新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2020.8.28

5Gによって、国内のエンターテイメント業界はどのように変化するのか

5Gによって、国内のエンターテイメント業界はどのように変化するのか

5Gの特徴である超高速・大容量の特性を活かせば、4Kよりもさらに精細な8K動画のストリーミング視聴が可能になります。スポーツや音楽イベントのリアルタイム配信やVRによるスポーツ観戦や、AR(Augmented Reality、拡張現実)やMR (Mixed Reality、複合現実)を日常的に楽しめるようになるのではないかと期待されています。

5Gが進むとユーザーが発信する幅が広がるため、ユーザーが自身の“体験”を幅広くアップロードできるようになることでビジネスが生まれるのです。

このように5Gはエンターテイメント業界を大きく変える可能性を秘めています。今回の記事では、5Gにより、国内のエンターテインメント業界にどのような変化がおきていくのか、具体的な企業例とともに解説していきます。

はじめに

5Gの特徴は3つあります。これからその特徴を解説します。

超高速

周波数帯域幅を広げることで、高速通信が可能になります。従来までは、2時間の映画をダウンロードするのに約30秒かかっていましたが、5Gでは約2秒でダウンロードできます。

低遅延

インターネット通信時に遅延の発生は避けられないものですが、これが4Gでの遅延の1/10にあたる1msになります。これにより、自動運転や遠隔医療といった低遅延が求められる分野でも実用上問題ないとされます。

多数同時接続

4Gにおけるひとつの基地局と同時に通信できる台数は10万台/km2ですが、5Gでは10倍の100万台/km2の接続が可能になります。

5Gによって、国内のエンターテイメント業界はどのように変化するか?

5Gを活用することによって、エンターテイメント業界が変化することは明白です。ここでは、どのようにエンターテイメント業界が変化するのかについて解説していきます。 

映像の変化 

5G突入の直前でAI(人工知能)技術が発達したことで、あのように3つ、4つのカメラで捉えるのみで360度どこからでも見ているかのような映像を作ることができるようになりました。AIがカメラ間を補完してくれるわけです。5Gだとさらに高速で遅延なくつなげるので、アーティストが踊った舞台を再現して、ユーザーが自ら踊って配信することも可能になるでしょう。

これを応用すれば多数で行うスポーツ観戦でも一人の選手に注目することができます。

臨場感の変化

新しい通信技術では遠隔地で行われているスポーツが、目の前で観戦している“以上”の「超臨場感」で体感できます。それはAIが瞬間的に立体データにしてモデリングしてくれるから可能になるのです。

写真の変化

5GとAIの掛け算は、エンタメ界に様々な可能性を生み出します。たとえば360度カメラが置いてある喫茶店にいる人たちの会話を瞬時にテキスト化し、さらには一番いい表情をした部分を自動で抜き取り、それをモニターで見た人が切り出してシェアすることも論理的に可能です。

具体的な事例

ももいろクローバーZ

神奈川・カルッツかわさきで開催された高城れに(ももいろクローバーZ)のライブ『高城の大感さ祭』では、新型コロナの影響を受け、ソロコンを延期して無人で行われたこのライブを、VR映像で中継したのが「REALIVE360」です。これは、4K/8Kの高画質映像でVR配信を行うサービスだが、現在はWi-Fi環境での使用を推奨しています。しかし大容量通信が可能な5Gなら、このようなライブが外出先などでも気軽に楽しめるようになると予想されています。

AKB48

AKB48は発売の57枚目シングル『失恋、ありがとう』でソフトバンクと共同でミュージックビデオの制作を行いました。ARの技術を使い、35人のメンバーそれぞれとその場にいるかのような写真や動画が撮影できるようになっています。

KDDI

KDDIは沖縄セルラースタジアムで開催されたプロ野球、北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスの試合で、目の前で打席に入るプロ野球選手を好きな角度から楽しむ実証実験を行いました。スタジアムに設置した16台のビデオカメラを使い、リアルタイムに合成した映像を5Gで観客席のタブレット端末に配信するというものです。観戦者は端末のスクロール操作で、自分の好きな視点からプレーを見ることができます。

One World: Together at Home

日本でも配信された特別番組『One World: Together at Home』をご存知でしょうか。新型コロナウイルス感染症との闘いを支援するグローバル・ストリーミング・コンサートだが、参加したザ・ローリング・ストーンズの4人は、それぞれ別のカメラの前で演奏しました。こういった試みも、低遅延の5Gが普及すればリアルタイムで行うことができます。

Sacrament Kings(サクラメント・キングス)

アメリカのプロバスケットボールリーグ・NBA所属チームのひとつ、「Sacrament Kings(サクラメント・キングス)」が5Gを使ったVRライブストリーミングのデモ配信を行っています。これは、コートサイドに設置したカメラで撮影した360度映像を5Gで配信し、VRヘッドセットで視聴する仕組みです。

まとめ

今回の記事は、2020年、実用化に向けている「5G(第5世代通信)」の内容と、5Gがエンターテイメント業界に与える影響と変化を具体的な事例を含めて解説しました

5Gの特徴である「超高速」、「低遅延」、「多数同時接続」によって、大容量の情報が超高速で通信可能となり、ユーザーが自身の“体験”を幅広くアップロードできるようにサポートしてくれます。

5Gの特徴を把握しながら、ビジネスを展開する際は、今回あげた例をぜひ参考にしてみてください。

参考文献

5G突入でエンタメ界はどう変わる?

https://note.com/jen_firebug/n/n6bce32af07f2

ライブ体験変える5G マルチアングルやVRで臨場感

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO59829270R00C20A6000000/?page=2

3大キャリアが取り込む”5G時代”のエンタメ――専門家が語る最新情報

https://getnavi.jp/digital/504754/

5Gの基本を復習!できることや事例、社会に与える影響とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/844

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に新規事業を作りませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、
新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら以下採用サイトよりエントリーください。

 
採用情報はこちら
Related article

関連記事

Category archive

テクノロジーの記事

Category archive

特集・コラムの記事

[採用サイトオープン]お話だけでも構いません、興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。

採用情報はこちら