新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2020.8.28

5Gによって、国内の不動産業界はどのように変化するのか

5Gによって、国内の不動産業界はどのように変化するのか

5Gの特徴「超高速」、「低遅延」、「多数同時接続」の3点で、大容量の情報が超高速で通信可能となります。このことにより、不動産流通や私たちの住まいにも大きな影響をもたらすと見られています。
今回は、5Gの内容や不動産業界に与える影響と変化を具体的な事例を含めて解説します。

Gによって、不動産業界はどう変化するのか?

ここでは、具体的に5Gによって、不動産業界がどう変化するかについて解説します。

物件探しの変化 

低遅延が進むことで、内見の遠隔化が進み、実際に不動産会社のスタッフが現地に行き、テレビ電話などで内見希望者と繋ぐことで、リアルタイムに行うことができるようになります。さらに、VRを用いることで、実際に内見する感覚で行うことができます。

これからは、病気や年齢により自宅や施設から出られない人や、外国に滞在しているような人でも、代理人を立てずに不動産売買が可能になっていくでしょう。

住まいの変化

loTの1つであるスマートスピーカーをご存知でしょうか。

スマートスピーカーを使えば、家の中で、冷蔵庫やエアコン、電気ポットなどの家電がIoT化することで、外出先からの遠隔操作や人の声による操作が可能になります。さらにドアやカーテン、宅配ボックス、浴槽、床暖房、セキュリティなどの建具や設備機器にインターネットが搭載される「IoT住宅」が、増加すると予想されています。

マーケティング戦略の変化

5Gの登場により、マーケティングの仕方が変わってくる可能性があります。

企業紹介や物件紹介では、自社ホームページで動画を張り付けて、より伝わりやすい紹介ができるようになります。会社だけではなく、「営業担当者」も重視するという売主・買主の意識は、近年高まりつつあるので、営業担当者の紹介を動画にする会社も多くなるのではないかと予想されています。

SEOを狙った記事に比べ、動画は、まだまだブルーオーシャンな市場です。動画からの顧客獲得の企業が、これから増えていくことでしょう。 

具体的な事例

三井不動産

オフィスビルの通信環境には、リアルタイム性や安定性が求められます。5Gを活用することで、より高精細で大容量のデータ通信を実現できます。三井不動産は、オフィスビルのデジタル化を推進、高付加価値化を図ることを目的とし、2021年4月をメドに日本橋室町三井タワーなど同社のオフィスビルに5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを構築する計画を立ててます。

またテレワーク環境やWeb会議システム、インタラクティブなバーチャル会議システム、テレプレゼンスシステムなどの実現にも取り組んでいます。これは、新型コロナウイルスの影響により、テレワークや時間に縛られない働き方が求められており、5Gなどの技術を活用することでテレワークと組み合わせた柔軟な働き方を促進できるからです。

SUUMO

SUUMOでは、仲介業者向けの無料アプリから、スマホで撮影した物件動画を簡単にアップできる仕組みを構築しています。

ハウスコム株式会社

ハウスコム株式会社は、IoT技術を利用して部屋の状況を可視化する開発を行っています。空き部屋に温度、湿度、照度、騒音などを測定するセンサーを設置し、従来のやり方では得られなかった情報を事前に収集することができます。こうした情報は、物件紹介の際に提案することで、より顧客のニーズにあった部屋を案内することが可能となっています。

大崎電気工業株式会社

大崎電気工業株式会社では、スマートフォンの操作で電気をつけたり、エアコンの温度を操作することができる「ホームウォッチ」を発売しています。これは、音声認識ソフトとも連動することができ、音声で家電を操作できます。

また、スマホで簡単に鍵の開け閉めができる「OPELO」を開発しています。これは、スマートロックを利用することで、賃貸仲介業社向けに入居者だけで内覧することができるセルフ内覧のサービスも提供することが可能です。

まとめ

今回の記事は、2020年、実用化に向けている「5G(第5世代通信)」の内容と、不動産業界に与える影響と変化を具体的な事例を含めて解説しました

5Gの特徴である「超高速」、「低遅延」、「多数同時接続」によって、大容量の情報が超高速で通信可能となり、5Gは物件を探す方法や住まい、マーケティングの方法に大きな影響をもたらすと予測されています。

5Gの特徴を把握しながら、最終的にはしっかり収益に導くような構造を確立することが必須だと思うので、今回あげた例をぜひ参考にしてみてください。

 

【参考文献】

・次世代通信ネットワーク「5G」によって不動産業界はどう変わる?
https://f-mikata.jp/5g/

・5G(第5世代移動通信システム)によって不動産業界はどう変わる?
https://landnet.co.jp/redia/5296/

・5Gが与える不動産業界への影響は?新時代の不動産を解説
https://www.housefreedom.co.jp/ie-more/5g-fudousan-001/

・三井不動産、オフィスビルの高付加価値化に向け5Gを活用へ
https://dcross.impress.co.jp/docs/usecase/001510.html

・注目される不動産IoT・AIの活用事例【未来はどう変わる?】
https://owners-cb.jp/property_management/detail/id=901

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業創出やオープンイノベーションなどの取り組みでお困りの方へ

弊社が開発しているThrottle(スロットル)は 新規事業創出/オープンイノベーション/ピッチイベントの プログラム運営管理に最適化された、日本初のサービスです。

Throttleの特徴

・新規事業やイノベーション創出のアイディアやプランを広く集め、実現に向けて推進するためのプログラム運営に必要な機能やサービスがすべて揃っています
・クラウドサービスのためシステム準備は不要、すぐに利用可能です
・基本機能であれば無料(0円)で利用可能です

詳しい機能の特徴やお問い合わせについてはサービスの紹介ページをご覧ください。

サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

テクノロジーの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ