新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2020.11.27

新規事業におけるKPI設計の必要性

新規事業におけるKPI設計の必要性

KPIとはKey Performance Indicatorsの略です。日本語で「重要業績評価指標」です。つまり、組織の達成目標(売上高など)に対して、目標達成度合いを評価するための指標のことです。このKPIは目標達成に向けたプロセスの達成度を把握し評価するための「中間目標」として非常に有効となります。本記事では、新規事業においてKPIを設計する必要性についてご紹介いたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

KPIが必要とされる、事業プランの実行を妨げる3つの要因

1つ目の要因は、事業プランを実行する上での指針となるKPIが適切に設計・設定されていないケースです。
このケースにおいては、取り組む事業の目的やゴールから逆算したマイルストーンとなるKPIを事前に設計し、目標として設定しておくことが重要となります。

2つ目の要因は、適切なKPIが設計できていたとしても、それらを正しく計測・可視化して事業リーダーやプロジェクトメンバーが把握することができる状態になっていないケースです。このケースにおいては、KPI毎に計測・可視化するための方法を設計し、技術/ツールの活用やシステム化/オペレーションを徹底することで、適切な計測環境を整えることが必要になります。

そして3つ目の要因は、正しくKPIを計測・可視化できていたとしても、そのKPIを改善・向上させるための仮説や検証するためのアプローチを検討したり、それを適切に実施したりするためのノウハウやリソースが無いケースです。実行フェーズにおいては必要十分なノウハウやリソースを保有する必要があります。
新規事業開発においては、どれだけ事前に検証活動を重ねていたとしても、いざ本格的な事業化に向けて実行していくフェーズに入ると、必ず想定外の結果や反応に次々と遭遇することになります。それを乗り越えるための仮説検証や改善アプローチを実施する活動は、延々と続いてくことになるのです。 

KPIの設計方法

KPIを適切に設計するためには、新規事業開発に取り組む目的やゴールを定義し、その達成に向けたプロセスを測る指標(KPI候補となる指標)を「因数分解して網羅」していくことが重要となります。

これは、因数分解した各指標を達成することができれば、その先にある目的やゴールの達成に至ることができるという構造を指しています。目的やゴールが定量化されているものがKGIであれば、比較的簡単に因数分解を進めることができます。しかし、新規事業においては、目的やゴール自体が定量化しづらかったり、定性的なビジョンや状態を達成することを目的やゴールとして設定したりするケースがあります。

その場合、まず定性的な目的やゴールに基づいた形で定量化したKGIに落とし込み、その上で因数分解を進めていく必要があります。

新規事業におけるKPI達成度

NTTデータグループのビジネスコンサルティング会社であるクニエは、新規事業経験者600人に対して新規事業の実態調査を実施しました。その結果、「新規事業における最重要KPIの100%以上達成度は約2割」ということがわかりました。

本調査の対象者が回答した新規事業において、最重要KPIの上位は「利益」「売上」「新規市場・顧客の開拓」で、この3項目が全体の約7割を占めるということがわかりました。また、これら項目の達成度が100%以上のケースは全体の約2割でした。

また、計画スケジュールの遅延発生は約4割から5割で、「試験用開発」と「開発」のフェーズでの遅延発生割合が高くなっていました。開発が遅延したケースの最重要KPI達成度“100%以上”の割合(16%)よりも、計画通りに完了できたケース(28%)が高くなっており、開発遅延による商品やサービスの提供開始タイミングの遅れが事業の成功度合い(最重要KPI達成度“100%以上”の割合)に大きく影響を与えている可能性があります。

まとめ

このように、KPIは設計するだけでなく、しっかりと計測、可視化することができ、更に改善、向上させる必要があります。KPIを用いた正しいサイクルを回すためにも、最初の設計をしっかりと行う必要があります。また、設計しても新規事業においては100%達成できるケースが約2割ということも念頭に置いておく必要があるかもしれません。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

新規事業の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ