが見えてきます。
そこが、新規事業の強みを設定するためのヒントとなります。
調査するポイントの例は以下の通りです。

競合他社とその強み
業界の特徴
業界の動向
業界の周辺環境(法規制・文化など)

ニーズの再検証

これらのことを確認した上で独自の製品やサービスを考案した時、それが本当にニーズに適合しているかを調査する必要があります。
それが顧客の課題を解決していることが確認できれば、市場に向けて発表する準備ができたといえます。

市場調査で注意すること

市場調査の中で、企業が提供する価値のヒントを得ることができるでしょう。
しかし、市場調査の中で、顧客の課題の解決方法を「直接」見つけようとしてはいけません。
解決方法を独自の形で提供するのが、企業の価値であるからです。
既存のアイデアを流用するのは、企業の存在価値を捨てていることになります。
課題策定とあわせて、企業自らが慎重に行う必要があるといえます。

市場調査の方法

市場調査には、いくつかの方法があります。
その代表的なものをご紹介します。

既存のデータを用いる方法

最近では、企業や銀行、公的機関等による調査結果が公開されていることがよくあります。
インターネットで検索するだけでも、ほしい情報が得られる可能性があります。
また、書籍でも市場や業界についての情報が得られるでしょう。
他には、有償のことがほとんどですが、データ収集用のツールを活用することも選択肢の1つでしょう。
自分でデータを処理することができるのであれば、SNSの活用も有効であるかもしれません。

統計レポート
書籍
専用ツール
SNS

自分でデータを集める方法

どこにもデータが存在していなければ、必要に応じて自分で集める必要があります。
主に、顧客となりえる層や対象業界の他企業に対して聞き取りを行うことになるでしょう。
費用はかさみますが、ピンポイントで欲しい情報を手に入れることができます。

アンケート
イベント参加
企業訪問

まとめ

市場調査について、そして具体的な方法についてイメージが掴めたでしょうか?
市場調査は方針を固めるための重要な情報源となります。
きちんと理解することが、新規事業を成功させるための鍵となるでしょう。

 

【参考】

【新規事業リサーチ手法】実は危ない新規事業のニーズ調査・・マーケティング成功鉄則
https://markecchi-lab.com/newservice_needs_-verification/ 

無料でもできる!市場調査のやり方10選 – 新規事業開発の実務
https://blog.karmanline.co.jp/entry/bizdev_008

新規事業領域の決め方 | 新規事業スキル | シナプスビジネスナレッジコラム | 株式会社シナプス
https://cyber-synapse.com/business-knowledge/newbusiness_strategy/entry-783.html

新事業創造に調査は必要なのか、それとも必要ないのか?<ジャートム株式会社 代表取締役 光成 章氏> | OUR FUTURES
https://www.ourfutures.net/groups/173/posts/bc08acc2858fa9572db3e8ad5fb08b5d

3分でわかる市場調査とは?新規事業を成功させる鍵になる【事例紹介】│kotodori | マーケティング戦略メディア
https://kotodori.jp/research/market-research/

N-CONSULTANTS|コラム|新規事業に乗り出す際にやりたいこれだけの準備
http://www.n-cons.com/column/column_0608_kk.htm

新規事業の市場規模を見積もる方法 暫定試算で規模感をざっくりつかむ (2/2) | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)https://president.jp/articles/-/22515?page=2

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

新規事業の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ