新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2018.7.19

まったく集まらない.. クラウドファンディングで陥りがちな誤解と対策とは?

クラウドファンディングを開始したのに、資金が全く集まらない…ということは避けたいですよね。今回は「クラウドファンディングで陥りがちな誤解と対策」を紹介していきます。

自分たちが必要な金額分のみ目標金額にする

自分たちが使う金額分だけを目標金額にしてしまうと、「クラウドファンディングサイトの手数料」と「支援者へのリターン分」をそこから払うことになってしまい、全くお金が残らなかった、ということになりかねません。

そのため、クラウドファンディングサイトの手数料とリターン分を含めた目標金額を設定する必要があります。また、郵送する必要のあるリターンがある場合は、リターンの配送にかかる費用も考慮しましょう。

クラウドファンディングでリターン(お返し)を設定する場合の相場ってどのくらい?

募集期間を長めに設定する

クラウドファンディングを始める方に多いのが、募集期間が長ければ長いほど資金が多く集まるのではないか、という誤解です。もちろん長い期間を設けた方がいい場合もありますが、単に長ければ良いというわけではありません。

ほとんどのプロジェクトでは開始直後と終了直前に出資が多く集まり、中盤は集まらないことが多いです。また、30日もしくは45日の短期間の方が資金調達に成功しやすいという傾向もあります。
プロジェクトに合った期間を設定するようにしましょう。

クラウドファンディングの実施に最適な期間は?

プロジェクト期間中で金額が集まる時期やタイミングってあるの?

運営サイトに情報を掲載した後、丸投げする

クラウドファンディングサイトに掲載したからといって自動的に資金が集まるわけではありません。多くの資金を集めるためには、多くの人に知ってもらう必要があります。

TwitterやFacebook等のSNSを活用し積極的に情報を拡散していきましょう。

クラウドファンディング成功への近道。SNSやブログを使った拡散・広め方

まとめ

「クラウドファンディングで陥りがちな誤解と対策」を紹介しました。クラウドファンディングを成功させるためには、十分な知識と対策が不可欠です。誤解によって資金が集まらないなんてことにならないよう、今回紹介した3点を参考に対策してみましょう。

資金が集まりやすくなるよう、ぜひ下記の記事も参考にしてください。

クラウドファンディングを成功させるためにやってはいけないこととは?

思わず支援したくなるクラウドファンディングのコツって

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

クラウドファンディングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ