新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.3.6

クラウドファンディング成功の秘訣、タイトルをつける時の5つのポイント

クラウドファンディング成功の秘訣、タイトルをつける時の5つのポイント

クラウドファンディングを実行する際、プロジェクトのタイトル次第で成功する可能性は左右されます。検索エンジンの検索結果でクリックしてもらえるかどうかがまず肝となり、Facebook, Twitter等のSNSで拡散される際、多くの方の目に触れるため、タイトルは非常に重要です。

では、一体どのようなタイトルをつければクラウドファンディングは成功しやすいのでしょうか。今回は「クラウドファンディング成功の秘訣、タイトルをつける時の5つのポイント」について、各ポイントとその代表的なプロジェクトタイトルを紹介していきます。

プロジェクト内容が一目でわかるようにする

たった一文でプロジェクトの特徴や内容がわかるようなタイトルにしておきましょう。パッと見ただけで概要が読み取れ、そこに共感性も含まれていればなお良いです。奇抜なタイトルで興味を惹かせるというのも大事で、その先が気になる!詳しく知りたい!と思ってもらえるよう心がけてみてください。ただし、あまりにも突飛すぎるタイトルだと、衝撃はあっても肝心なプロジェクト内容に不明瞭さが伺えてしまうため、やりすぎない程度が必要です。

世界が認めた技術×デザインのcadoから水素ボトルが誕生!

数字・限定感をだす

インパクトのあるタイトルは客観的な事実であることを認識するための材料になります。「世界一」「売り上げNo.1」といった数字を入れるだけで凄みは伝わりますし、「日本限定」「限定発売」のような限定感のある言葉も、支援者を食いつかせるための訴求力が十分強いです。そうした数字や限定感ある言葉で凄さをタイトルにするだけで、プロジェクトページを読もうと思ってもらえます。以下2つのプロジェクトはその最たる例です。

GODJ Plus 世界初!A4サイズのクラブハウス。
スピーカー付きDJシステム

英会話学習AIロボット「Musio X」Ver.2.0 新機能追加特別記念
限定アイテムを販売

世界初の製品が日本で手に入るなら支援しよう!限定アイテムなら買ってみよう!という思いにさせてくれるプロジェクトであり、実際にこの2つは目標額をはるかに上回る資金調達に成功した事例として有名です。

トレンド感をだす

クラウドファンディングのプロジェクトを閲覧する人の中には、最新の流行やトレンド情報を求めている人もいます。そういう方々を対象に有効なのが、話題性のある内容を提示することです。「今話題の◯◯」や「流行中の◯◯」といった表現のあるタイトルにすることで、ユーザーの好奇心はグッと上がります。

オーディオ業界で話題の<パルシャット>を
使用した機材[AQE]で最高峰の音質を!

前半・後半に分ける

タイトルをうまくまとめられないという方におすすめな方法は、タイトルを前半・後半に分けてつけてみることです。たとえば前半にプロジェクトを通じて実現したいこと、後半に具体的な説明といった形で書くと、読み手も理解しやすいですし、プロジェクト内容もわかりやすいです。クラウドファンディングのタイトルは長くは書けないため、簡潔にまとめる力も試されますが、一文で思いつかない方はぜひこの手法を実践してみてください。

誰もが笑顔になる瞬間をつくりたい。
シャボン玉のような繊細な形とゆらめき、光と影を愉しむアート照明。

上記のENjiNEのプロジェクトを例に言うと、前半にプロジェクトを通じて「誰もが笑顔になる瞬間をつくりたい」というコンセプトを伝え、後半にアート照明を形容する具体的な説明が加えられています。このタイトルだけで起案者の意志とプロジェクトの内容が提示できるため、タイトルに困ったらこのような手法を使ってみてください。

短すぎず、長すぎず

30字~40字程度のタイトルを心がけましょう。短すぎたり長すぎたりすると内容が伝わらなくなってしまいます。Makuakeにて1,000万円以上を集めた全82個のプロジェクトの平均タイトル文字数は37.6文字、国内で300万円以上の資金調達に成功したプロジェクトは31文字です。支援者がまず目にするのはタイトルなので、何を伝えたいのかを一瞬でアピールできるような工夫が大切です。

まとめ

さて、今回は「クラウドファンディング成功の秘訣、タイトルをつける時の5つのポイント」について紹介しました。冒頭でも伝えた通り、クラウドファンディングではタイトルが成功のカギを握ります。プロジェクトページに訪問しようと思ってもらえるような魅力的なタイトルをぜひ考えてみてください!!

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

無料でクラウドファンディングサイトを構築しませんか?

CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」は初期費用/月額固定費無料で導入できる、ネットワーク型クラウドファンディングサイト構築サービスです。 新聞社、WEBメディア・ポータルサイト、出版社・テレビ局、EC事業者や小売、メーカーなど、幅広いジャンルの企業様で導入・ご活用いただいております。 また、導入企業との連携によりサイト同士で相互集客やプロジェクト・商品の同時掲載ができるので、コストをかけずにプロモーション・PRの強化を実現します。
サービスの詳細を見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ