新規事業とイノベーションを共創する原動力。Battery(バッテリー)

2019.2.4

新規事業立ち上げ時に立ちはだかる課題6選

新規事業を立ち上げるためには、さまざまな困難や課題が生じます。今回はそんな新規事業を立ち上げる際に避けて通れない課題とその対応策について紹介していきます。

新規事業立ち上げ時に立ちはだかる6つの課題

はじめの一歩

新規事業を始めるにあたり、何から手をつけてどのような方向へ導けば良いのかと、はじめの一歩をなかなか踏み出せない悩みが出てくるかと思います。

そうした場合には、経営者と直々に話しを行い、方向性をきちんと定めることが大事です。新規事業を立ち上げるやる気があっても、どんな事業を始めるべきか悩んでいるケースはわりと多くあります。そのため、経営者との対話を繰り返しながら、考えや想いを掘り起こしていくことが大切です。

そのなかで、制約条件を付け加えながら検討できる範囲を少しずつ狭めていくと、大まかなフォーマットが完成され事業のテーマが明確になります。

アイデアの着想

ざっくりとしたテーマが決まっても、具体的な事業内容に関するアイデアが拡がらなければ意味がありません。新規事業のアイデアは、社内の既存リソースから着手していきましょう。

たとえば富士フイルムは、社内にあったコラーゲンの加工技術を用いた新規事業を立ち上げました。その際、ポイントとしてよく言われるのが「ヒト・モノ・カネ」を考えることです。

自分たちがこれまでどれだけの時間とお金を費やしてきたのかを考えることで、実現されずに終わってしまった既存の社内リソースを有効活用できるチャンスが訪れるかもしれません。

ターゲットの絞り方

新規事業のアイデアが固まっても、誰のためのモノなのかを明確にしなければ、戦略的なアプローチは不可能です。価値を提供する対象となるターゲットをきちんと定めておきましょう。

それに際して大事なのが、「5W2H」の活用となります。

  • 5W→Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)
  • 2H→How(どのように)、How much(いくら)

もちろん、Who(誰が)を考えるのに最も時間を要するべきですが、具体的に製品やサービスを手にするターゲットが、どのような場面で活用するのかを考えることも重要です。

承認されるために

新規事業の基盤が固まった後に起こり得るのが、既存事業と競合する可能性を考慮し、事業化を承認してもらえないというケースです。

いくら魅力的なアイデアが詰まっていたとしても、事業化の承認が通じなければ実現させられません。既存事業を起点に、なぜこの領域で新たな事業を立ち上げる必要があるのかを周囲に納得してもらうためには、既存事業と関連させて説明しておくと合意を得やすくなります。

実現できるかどうか

事業化の承認が済んだ後、いざ実現させようと思ってもお蔵入りになってしまったという事業はこれまでいくつもありました。新規事業は企画段階でビジョンがはっきりと見えていても、実現に向けて行動を起こすと、案外色んな漏れが出てくることが多くあります。

そのため、自社の強みや得意分野がきちんと活かされているか、ビジョンが反映されているかを入念にチェックし、実行に移ることが大切です。

また、やや精神論的な話にもなりますが、最終的には気合いで乗り切るしかありません。自らが考えたアイデアを最大限に叶えようという強い気持ちを持つことが、成功するか失敗するかの分岐点にもなってきます。

成功の壁

新規事業を実現させたところで、失敗する可能性も十分あり得ます。実際、新規事業の成功確率は30%程度であると言われており、過半数の事業が失敗に終わっています。

また、一度成功しても一過性のものにすぎず、ブームが早い段階で落ち着いてしまうといったケースも少なくないです。単に成功するだけでなく、成功し続けることは非常に難しいことでもあります。

たとえばテレビ番組などでも、ある企画が視聴者にハマり大ヒットしたとしても、その企画だけではマンネリ化し、すぐに飽きられてしまいます。それを上回る面白いコンテンツを提供することに価値があり、継続的な成功を実現させるには次から次へとヒットを打たなければなりません。

新規事業が軌道に乗せることがゴールではなく、むしろそこからがスタートです。成功を実現させるたびに、次なる課題を見出し解決していくことが重要となります。

まとめ

さて、今回は新規事業立ち上げ時に立ちはだかる課題6選について解説しました。

前述の通り、新規事業の成功率は決して高いものではありません。また、新規事業を成功させるための絶対的なノウハウがあるわけでもないため、軌道に乗らせるのはかなりの労苦が伴われるかと思います。しかし、成功に近づけるための策というのは少なからず存在します。

今後みなさんの中で新規事業を立ち上げようとお考えの方は、今回の記事を参考にトライしてみてください。本記事が新規事業成功に近くきっかけになれば幸いです。

Facebookページから
最新情報をお届け

記事のアップデート情報や新規情報はFacebookページで随時配信されております。
気になる方は「いいね!」をお願いいたします。

Relicで一緒に働きませんか?

Relicでは現在一緒に働いてくれる仲間を積極的に採用中です。

新規事業開発やスタートアップの創出支援を主導してくれる事業プロデューサー、
自社開発したプラットフォームサービスの成長を加速させてくださるセールスディレクター、 新規事業立ち上げの企画からサービス開発プロジェクトに携わりたいエンジニアなど..

お話だけでも構いません、
興味がありましたら採用サイトよりエントリーください。
採用サイトを見る
Related article

関連記事

Category archive

新規事業の記事

Category archive

特集・コラムの記事

資料請求、お問い合わせはフォームからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ