新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2020.8.26

5Gによって、国内の小売業界はどのように変化するのか

5Gによって、国内の小売業界はどのように変化するのか

5Gは、最新の移動通信システムです。5G時代になると、4Gの1000倍の「超高速」、「超低遅延」、従来の10倍以上のデバイスとの「同時・多接続」を実現します。その結果、小売店業界にも変化が起こり、プロモーションや店舗運営に至るまで変化に対応しなくてはいけません。
今回は、5Gにより、国内の小売業界にどのような変化がおきているのか、具体的な企業例とともに解説していきます。

GIoT

5Gの大きな特徴は3つあります。それは、「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」の3点です。5G時代では、超高速化による4Kや8Kといった高解像度の動画配信や、超多数同時接続によるIoTの普及、超低遅延による自動運転精度の向上、遠隔治療が実現できると予想されています。

IoTとはInternet of Thingsの略です。今までインターネットに接続していなかったモノを繋げることで、仕事や生活がより便利になります。5Gは、社会インフラを大きく変える可能性を持つ、通信システムなのです。

Gによって、小売業界はどう変化するのか?

顧客が何を求めているのか知るうえで、IoTや5GといったICTの活用は極めて有効です。また、他にもどのように5GやIoTを活用していけばいいか解説していきます。

コロナウイルスに対するテクノロジー

ECサイトにおけるレコメンドエンジンが進化

現在、小売業は実店舗の売上から、ネット通販の売上へと急激にシフトしています。その理由の1つである「レコメンドエンジン」とは、ECサイト上での商品紹介の機能です。
現在のレコメンドエンジンは、顧客個人の購入履歴や季節・トレンドといった膨大な情報をAIが分析して、個々の消費者が求める商品を正確に洞察し、お勧め商品を提案しています。

顧客は検索せず新しい商品を知ることができますし、店舗側は単価やECサイト内の回遊率アップが期待できます。
5Gによって、実店舗でもIoTで来店客の動きをデータ化してクラウドに送り分析することで、ネット通販と同様の商品提案ができるようになることでしょう。

伝票記入が不要に

現在、伝票記入は、ハンディターミナルやPOSレジといったデジタル化が進んでいますが、まだ完全には移行していません。
セルフオーダーシステムは、オーダーを取りに行く手間が削減でき、お客様も、好きなタイミングで注文できます。さらに多言語対応している端末も増加傾向にあるので、訪日外国人の対応策にもなる新しい仕組みです。しかしテーブルごとに端末が必要なので、混雑時には回線も混み合います。

5Gになると通信データ容量が大きくなるので、スムーズなオーダーが可能となり、セルフオーダーシステムで生じる問題は解決されます。

VRを活用

5Gになると大容量のデータ通信が可能になりますから、ARやVRといったITを活用した店舗運営も可能となります。
5G時代では、家にいながら、まるで本物の店舗でお買物をしているようなリアルで臨場感のあるお買物体験を楽しめ、中にはVRゴーグル等の特別な機器を使用することなく、スマートフォンやパソコン等の一般的な環境で利用できるサービスも出てくるでしょう。

具体的な事例

 Levi Strauss & Company

 Levi Strauss & Companyはジーンズの大手メーカーです。カリフォルニア州の本社に併設している旗艦店で、IoTを活用して商品の動きのデータを集め、顧客体験の強化と改善に活用しています。店舗に在庫している全商品にRFIDタグを取り付け、商品の動きを追跡し、分析できるようにしました。どのような商品が手に取られ、試着され、最終的に購入されたのか、リアルタイムで分かります。これによって、ネット通販で行われている商品の閲覧履歴を、実店舗でも知ることができるようになりました。さらに、顧客が求める商品がどこに在庫されているのか、店員が簡単に探し出すことができるようにもなりました。

株式会社セブン&アイ・ホールディングスの事例

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、現在は公開終了していますが、ECサイトである「オムニ7」にて、VR技術を使ったバレンタイン限定ショップを開設していました。スマートフォンやパソコンの画面上でバレンタインの特別ショップを体感できるもので、VRゴーグルは必要ありません。

臨場感のあるショップ内に並んだチョコレートは、クリックすると詳細画面が表示されます。商品を気に入ればそのままオムニ7で購入できるという購入フローでした。

まとめ

今回の記事は、2020年、実用化に向けている「5G(第5世代通信)」の内容と、5Gが小売業界に与える影響と変化を具体的な事例を含めて解説しました

5Gは、「超高速」、「低遅延」、「多数同時接続」の3つの特徴があります。大容量の情報が超高速で通信可能となり、伝票記入が不要になり、ARやVRといったITを活用したり、ECサイトにおけるレコメンドエンジンが変化します。
5Gの内容や、これからの小売業界に興味がある方は、今回あげた記事をぜひ参考にしてみてください。

 

【参考文献】

・第8回 小売店での5G活用で、お客様に“おもてなし”体験を提供
https://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/contents/trends/06/08/

・店舗運営における5Gの活用方法とは?メリットや対策・事例について
https://orange-operation.jp/business-app/19519.html

・5Gで加速する小売業、農業、AIの進化
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1911/26/news01.html

・5Gとは?4Gとの違いやメリットデメリット、セキュリティ対策まで徹底解説
https://cybersecurity-jp.com/security-measures/33694

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

テクノロジーの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ