新規事業・イノベーション共創メディア | Battery 新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2021.10.5

新規事業担当者必見!マーケティングに関する用語まとめ

新規事業担当者必見!マーケティングに関する用語まとめ

これまでBatteryでは、新規事業に関する用語を多数解説して参りました。

本稿ではその中でも、マーケティングのフレームワークに関する用語を過去の記事を参考にまとめています。

詳しく知りたい用語がありましたら、ぜひリンク先をチェックしてみてください。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ
事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

マーケティング理論

マーケティング4.0

マーケティング4.0」とは、人々の自己実現欲求に訴えかけることを目的としたマーケティングのことを指します。

容易に物が手に入るようになった時代だからこその考え方と言えます。

分析手法

3C分析

3C分析」とは、「顧客(Customer)」、「競合(Competitor)」、「自社(Company)」の3つを軸とした分析手法です

「3C分析」を行うことで、外部要因である「顧客」、「競合」と、内部要因である「自社」の関係性を把握することができます。

SWOT分析

SWOT分析」では、企業や事業の現状について、内部環境である「強み(Strengths)」・「弱み(Weaknesses)」、外部環境である「機会(Opportunities)」・「脅威(Threats)」の4つの観点から分析します。企業内外の状況をひと目で理解できるという点で優れた手法です。

PEST分析

PEST分析」とは、外部環境を「政治(Politics)」、「経済(Economy)」、「社会(Society)」、「技術(Technology)」の4つの観点から分析する手法を指します。

企業を取り巻く環境について多様な観点から分析できる手法です。

ファイブフォース分析

ファイブフォース分析」とは、業界全体の競争構造や収益性を明らかにするために使われる分析手法です。

「新規参入企業の脅威」、「代替品の脅威」、「売り手の交渉力」、「買い手の交渉力」、「既存企業の競争」の5つの観点から業界全体を分析します。

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップ」とは、顧客が商品を認知し、商品に興味・関心を持ち、商品を購入するというような顧客の行動を、旅(ジャーニー)に見立てた考え方です。

顧客の行動を時系列で整理して捉えることができます。

ジョブ理論

ジョブ理論」とは、「人はなぜその商品を買うのか?」「なぜあの商品を買わないのか?」という、人がモノを買う行為そのもののメカニズムを解き明かしている理論です。

ある特定の状況下で、人(顧客)が望んでいる進歩や改善したい事柄を「ジョブ」、ジョブを片付ける手段を「雇用」(ハイア)」と捉え、顧客の解像度を高めることが可能です。

共感マップ

共感マップ」とは、ある特定のユーザー(ペルソナ)が置かれている状況・感情・思考・行動などを整理することで、ニーズを導き出す手法です。​​

対象となるユーザーの6つの要素を整理し、可視化するため、対象とするユーザー(ペルソナ)の内面を深掘ることが可能になります。

AARRRモデル

AARRRモデル」はサービスの成長戦略やグロースハックに用いられるフレームワークです。

「Acquisition(ユーザー獲得)」、「Activation(利用開始)、「Retention(継続利用)、

「Referral(紹介)」、「Revenue(収益化)」という5つの成長段階に分けて可視化しまう。

マーケティング手法

ニューロマーケティング

ニューロマーケティング」とは、脳科学の技術を用いて消費者の脳を分析し、その結果を元に行うマーケティングのことを指します。

消費者の無意識下での動きや感情を把握するという画期的な考え方です。

ブランドマーケティング

ブランドマーケティング」とは、顧客に支持される価値を生み出すためにブランドの基本設計をしっかり行い、それを関係者で共有し一貫性を持って実行および評価する活動を指します。

ブランドマーケティングがうまく機能すれば、長期的な利益の創出へとつながります。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティング」とは、スマートフォンやPCをはじめとするデジタルデバイスやデジタルテクノロジーなどを活用したマーケティングのことを言います。

多くの人がデジタルデバイスに触れる現代において欠かせない手法と言えそうです。

リレーションシップマーケティング

リレーションシップマーケティング」とは、長期に渡って顧客と良好な関係・取引を継続し、企業の利益を最大化することを目的としたマーケティング手法です。

顧客と強固なつながりを作り、リピーターへと育成します。

アカウントベースドマーケティング

アカウントベースドマーケティング」とは、ポテンシャルの高い優良顧客をターゲットとし、そのターゲットを攻略すべく営業リソースを集中させ、顧客の関心を引きつけようとするマーケティング手法のことを指します。

MA(マーケティングオートメーション)やSFA(セールスフォースオートメーション)のようなツールが企業に導入され始めたことで、注目を集めています。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング」とは、価値のあるコンテンツでリードと呼ばれる見込み客を集めファン化し、問い合わせや商品購入など利益につながる行動を促すマーケティング手法のことを指します。

自社の商品やサービスをいきなりアピールして売り込むのではなく、リードの購買意欲を高め、最終的に購買につなげることを目指しています。

プレディクティブマーケティング

プレディクティブマーケティング」とは、将来に起こる変化を予測し、次に選択する戦略、行動を決定する考え方を指します。

勘に頼らず、得られた大量のデータを元に精度の高い将来予測を行います。

オムニチャネル

オムニチャネル」とは、自社とユーザーの接点となるあらゆる販売チャネルを統合し、それぞれを連携させながらユーザーにアプローチする戦略のことです。

ユーザーに利便性を提供することでユーザーの満足度を上げ、リピート率や売上の向上を狙います。

セグメンテーション/ターゲティング

セグメンテーション」とは、消費者をニーズや特性といった共通した属性でそれぞれの集団に分割すること、「ターゲティング」とは、市場において自社の商品・サービスを売り込む顧客層を定めることを指します。

両者似た用語ではありますが、意味に少々違いが見られるため注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マーケティングに関する多くの概念・手法がありますが、それぞれを理解し、適切な場面で用いることが重要です。

深く知りたい用語や具体的に役立てたい用語がありましたら、ぜひ該当の記事をチェックし、今後の新規事業立案にも取り入れてみてください。本稿が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

新規事業開発の取り組みでお困りの方へ

Relicは日本発の事業やイノベーションを共創するため
新規事業開発における立ち上げ~成長・拡大までの各フェースを支援する事業・サービスを展開しております。

・新規事業開発のコンサルティング
・オープンイノベーション支援、インキュベーション
・マーケティング・営業支援
・クラウドファンディングプラットフォームの構築

事業・サービスや事例/実績に関する詳細のお問い合わせやご相談についてはお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
Related article

関連記事

Category archive

マーケティングの記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ