新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.3.5

新聞広告をつかってクラウドファンディングを実施したい!どのくらいの費用がかかるの?

新聞広告をつかってクラウドファンディングを実施したい!どのくらいの費用がかかるの?

テレビCM、雑誌、新聞と、さまざまな媒体を通じて目にしている広告。しかし、その裏では巨額な広告費がかけられており、1つの広告を出すだけでも数千万円かかるケースもあります。では、その媒体のひとつである新聞に広告を載せる場合、いくら必要で、また、どのような方法で載せれば良いのでしょうか。早速見ていきましょう。

全国紙・地方紙にかかる広告費

新聞に掲載される広告にかかる費用は、当然ながら地方紙よりも全国紙の方が高いです。

全国五大紙

上記の図は全国紙の朝刊、モノクロ、面指定なし、1回掲載の場合の広告料金表です。販売数が最も多い読売新聞だと、1ページに広告を載せるだけで47,910,000円もかかるほど高額であり、産経新聞の最小サイズの広告・2段1/2でも100万円は上回ります。また、カラー広告や数日間に渡った広告だと追加料金が発生するため、1ページの広告だけで億単位のお金が費やされるケースもあります。

地方紙(ブロック紙)

全国紙の場合、販売部数が多い分、大きな広告を載せようと思うと1,000万円~5,000万円ほどの費用がかかります。一方、地方紙(ブロック紙)の場合、全国ではなく地域限定ということもあり、全国紙と比較すると低額で広告を載せることが可能です。中日新聞は全国紙である日経や産経と肩を並ばせるくらいの販売数を誇っているため、地方紙でありながら料金も高めですが、朝日新聞の2段1/2と、河北新聞の1ページがほとんど同じ広告費という部分からも、全国紙と地方紙の広告掲載料の差が実感できると思います。

新聞に広告を載せる方法

新聞に広告を載せるために、まず、広告を訴えるターゲットや内容のコンセプトなどを明確に決めるための打ち合わせを行います。掲載する広告内容をある程度自分で固めたら、原稿の修正を行い出稿申込に取り掛かり、広告データを新聞社に入稿し、あとは新聞社サイドが不適切な表現がないかなどの校閲をしてくれるといった、至ってシンプルな流れです。

広告スペースについて

新聞広告にも色々と種類があり、新聞紙のどの欄に広告を載せるのかによって訴求力も左右されていきます。以下は新聞内における広告スペースについて説明します。

突き出し広告

記事スペースの中に突き出すように掲載される部分です。

記事下広告

新聞広告の中で最も主流な広告です。1ページ全部使用する15段のスペースや、7段, 5段など、さまざまなサイズが選べます。記事スペース下にあるスペースには、写真や絵を掲載、紹介文などを挟むこともできます。

題字下広告

題字の下あるいは横に設けられる枠です。新聞によってそのサイズは異なります。

新聞記事バサミ広告

記事中に1cm×1段のサイズで掲載される広告です。

SMAP大応援プロジェクト

2016年末、新聞広告のPR効果を大いに発揮したSMAPの広告プロジェクトが実施されました。

SMAP大応援プロジェクト~新聞メッセージ・どうか届きますように~

https://a-port.asahi.com/projects/smapouen/

国民的アイドルグループとして28年間活動を続けてきたSMAP。全国で発行される新聞の広告を使って、SMAPメンバーや彼らを支えてくださっている方々に、日本中のファンが集まってメッセージを届けるという企画が立ち上げられました。起案したのはSMAPファンの男女3名で、「とにかく応援の気持ちを届けたい」思いから新聞広告を出そうと考え、朝日新聞が運営するクラウドファンディング・A-portを通じて、日本中のファンから資金を集めるプロジェクトに挑戦。

全国紙の新聞広告を使って日本中に思いを届けるといったこれまでにないプロジェクトで、さらに、プロジェクト開始から募集締め切りまでわずか1週間という短期間での勝負でありましたが、39,925,936円を集めることに成功。全15段×8ページに渡る巨大広告を打ち出しました。同プロジェクトでは国内史上最大の13,103人からの支援を募り、その記録は今も破られていません。

SMAP大応援プロジェクト~ずっと忘れない☆not alone~

https://a-port.asahi.com/projects/smapouen_kumamoto/

上記のプロジェクトが実施されてから5ヵ月後、SMAPが毎週呼びかけてきた震災支援を続けていくべく、再び新聞紙面で多くの一般の方に復興支援を呼びかけ、被災地に義援金として支援を届ける企画が成立。同プロジェクトでも13,142,856円を集めました。

SNSを通じたSMAPファンによる拡散力や、SMAPファンが今自分たちの思いを発信する場を必要としていたこと、また、支援すると自分の名前が全国紙に載るという点も、プロジェクトが成功した要因に挙げられています。このプロジェクトを通じて、クラウドファンディングの拡散性の高さ、新聞広告の力、そしてSMAPがどれほど偉大なアーティストであるかを立証することができました。

まとめ

さて、今回は「新聞の個人広告にかかる費用」について紹介しました。ブロック紙の小さな広告スペースであれば数十万円で済みますが、全国紙の新聞に広告を出すと、掲載料は何百万, 何千万円とかかってしまいます。販売部数によって大きく変動するため、今後みなさんも新聞広告を載せる際には、料金がいくらかかるのか、また、どの新聞社に載せれば一番広告内容が届きやすいのかなど、この記事を参考に考えてみてください。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ